妊娠初期に結婚式お呼ばれ!おすすめの靴やヒールの高さは何センチ?

スポンサードリンク

妊娠中、友達や親族の結婚式にお呼ばれすることもありますよね。

通常だと、妊婦はローヒールやパンプスで参加する人が多いです。でも、妊娠初期だとお腹がポッコリしていないので「まだ妊婦の格好は早いかな?」「ヒールで参加したい」と迷う人もいるでしょう。

 

結局、妊娠初期の場合はどんな靴で参加すればいいのでしょうか?

今回は、妊娠初期でも使えるおすすめの靴をまとめて紹介します。

結婚式にお呼ばれ!妊娠初期はヒールをはくべき?

結婚した夫婦

【友達編】結婚式のドレスで人気の色は?赤は大丈夫?

結婚式のゲストとして参加する場合、女性はヒールを履くのがマナーです。

でも、妊婦は例外。

転ばないように、ヒールではなく安定感のある靴(フラット靴)を履くのが一般的です。ヒールのある靴を履くとしても、ハイヒールではなくローヒールを選ぶ女性がほとんど。

 

ここで迷うのが、妊娠初期でまだお腹がポッコリしていない場合ですが・・・

 

結論から言えば、妊娠初期でもフラット靴で問題ありません。体のバランスがとりづらい妊娠中は、体調を優先してOK。あなたの体を大事にしてください。

 

出席者の中には「マナー違反では?」と思う人がいるかもしれませんが、あまり気にしなくて大丈夫です。大抵の人は、妊婦だと気づいてくれます。

もし、ヒールのない靴を注意されたら「妊婦なのでヒールのある靴が履けません」と伝えれば理解してくれるでしょう。

 

ただし、結婚式なのでシンプルすぎる靴はNG。フラット靴を履くなら、華やかなデザインを選んでみてくださいね。

⇒親族/兄弟の結婚式!ドレスの○○に注意

ヒールの高さは何センチ?

スポンサードリンク

とはいえ、中には「いつもヒールを履いていたから、逆にフラット靴は歩きにくい!」という女性もいるでしょう。

突然のフラット靴に慣れず、腰が痛くなる人もいるようですね。

 

そんな時は、安定感のあるローヒールがおすすめ。ヒールの高さが5cm未満の、太めのヒールだと安定感がありますよ。

 

妊娠初期~中期に参列するなら、あなたにとって歩きやすい靴を選ぶのがベターでしょう。

ただし、ピンヒールは避けてくださいね。妊娠初期とはいえ、いつ体調が悪くなるかわかりません。安定感のある、歩きやすい靴がおすすめです。

妊娠初期におすすめの靴は?

結婚式用のパンプスやローヒールは、Amazonや楽天で購入できます。

 

冠婚葬祭で使える妊婦靴は、ネットを探せばいろいろ見つかります。上のような靴なら、妊娠初期でも安心して使えるでしょう。

靴を購入する際には履き心地が気になる所ですが、安全面・機能性だけでなくデザインもこだわった商品はたくさんあります。

 

一時的にしか使わないのであれば、購入ではなくレンタルでもOK。購入するよりも安く、結婚式用のマタニティシューズを用意できますよ♪

妊婦が結婚式にお呼ばれ!靴はどこで買うべき?

こんな靴はNG!

スポンサードリンク

すでにパンプスやローヒールを持っている場合は、その中から結婚式向けのデザインの靴を選べば大丈夫です。

ただし、マナーを外れた靴はNG。

へび革やワニ革などの革素材は、殺生のイメージがあるためマナー違反です。ファーなど動物柄の靴も避けましょう。

【靴選びのポイント】

◆革素材・ファー・動物柄は避ける

◆結婚式にふさわしい、華やかなデザインにする(シンプルすぎるものはNG)

◆つま先が見える靴はNG

まとめ

妊婦は体のバランスが取りにくいため、結婚式ではパンプスやローヒールを履きます。

妊娠初期でも、このようなフラット靴で問題ありません。

ヒールのある靴を履きたい人は、ヒールの高さが5センチ未満で太めのものを選ぶと良いでしょう。

 

妊婦用の靴は購入でもレンタルでも大丈夫ですが、ブライダルシーズンだと在庫切れになる可能性があります。

5~6月、10~11月はブライダルシーズンなので、早めに購入・予約するのがオススメですよ。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

↓ ↓ ↓

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA