『狂った王女にはワケがある』ネタバレまとめ|最新話と原作小説について紹介


狂った王女にはワケがある』はピッコマで連載中の韓国マンガ。

原作小説の原題は『왕녀는미친척을한다』。なお原作はdalseul先生、イラストはROHAN先生が担当しています。

本記事ではマンガ版最新話までのネタバレをまとめたので、内容を先読みしたい人は活用してみてくださいね。各話ごとにストーリーを紹介しているので、好きなところからお読みいただけます。

狂った王女にはワケがある最新話までのネタバレ一覧

狂った王女にはワケがある

「最後まで生き残った者に王位を譲る」 悪名高い暴君の父の言葉により水面下での殺し合いが幕を開けた。 兄に毒殺されあっけなく死んだ王女リズベルだったが、気がつくと5年前に戻っていた⁉ 生き残るためにリズベルが選んだ方法とは…「おバカ(狂女)」になること! そして、無事19歳を迎えたリズベル。そんな彼女の前に救世主の如く現れた、謎の魔法使いの正体とは…? 生と死の火花散るロマンスファンタジー!

引用元:https://piccoma.com/web/product/77334?etype=episode

下の”ネタバレ一覧”から読みたい話数をタップしてください。各話のネタバレページに移動します。

各話ネタバレ一覧
1~4話5話6話
7話8話9話
10話11話12~13話
14話15話16話
17~18話19話20~21話
22~23話24話25話
26話27~28話29話

上記のネタバレ記事では、漫画版のストーリーについて紹介しています。ただし、たまに先駆けして小説版のストーリーを公開していることもあります。

『狂った王女にはワケがある』を先読みする方法

韓国語のマンガを読めるサイト

『狂った王女にはワケがある』の韓国版マンガは、『kakaopage』にて配信中です。

こちらは韓国のアプリで登録が必要ですが、スマホやPCからでもサイトの閲覧は可能です。

なお下記のページから、kakaopag内にある『狂った王女にはワケがある』の閲覧ページに移動できます。

⇒『狂った王女にはワケがある』公式サイトはこちら

ただし『kakaopage』は韓国語表記なので、翻訳アプリがないと読むのは難しいでしょう。そもそも韓国のアプリなので、日本でダウンロードするのが面倒です。

ちなみにダウンロードせずにサイトから直接閲覧しようとすると、1~3話以外はパスワードを要求されます。なので管理人はおすすめしません。

『NEWTOKI』や『funbe』などの海外サイトで閲覧する方法もありますが、これらは無断転載サイトなので非推奨です。閲覧は自己責任でお願いします。

原作小説6巻を読む方法

原作が読める2つのサイト

『狂った王女にはワケがある』の原作小説は全6巻。

小説版はすでに完結しており、こちらも『kakaopage』から閲覧できます。もしくは『RIDIBOOKS』でも購入可能。なお後者は31ページまで無料で読めます。

ただしどちらで読もうと韓国語表記でしかも有料。残念ながら無料版は配信されていません。

今後人気が出ればピッコマにて小説版が配信されるかもしれませんが…今のところ、日本語版の小説はありません。

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA