『ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜』29~30話のネタバレと感想


韓国のマンガ『ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜』のネタバレ感想です。29話~30話のストーリーをまとめて紹介します。

3年が経過し、大人の女性へと成長したロクサナ。以前にも増して美しくなった彼女は、相変わらず謀略をめぐらせますが…

今後、彼女は何をするつもりなのでしょうか?感想をまじえて紹介していきます。

⇒ネタバレ一覧はこちら

『ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜』29話ネタバレ

ベスの用事

ロクサナ感想
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたものです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

ロクサナを呼びに来たのは、シエラの専属メイドの”ベス”。彼女によれば、母・シエラが会いたがっているそうです。

しかしロクサナが誘いを断ると、ベスは「後でも構いませんから」と執拗に食い下がりました。

というのもベスにとって、シエラは恩人なのです。元々彼女はマリアのメイドでしたが、ミスをして処罰されそうなところをシエラに救われました。

そのためベスは、どうにかしてシエラの願いを叶えようと必死です。

白うさ
アグリチェには珍しく、義理堅いメイドだね。
ひよこ
シエラには気の利くメイドが必要だろうし、丁度いいよ。

 

するとロクサナは、考え込むような仕草で言いました。お母様は一人で退屈なのね…と。

そして傍に控えていたエミリーに「マリア叔母様に、お母様を訪問してほしいと頼んでみて」と命令しました。

その言葉に、ベスは慌てます。シエラは退屈なのではなく、ただ娘に会いたい一心なのだと伝えますが…

そんな彼女に、ロクサナは冷たい視線を向けながら言いました。

「エミリー、もしマリア叔母様が迷ったら”屋敷にデオンが帰ってきた”と伝えてちょうだい」と。

この言葉に、ベラははっとします。

ロクサナの台詞はエミリーへの命令に聞こえますが、実際はベラへの忠告だったです。

そしてロクサナの配慮に気づいたベラは、謝罪をして深々と頭を下げました。

ロクサナは遠回しに「母とデオンが遭遇しないよう、あなたが気遣ってあげて」とベラに伝えたのでしょう。ロクサナはシエラを巻き込まないよう距離を置いているので、ベラに母の護衛を託したと考えられます。そしてベラもまた、その思惑を察したようです。

会合の準備

お呼びでしょうか、お父様。

ロクサナは美しい笑みをたたえながら、ラントの自室に入ります。すると椅子に腰掛けながら険しい顔で葉巻を吸っていたラントは、その視線をロクサナに向けて言いました。

「会合の準備は順調か?」と。

今回の会合も、順調に進めなければならない。だが子供たちは勘が良くて監視しにくいから、去年のように上手くやれよ。

そう告げる父親に、ロクサナは微笑んで返事をしました。

帰還したデオン

すっかり暗くなった頃。

ロクサナが自室に戻ると、そこには灯もつけずイスに腰掛けるデオンがいました。

というのも彼は、ロクサナの指示をやり遂げて帰還し、その報告に来たのです。

白うさ
指示って何のこと?
ひよこ
今のところは不明だよ。でも、ロクサナは何かを頼んだみたい。

 

「随分と長かったな」と退屈そうな面持ちで告げる彼に、ロクサナは軽く嫌味を返します。そしてデオンのすぐ傍まで近寄ると、彼のあごをクイっと持ち上げながら言いました。

あえて私に報告しに来る必要はないのよ。あなたの顔を見るたび、おぞましくて溜まらないと話したでしょう?

酷薄な表情のロクサナ。束縛の誓いを交わした今もなお、彼女は狂いそうなほどにデオンを嫌いなのです。

実のところ、デオン本人も嫌われていることは理解していますが…それでも彼は、ロクサナに会わずにいられません。今日も屋敷に帰るやいなや、すぐ駆け付けるほどに。

するとデオンは彼女の手を取り、凄みを利かせて言いました。

お前はいつもこうやって喧嘩を売るな。俺を怒らせても、メリットなどないのに。

常人であれば、デオンの冷たい表情に怯んだでしょう。しかしロクサナは、怯むどころか怪しげな笑みを浮かべます。また内心では「今なら、テオンが私が泣く姿を見たいと言った理由がわかる」とさえ思っていたのです。

デオンの望み

威嚇するデオンを気にも留めず、ロクサナは告げます。

そんな顔をしないで。フォンタインと違って、あなたには心から接しているのだから。それともフォンタインのように、性欲解消をお望みかしら?

そうやって挑発しながら、彼女はデオンの耳元で囁きました。

「望みを叶えたいのなら、もっと楽しませてちょうだい」

『ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜』30話ネタバレ

ユグドラシルでの会議

”ユグドラシル”

それは大陸中央にある非武装の中立地帯。ここでは年に1回、大陸を統べる5つの一族による会議が行われます。

そして今回、アグリチェから会議に参加するのはロクサナ・ジェレミー・ラント・デオンの4人。

ただしデオンは用事があり遅れて到着するそうなので、先に3人だけが馬車でユグドラシルへと向かいました。

ロクサナの隣にはジェレミーが座っており、彼は随分と機嫌が良さそうです。初めて会議に出席するため興味があるのでしょう(実際は面白みのない会議ですが)

ユグドラシルにかけられた呪術

移動中、馬車の足元で突然”呪術陣”が発動します。

ジェレミーは呪術に警戒するも、ロクサナは平静に「これはユグドラシルの土地全体にかかっている呪術よ」と説明しました。

というのも今から500年前。

”フィペリオン一族”のひとりがユグドラシルを焦土化させた事件がありました。

それ以来、ユグドラシル全体に巨大な呪術陣が刻まれ、能力が使用不可となったのです。

以前ロクサナも毒蝶を召喚しようと試みたものの、うまく召喚できませんでした。

ひよこ
新しい一族が出てきたね。
白うさ
中立地帯を焦土にするって、フィペリオン何してんの?ヤバくない?

しかし、この呪術陣にも穴はあります。

ユグドラシルの土地を踏む前に、予め魔物を召還しておけば良いのです。

そのためロクサナは現在、毒蝶を召還した状態です。といっても能力が全て封印されているため、せいぜい伝令役にしか使えませんが…

そして今回の集会では、ラントの命令により”毒蝶を密偵として使用する予定”です。

そのためラントは馬車の中で「お前の役割はわかっているな?」とロクサナに念を押しました。

ベルティウムの人形術

ユグドラシルに到着した後、ロクサナとジェレミーは一足先に客室へと向かいます。そして去年と同様、窓辺からこっそりラントの動向を監視しました。

原作『奈落の花』によれば、ラントはベルティウム一族が持つ「人形術」に関心を持っています。

人形術とは、人間のように精巧な人形を作る術のこと。

恐らくラントは、恐怖も苦痛も感じない強力な人形を欲しいのでしょう。

白うさ
相変わらず思考が物騒。
ひよこ
なにせアグリチェの当主だからね。ヤベエ一族の筆頭。

ノウル・ベルティウムの人柄

なおベルティウム一族の当主・ノウルは、原作における男主人公の一人。ノウルはいずれシルビアと手を組み、アグリチェを倒す人物です。

しかし彼はかなりの面倒くさがり屋で、自分だけの王国を作っておいて引きこもる変人。人形を軍事面で使うことには関心がありません。

ちなみにロクサナと同じ年ごろなので、彼女は気にかけますが…

ノウルは去年も会議に参加せず、今年も参加するという話は聞きません。それに先ほどベルティウム一族の馬車を見たところ、ノウルらしき人物は乗っていませんでした。

そのため彼女は「今年もノウルは参加しないのだろう」と考えます。

相変わらずなジェレミー

ロクサナとジェレミーが客室のテーブル席で休んでいると、扉の向こう側からヒソヒソ声が聞こえます。

「ここにアグリチェの娘が…」
「本当か!?そのまま…」

どうやら彼らは、ロクサナの顔を一目見ようと部屋の外をうろついている様子。するとジェレミーは部屋を出て、彼らを追い払いました(もちろん暴力的な方法で)

その様子にロクサナは、微笑を浮かべてため息をつきました。ジェレミーは背丈が伸びても、中身は昔と変わらないのね…と。

⇒31話ネタバレはこちら

29~30話の感想

29話の感想

ネタバレ感想

27話で『束縛の誓い』を結んだロクサナとデオン。そのためか彼は、ロクサナに嫌悪されていると知りながら命令に従っている様です。

デオンには叶えたい望みがあるようですが、その願いは、29話時点でも謎のまま。ロクサナによれば「フォンタインの願いよりも実現がさらに困難」との事。

いったいデオンは、何を望んでいるのでしょうか?

それを知っているのは、今のところ本人とロクサナだけの様ですが…彼女の反応は、ことごとく辛辣。デオンに命令しておいて、顔を合わせるなり不快だと言い放つほどです。

2人の関係を考えれば仕方のない状況ですが、それにしても恨みがこもっていますね。

30話の感想

ユグドラシルは非武装の中立地帯なので、どの一族もみんな能力を封じられています。昔ヤベエ奴がヤベエ事をやらかしたので、それ以来は能力使用を全面禁止したワケですね。

しかしロクサナは、毒蝶を密偵として使用する気でいます。命令したのは、もちろんラント。

中立地帯なのに、こっちもこっちで悪いことする気満々ですね!

白うさ
汚い。さすがアグリチェ汚い。
ひよこ
悪いことするのが生業だから、まあ悪いことするよね。

そして今回、名前だけですが新たな一族が2つ登場しました。

”フィペリオン”と”ベルティウム”

アグリチェ同様、彼らもまた大陸をすべる一族のひとつですが…今のところ、どちらもアグリチェとは違うベクトルで怖いイメージです。

以下、2つの一族についてザックリまとめました。

ザックリした説明
  • フィペリオン:500年前、ユグドラシルを焦土化させるというヤバイ事件を起こした。
  • ベルティウム:「人形術」を使用する。人間のような人形を作るというホラーチックな能力。

なんかどっちも怖いですね。

フィペリオンは、中立地帯なのに休戦する気はないのか?そして本編を読むとわかりますが、ベルティウムに関しては人形術のくだりのイラストが完全にホラー。

嫌な予感しかしません。

⇒31話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA