『ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜』13~14話のネタバレと感想


韓国のマンガ『ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜』のネタバレ感想です。13話~14話のストーリーをまとめて紹介します。

前回ロクサナは、出口までの近道をカシスに教えました。この近道を通れば、誰にも邪魔されず脱出できるそうですが…

曲者だらけの屋敷の中で、そう簡単に脱出できるでしょうか?管理人の感想を交えながら、ストーリーを紹介します。

⇒ネタバレ一覧はこちら

『ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜』13話ネタバレ

デオンを嫌う理由

ロクサナ感想

ロクサナがデオンを嫌う理由は2つあります。

1つめの理由は、試験に失敗した兄・アシルを処分したのがデオンだから。

そして2つめの理由は、ロクサナが弱い姿を見せてしまった唯一の相手だから。

というのも彼女が子供の頃、デオンに泣き顔を見られたことがあるのです。

ロクサナとデオンの過去

ひよこ
以下、ロクサナが弱い姿をさらした時の回想だよ。

ロクサナがまだ子供だったころ。訓練の一環として、彼女は”大事な人”を処分するよう命令されました。

亡き兄・アシルの幻覚を見せられ、それを斬るという残酷な訓練を受けたのです。

そしてこの時、震えて動けずにいたロクサナの前に現れたのがデオンでした。

彼女が動かなければ、デオンは容赦なくアシルを斬り捨てるでしょう。たとえ幻覚でも、そんな光景は見たくありません。

だからロクサナは泣きながら、兄を手にかけたのです。「あなたの手で、アシルを二度も死なせない。絶対に」と言って。

ひよこ
兄のアシルはこの訓練に失敗して、処分されたみたい。
白うさ
アグリチェ家は鬼か?

関連:『再婚承認を要求します』の最終回ネタバレはこちら

マリアから招待状が届く

ロクサナが自室で休んでいると、メイドが”マリアからの手紙”を持ってきます。

迷惑なことに、マリアが主催する”お茶会”の招待状が届いたのです。

また、そこにはカシスも同伴するように記載されていました。

・・・

そしてお茶会の当日。赤いドレスを着たロクサナは、1人で会場を訪れます。もちろんカシスは連れていません。

お茶会の会場は、屋敷内にある植物園のような場所。天井がガラス張りなので、青空が良く見えます。そしてお茶会のために、丸いテーブルも用意されていました。

会場にいたのは、笑顔で挨拶をするマリア。さらに母・シエラもおり、彼女は戸惑った様子でした。

『ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜』14話ネタバレ

シエラとマリアの関係

マリアのお茶会には、ロクサナだけでなく母・シエラも招待されていました。

といっても、シエラは強制されて嫌々ながら参加しただけです。

マリアとシエラの関係は、例えるなら蛇とネズミのようなもの。ゆえにシエラは、いつも誘いを断れずお茶会に参加しているのです。

その様子を見たロクサナは「アグリチェ家は狂っている」と改めて実感しました。

ひよこ
つまりシエラは、マリアが怖くて逆らえないと。
白うさ
誰かシエラを助けてあげて…

狂ったお茶会

お茶会には他の令嬢たちも集まっており、みんな美しくドレスで着飾っています。テーブルの上にはスイーツも並んでいて、とても華やかに見えますが…

しかし全員がアグリチェ家の人間なので、会話はひどく物騒です。飛び交うのは残酷な言葉ばかりで、シエラは一人怯えていました。

そんな中、マリアは「新しいお人形のルウェルを紹介する」と言い出します。

するとそこに現れたのは、体を傷つけられ歪んだ姿へと変えられた女性。彼女こそがルウェルです。

その異様な姿に、シエラは目見開いて絶句します。ロクサナは平然としていますが、内心では「これだから二度と来たくなかったのに…」と毒づいていました。

ロクサナは母親を救出する

シエラにお茶を淹れてあげて。

マリアが指示をするも、ルウェルは体をうまく動かせず震えています。またこの時、シエラも恐怖で震えていました。

その結果、熱いお茶がこぼれてシエラの服にかかってしまいます。

当然ながらマリアは苛立ち、ルウェルをお仕置きをすると言いました。

するとシエラは怯えながらも、自分が悪いのだと庇いますが…庇ったところで、マリアが許すはずありません。

そこでロクサナは、話を中断させるためにわざと床にカップを落としました。

ガシャン!と音が鳴り響けば、狙い通りマリアの言葉はピタリと止まります。

そしてロクサナは申し訳なさそうな顔で謝罪し、また母の手が火傷しているから手当した方がいいと指摘しました。

その言葉に「まあ大変!」と慌てるマリア。さらにロクサナは、母を医者のところに連れて行ってと使用人に指示します。

こうして彼女は、母親をお茶会からうまく逃がしたのです。

カシスが逃亡する

狂ったお茶会は、シエラが退席した後も続きます。すると途中、使用人たちが慌てた様子で会場へと駆け付けました。

使用人たちはデオンの命令により、カシスをお茶会に連れて来ようとしたそう。しかし途中で、カシスが逃亡してしまったのです。

その報告を受けたロクサナは、静かに激怒しました。

現状、カシスはロクサナの所有物。にも関わらず、使用人たちは許可なくカシスを連れ出そうとしたのですから。彼女の怒りは当然でしょう。

無表情のまま激怒したロクサナに、震えあがる使用人たち。それほど彼女は恐ろしかったのです。

このシーンで、ロクサナは使用人たちを罰しています。しかし罰の内容がやや残酷なので、本記事ではカットしました。気になる人は漫画版を読んでください。

 

逃亡したカシスは、南西方面の廊下で目撃されたそう。そして現在、ジェレミーが追跡中です。

その報告を聞いたロクサナは、すぐお茶会を立ち去ろうとします。

その際、マリアが冷や汗をだらだらと流しながら「一緒に捕まえてあげようか?」と提案しますが…

ロクサナは、それをきっぱりと断りました。

巨大な蜘蛛が襲来する

その時、お茶会の会場が大きく揺れます。

見上げれば、ガラス張りの天井に巨大なクモが張り付いていたのです。

そして誰もが悲鳴を上げる中、ロクサナだけはクモを睨みつけていました。カシスを追う前にまずはこの化け物から片付けようと、果敢にも挑んだのです。

⇒15話ネタバレはこちら

13~14話の感想

ネタバレ感想

カシスが逃亡したようですが、何だか話が妙ですね。

確かにカシスは、すでに出口への近道を知っています。でも同時に、ロクサナから「近道を使うにはリスクもある」という話も聞いていました。

まだリスク対策が終わっていないのに、賢いカシスが逃亡するでしょうか?

しかも、ロクサナに何の話もせずに。まあ連行中に逃げたとの話なので、カシス的には逃亡しやすいタイミングだったのかもしれませんが…

それにしても妙。

管理人の予想ですが、カシスの逃亡には”裏”がありそうですね。

もしかするとアグリチェ家の誰かが、彼を逃亡させるよう仕組んだのかもしれません。

そしてここで気になるのが、14話のマリアの反応。

カシスが逃げたと聞いた時、彼女は冷や汗を流していました。どこか焦っているように見えます。めちゃくちゃ怪しいですね!

となると、カシスの逃亡事件にはマリアも関わっているのかもしれません。

⇒15話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA