『ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜』31~32話のネタバレと感想!ヒロインの登場


韓国のマンガ『ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜』のネタバレ感想です。31話~32話のストーリーをまとめて紹介します。

前回、集会のためユグドラシルを訪問したロクサナ。31話からは会議がスタートし、他の一族との顔合わせがありますが…

会議は無事に終わるのでしょうか?感想をまじえて紹介していきます。

⇒ネタバレ一覧はこちら

⇒原作の最終回ネタバレはこちら

『ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜』31話ネタバレ

ロクサナの気になる人

ロクサナ感想
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたものです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

客室のバルコニーで、優雅にお茶を飲むロクサナ。ちらりと地上を見下ろせば、そこには彼女を一目見ようとする男たちが群がっています。

しかし当のロクサナは、彼らに興味などありません。

ロクサナが目を向けたのは、彼らのすぐ傍を横切った”赤毛の男”。ガストロ一族の後継者・リュザクをじっと見つめました。

リュザクは赤い髪と紫色の瞳をもった青年です。右目の下に傷があり、武骨なイメージです。

ロクサナはリュザクと対面するが…

会議に参加するため、ロクサナは会場を訪れます。

会場にはキラキラと輝く装飾品やシャンデリアが飾られており、まさに絢爛豪華。そんな中、ロクサナはひとり壁際で考え事をしました。

(去年、この会議で直接顔を確認できたのはリュザク・ ガストロだけ。ノウル・ベルティウムは参加しないだろうから…残る参加者は、ガストロ家・ペデリアン家・フィペリオン家の3つね)

しかしフィペリオン家は、今まで一度も会議に顔を出したことありません。

かの一族は魔物への関心が強いため、会議の時期になると特定の魔物の生息地を追いかけるため参加しないのだとか。

フィペリオン家の当主はオルカ・フィペリオン。彼は「別名:白衣魔手師」と呼ばれる人物で、重要キャラクターのようです。

 

会場に”リュザク・ガストロ”が登場すると、周囲がざわめきます。

男主人公のひとりに相応しく、威風堂々たる姿で歩くリュザク。ロクサナがじっと見つめれば、彼もこちらに気づき一瞬足を止めますが…

リュザクは眼光を鋭くし、何も言わずにロクサナの横を通り過ぎました。

なぜロクサナに敵意を見せるのか。その理由は、彼の”設定”にあります。

というのも小説内において、リュザクは”女性恐怖症”という設定なのです。

そのため、接点のないロクサナに険悪な態度をとったのでしょう。

ひよこ
女性が怖いというより、女性に不快さを覚える感じだね。
白うさ
美人でもダメかぁ…

リュザクVSジェレミー

リュザクが会場の外にでると、そこにジェレミーが現れます。

「お前、何でそんなに俺の姉を睨んでるんだ?気でも触れたのか?」

そう尋ねるジェレミーの顔は、明らかに苛立っています。

しかしリュザクは怯むことなく「君もアグリチェ一族か。本当に生意気だな」と反論しました。

ジェレミーは昨日から、ムズムズして落ち着きがない様子。そのためリュザクに対し、無謀な戦いを挑んだようです。

その様子をバルコニーから見ていたロクサナは、ジェレミーに注意して会場に戻るよう言います。すると彼は大人しく従いますが、こっそりとリュザクに”あっかんべー”をしました。

・・・

「弟が私を心配するあまり、失礼を働きましたね」

謝罪をするロクサナに対し、あんなのが弟かと嫌味を言うリュザク。

するとロクサナは微笑みながら「本来はかわいい子で、先に無礼を働いた相手にだけ荒っぽくなるんです」と告げ、ドレスを翻しながらその場を後にしました。

ひよこ
謝罪はするけど嫌味も言うよ。
白うさ
さすがアグリチェ。

ついに小説のヒロインが登場

その日の夕方。

ロクサナが与えられた客室で休んでいると、メイドから報告がありました。ベルティウムの当主と、ペデリアン一族が到着したそうです。

その言葉を聞き、ロクサナは目を伏せて思いました。いよいよ、小説のヒロインのご登場ねーーーと。

白うさ
ついにヒロイン・シルビアが来た!
ひよこ
ロクサナと対面するのかな?

『ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜』32話ネタバレ

ラントVSペデリアン当主

ラントに連れられて、再び会場へと向かったロクサナ。するとペデリアン家の当主・リシェルと鉢合わせます。

両家は長年にわたり対立しているため、険悪な雰囲気。

ラントは青筋を立てて、煙草の煙を吹きかけながら「相変わらず殴りたくなる顔だな」と言い、リシェルも「鏡を見ろ」と嫌味で返す始末。

そんな中、ロクサナは微笑を崩すことなく尋ねました。そういえば青の貴公子(=カシスの通称)は今年も来られないのですね…と。

その質問に対し、リシェルは冷静な表情で「公務で忙しいため遅れるようだ」と返事をしますが…

するとラントはにやりと笑いながら、また嫌味を言いました。

君の偉そうな息子に会ってからもう3年経つが、年に一度も離れられないなんて一体どんな公務をしているんだ?と。

険悪な雰囲気のまま、ラントはロクサナを連れてその場を去ります。そして娘と2人きりになると「死んだ奴をどうやって連れてくるのやら」と独り言ちました。

カシスは生存していますが、ラントは彼が亡くなったと思い込んでいます。詳しくは25話参照

ジェレミーはシルビアに出会うが…

パーティーの食事

その日の夜。

会場に”シルビア”が姿を現すと、周囲の男たちはその美しさに見惚れます。

水色のドレスを身にまとい、月光のような銀髪をなびかせる姿はまさに美麗。

しかし遠目から彼女を見ていたジェレミーは、舌を出して嫌そうな顔をしました。カシスに似た顔なので、癪に障ったのです。

原作とは違い、ジェレミーのシルビアに対する評価は下品なものでした。この様子なら、原作のように彼女を誘拐することは無いでしょう。

ロクサナの思い

同時刻、ロクサナは会場ではなく一人客室にいました。そして毒蝶を使役しながら、会場の様子を見ていたのです。

毒蝶によれば、会場ではシルビアが誰より目立っていたそう。その報告を受けたロクサナはカシスのことを思い出し、どこか寂しい気持ちになりました。

・・・

朝の4時ごろ、ロクサナは寝付けずに外を散歩します。そして庭の一画で、膝を抱えて座りながら今後のことを考えました。

原作の小説では、シルビアが18歳になった「今」から物語がスタートするのが本来の流れ。しかし現実では、小説と違う局面を迎えるでしょう。

(生きているカシスを見たとき、ラントがどんな表情をするのか楽しみだわ)

ロクサナはひとり笑みを浮かべました。

漆黒のローブを着た男が到着する

するとそこに、馬車の到着する音が聞こえます。

視線をやれば、馬車から降りてきたのは漆黒のローブを着た男。まさかデオンが到着したのかと、ロクサナは警戒しました。

⇒33話ネタバレはこちら

31~32話の感想

31話の感想

ネタバレ感想

小説のヒロインである”シルビア・ペデリアン”。大事な会議なので、やはり彼女も参加するようです。

そして31話のラストでは、彼女の姿(ただし目元は見えない)が描かれていましたが…

見るからに美少女ですね。銀髪のサラサラの髪に、上品な口元。多分、カシスに似てキレイな顔立ちなのでしょう。

ロクサナとのご対面が楽しみですね!2人は一体、どんな反応をするのやら。

というか彼女、カシスからロクサナの話を聞いているのでしょうか。聞いているなら、シルビア側から接触してきそうですね。

32話の感想

32話ではペデリアン家の当主・リシェルが登場しました。カシスとシルビアの父親で、ラントとは非常に仲が悪いです。出会い頭に嫌味の応酬をするあたり、お互いに毛嫌いしているのでしょう。

しかし本編を見たところ、リシェルはロクサナに対しては冷静に対応していました。彼女もアグリチェなのに。

これは管理人の予想ですが、カシスからロクサナのことを事前に聞いていたのかもしれませんね。

その場合、リシェルにとってロクサナは息子の命の恩人。そのため彼女に対しては、態度が柔らかだった可能性があります。

カシスは常識人なので、事情については当主に報告してると思うんですよ。報連相って大事ですから。

⇒33話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA