『セイレン〜悪党と契約家族になった〜』16話のネタバレと感想|大公子はアリアの病を治したい


漫画『セイレン〜悪党と契約家族になった〜』の16話のネタバレと感想です。

アリアは寄生虫事件を解決したご褒美として、いつでもバレンタイン大公子に会えるようになりました。そして彼の元に通うようになった結果、執務室にはある変化が起こります。

以下にストーリーの続きをまとめたのでご覧ください。

←前回今回次回→
15話16話17話

『セイレン〜悪党と契約家族になった〜』ネタバレ全話はこちら

アリアが執務室に通うようになった結果

キッズスペースが作られる

セイレン宣材画像

バレンタイン大公子の執務室。つい先日まで厳かだったその場所には、今やピンク色のソファや可愛らしい人形が置かれています。

というのもアリアが頻繁に訪ねて来るので、大公子がいろいろ買いそろえたのです。

ひよこ
アリアのいるスペースだけやたら可愛いね。
白うさ
すごいファンシーな空間になってる…

そして大公子は改めてその空間――ーピンク色にあふれたキッズスペースを見ると、俺は何であんなものを買ったんだ…と今さら正気に戻ります。

しかしアリアが喜ぶので、撤去せずそのままにするのでした。

バレンタイン大公子は、アリアの病を治すために医者を呼ぶ

医者により病気の原因が判明する

大公子はアリアを見つめながら、先日の出来事を思い出します。

というのも医者を呼んでアリアの健康状態を確認させたところ、アリアは心の病を患っていると診断されたのです。

アリアの容態
  • アリアは栄養失調だが健康上の問題はない
  • しかし心理的な問題により体が食事を受け付けない
  • そのため心理療法が必要だが、この世界では心理療法という概念がない
  • アリアは今まで感情を出さずに生きてきたので、中に溜まったものをすべて出さないと病は治らない
  • アリアを癒すには、会話を通して心理的に安定するよう助けてあげると良い

ここまで分かっているのに、医者はアリアを治す正確な方法がないと言います。そのため大公子は医者を役立たずと見なして処分しようとしますがーーー

側近によれば、アリアの病の原因を突き止めたのはこの医者ただ1人だそう。

また「あの医者は失敗しましたが旦那様がお嬢様の心を治せるかもしれませんよ?」と言われたので、結局のところ医者を生かしておくことにしました。

良かれと思い〇〇を提案する

医者の言葉を思い出しながら、バレンタイン大公子はアリアに言いました。

「(ロイドと)結婚しろ」

急な言葉に驚くアリア。しかし彼は淡々とした様子で、結婚式は皇后のように豪華に上げようと話を続けます。

『ロイドは?』

本人の意思はどうなるのかと、アリアは筆談で尋ねます。

しかし大公子はアリアの気持ちがわからないようで、この結婚はアリアが地位を獲得するための手段だからロイドが気に入らなければ大人になってから離婚すればいいと言います。

白うさ
とんでもねえ親だよ。
ひよこ
貴族だし政略結婚が当たり前なのかも…?

しかし強制的に結婚などすれば、ロイドとは永遠に仲良くなれないでしょう。

そのためアリアは、結婚を望んでいない人と強制的に結婚をするのは嫌だと伝えます。すると大公子は納得したのか、ひとまず結婚の話を取り下げますが・・・

次の瞬間、彼の口から出た言葉にアリアは硬直しました。

「あと医者から聞いたぞ、お前が食事ができないって」

アリアにとっては触れられたくない話題。しかし大公子は、イスから立ち上がるとアリアの前に跪いて言いました。

「お前を非難する奴がいるなら俺がそいつの口を裂くし、不快な視線で見る奴がいるならそいつの目をくり抜いてやろう。だから心のままに、泣いたり笑ったりしていい」

常人ならば怯えるだろう言葉の数々。しかしアリアは怖がりもせず、ぽろぽろと涙をこぼしながら大公子に抱き着くのでした。

アリアに生じた変化

それ以降、アリアは自分の気持ちをよく表現するようになります。

またそれに伴い食事も変化し、いつもはスープしか飲まない彼女が『スクランブルエッグが食べたい』と言い出したので、侍女も料理人も大喜びしました。

⇒『セイレン〜悪党と契約家族になった〜』17話のネタバレはこちら

『セイレン〜悪党と契約家族になった〜』16話のネタバレと感想

16話のネタバレと感想|

ネタバレ感想

アリアの心の病を治療しようと動き出したのは、ロイドではなく父親のバレンタイン大公子でした。

彼はアリアのために医者を呼び寄せ、心の病を治すために優しい言葉をかけて慰めます。傍から見ればその言葉は物騒で、使用人は内心「脅しにしか聞こえない!」と慌てますがーーー

アリアには効果てきめん。

泣いたり笑ったり好きなように感情を出していいと言われ、アリアは泣くほど嬉しかったようです。多分、今までずっとその言葉が欲しかったのでしょうね。

大公子は冷酷だし思考がぶっ飛んでいますが、身内には優しいのかもしれません。もしくは普段から怖がられている分、懐かれると弱いのか。どちらにせよアリアにとって良い父親になってくれそうです。

ただ、あのタイミングで「結婚しろ」はないよ大公子。

結婚式って人生の一大イベントだし、もっとこう少しずつ話を進めるとか、ワンクッション置いて双方の気持ちを確認するとか色々あるでしょう…!何もかもが急すぎる!

この人、絶対にワンマン社長タイプですよ。

⇒『セイレン〜悪党と契約家族になった〜』17話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA