接近不可レディー60話のネタバレと感想|クリスティアンは謀反を起す


ピッコマで連載中の『接近不可レディー』の60話のネタバレ感想です。

ヒリスの家族は現在、カリキア家の別荘に身を寄せています。魔物がうごめくあの屋敷で、一体何が行われようとしているのでしょうか?

ストーリーの続きを読んでみましょう。

⇒『接近不可レディー』ネタバレ一覧はこちら

⇒最終回ネタバレはこちら

クリスティアン視点|パルべノンの現当主である兄を襲撃する

クリスティアンVS当主

接近不可レディーネタバレ感想
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

パルべノン家の一室。散乱したその部屋で、クリスティアンは倒れた棚に腰掛けながら優雅に足を組んでいます。

「すぐ諦めると思ったのに…意外とねばりますね。兄上」

そう告げるクリスティアンの前には、血まみれで壁にもたれかかる彼の兄がいました。

ひよこ
クリスティアンが兄を襲撃したんだね。
白うさ
そういえば前に、兄の部屋に行くって言ってたね。

兄はクリスティアンの氷により胸を貫かれていますが、まだ息があり弟を睨みつけています。

そして内心、クリスティアンの力はこんなに強かっただろうか?と疑問を抱きながら、なぜこんな事をするのかと息も絶え絶えに質問します。

するとクリスティアンは、最近不思議と兄に会うたび殺意がこみ上げてくるのだと説明しました。とはいえ彼自身、なぜそのように感じるのか分かりません。

けれどなぜか、大切に隠しておいた『何か』を兄に壊されたような気がするのです。

白うさ
何かって何だろうね?
ひよこ
詳細はあとで説明するけど、別の世界線でヒリスを失った原因が兄だからだと思うよ。

当主の座を渡すよう迫る

そしてクリスティアンは兄の髪をわしづかみにすると、この場で命を失うか当主の座を渡すか選ぶよう迫ります。

兄はもはや反撃することも出来ず、絶望的な顔をしました。

【解説】接近不可レディー60話前半の補足

クリスティアンの『大事なもの』とは?

60話の前半で、クリスティアンは兄に大事なものを壊された気がする…と言っていました。このシーンがやや分かりにくいので、一旦解説(というより考察)を入れさせてください。

ヒリスは過去の人生で、イノアデン家を離れてクリスティアンの保護下に入ったことがあります。しかし最終的には彼から逃げて、馬車で移動している最中に何者かに襲撃されました。

クリスティアンは急いでヒリスを負うも間に合わず、駆け付けた時ヒリスはすでに瀕死。そのため彼はひどく悲しみました。

なおこの時、ヒリスを襲うように命じたのはクリスティアンの兄のようです。

だからここ最近、クリスティアンは兄を見るたびに殺意が沸いていたのでしょう。うっすらと別の世界線の記憶が残っていると思われます。

アクシオン視点|部下のシュレイマンから重要な報告を受ける

ヒリスを想いため息をつく

ベルゼット家に戻ったアクシオンは、執務室でため息をつきます。

というのも例の怪しい屋敷から戻った後、ヒリスに「もう関わらないで」と言われたのです。

おまけにあの屋敷で、アクシオンはいくつも不可解な部分を見つけました。しかし結局のところ、彼は何も解決できなかったのです。

(ヒリスの反応を見るに、あの屋敷にいた2人のうち1人はリカルド・イノアデンだろう。もしそうなら、一体なぜあんな場所にいるんだ?彼に建物を貸したのは誰なのか…)

あれこれ悩んでも答えは出ないので、アクシオンはあの屋敷を調査しなければと考えます。

部下・シュレイマンの報告

するとその時、部下のシュレイマン(43話登場)が執務室を訪れて調査の結果を報告します。

調査報告
  • アメリエ家と変種魔物との関連性は見つからなかった。
  • しかしアメリエ邸にあった絵は、もともと王の宮殿にあったもの。
  • アメリエ家の当主はあの絵を偶然発見し、とても気に入ってこっそり盗んだ。
ひよこ
アメリエ家にあった骨董品も、不法に得た骨董品が多いらしいよ。
白うさ
不法行為のオンパレードだね。

またこの時シュレイマンは、アクシオンに不満を言います。というのもアクシオンはしょっちゅう屋敷を空けるので、ベルゼット家の業務が滞っているのです。

しかし注意をしても彼は反省せず、それどころかまたもや屋敷を抜け出しました。

ヒリス視点|四季の森を訪れると、予期せぬ人物に出会う

1人で四季の森を訪れる

その日、ヒリスは1人で四季の森を訪れます。しかし同行者がいないので、やはり扉は開きません。

(アクシオンから貰った宝石まで飲み込んだのにダメみたいね。王の神聖を取り込んでも、1人では結界を通れないのかしら?もしまだ足りないのなら…)

するとその時、後ろから聞き覚えのある声が聞こえます。振り向くと、背後にはクリスティアンが立っていました。

クリスティアンの用事

「今日は一人ですか。ベルゼットの当主は同行していないのですか?それとイノアデン家の噂は聞きました。役に立たない雑草をすべて処理されたそうですね」

笑みを浮かべてペラペラ喋る彼に、ヒリスはさっさと本題に入るよう告げます。

するとクリスティアンは目を細め、以前パーティーの時に交わした会話―――彼が力を付けたら目を向けて欲しいという話ーーーを持ち出します。

そして手袋を外し、手の甲に浮かんだ『当主の印』を見せながら言いました。

「…あなたに“僕のパルベノン家”を求愛のプレゼントとして差し上げたいのです」

つまりクリスティアンは兄を倒し、パルべノン家の当主となったのです。

その事実に気付いたヒリスは微笑み、もちろんですと手を差し出します。すると彼は狂気めいた笑みを浮かべながらも、表面上だけは紳士らしく彼女の手を取りました。

⇒『接近不可レディー』61話のネタバレはこちら

『接近不可レディー』60話のネタバレと感想|最後のシーンについて

60話のネタバレ感想|クリスティアン騙されてるよ!

ネタバレ感想

ヒリスは最後のシーンでクリスティアンに微笑みかけていましたが、どう見ても利用する気満々ですね。アクシオンに同行してもらうのが難しくなった今、新たな協力者が必要ですから。

けれどクリスティアンは全くそれに気付きません。力をつけて当主になったことで、ヒリスの心が自分に向いたと思っているようです。

⇒『接近不可レディー』61話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA