ひょっこりはんの仮装衣装はドンキにある?服装を手作りする方法は?

スポンサードリンク
Pocket

2018年は、お笑い芸人の「ひょっこりはん」が話題になりましたよね。

忘年会や新年会では、芸人の仮装&ネタを披露する人も多いため、すでにコスプレセットも販売されています。

そこで今回は、ひょっこりはんの仮装セットをドンキで購入できるのか。手作りする方法はあるのかなど、衣装を再現する方法について考えてみました。

宴会でひょっこりはんのネタを披露したい人は、ぜひ読んでみてくださいね♪

ひょっこりはんの衣装とは?

マリオ帽子の作り方!フェルトや画用紙で作るなら?

 

ひょっこりはんの衣装はシンプルですが、特徴的ですよね。基本的には下のアイテムを身に付けています。

  • 大き目の丸い黒縁めがね
  • タンクトップ
  • 赤い蝶ネクタイ
  • 青いスパッツ(十分丈)
  • パレーシューズ(上靴)

 

全体的にピッチリした服装なので、体系が目立ちそうですね(^^;

仮装セットはドンキホーテで買える?

ドンキの販売状況

次に、ひょっこりはんの衣装セットをドンキホーテ(以下ドンキ)で買えるのか調べてみたところ・・・

結論から言うと、ドンキでは販売されていませんでした。

公式サイトやドンキホーテの店舗(管理人のご近所)を調べたのですが、現時点では販売されていないようですね(2018年9月26日現在)

⇒ドンキの公式サイトはこちら

ただし、ドンキは店舗によって品揃えが違うので、都会ならあるかもしれません。

 

ブルゾンちえみや平野ノラの仮装セットなら販売していましたが、ひょっこりはんの衣装セットは見当たりませんでした。

 

仮装セットが安い通販サイトは?

「ドンキで仮装セットを変えないなら、どこで衣装を買えばいいの?」と思うかもしれませんが、安心してください。

ひょっこりはんの仮装セットは、通販サイトでたくさん販売されています。Amazonや楽天なら、カツラ付きのセットも多いですよ♪

 

▽Amazonの仮装セット一例▽

 

値段は税込みで約3,000円。

衣装だけでなくカツラも付いているので、割安なセットですね。

 

ちなみに、Amazonで販売されていた衣装セットの中には、さらに安い商品もありました。例えばこれとか↓

 

上の2商品なら、2000円台で買えるので、お財布にやさしいですね♪

コスプレセットの中身をすべて着用すれば、ひょっこりはんにそっくりな姿になれるはずです!

【関連記事】

⇒ドンキで買える!ブルゾンちえみの仮装衣装はこちら

⇒ブルゾンちえみの化粧方法は?真似しやすい簡単なアイメイクのやり方も紹介

手作りで仮装衣装を作るには?

スポンサードリンク

 

「仮装衣装が3000円?ちょっと高くない?」と感じる人は、もちろん手作りでも大丈夫です。

その場合、用意するべき衣装は

  • 大き目の丸い黒縁めがね
  • タンクトップ
  • 赤い蝶ネクタイ
  • 青いスパッツ(十分丈)
  • パレーシューズ(上靴)

 

上の5つですね。これらを手作り(または単品で購入)しましょう!

 

できれば、カツラも用意したいのですが・・・

カツラを単品で買うと2000~3000円と割高なので、手作りするなら諦めた方がよさそうです。セットで買うよりも、購入価格が高くなってしまいますからね。

というワケで、カツラ以外の服装を手作りする方法について紹介していきます。

 

タンクトップ

白いタンクトップ(男性用)は、スーパーやドラッグストアに販売されています。価格は、2枚セットで500~700円くらいです。

ちなみに、タンクトップは無地ではなく、ワッペンで「ひょっこり」と書かれていますね。

ワッペンを1文字=100円と考えるなら、ワッペン代だけでも700円が飛んでしまいますΣ(゚Д`;)

文字入れが面倒な人は、通販で購入しても良いでしょう。

金銭的にきびしい場合は、ワッペンを使わずにマジックで代用しても良いかと思います。

(ただし、マジックは洗濯しても消せないので、安いタンクトップで試してくださいね)

 

青いスパッツ(十分丈)

青いスパッツは、通販サイトで販売されていますね。スパッツがない場合は

  • スポーツタイツ
  • ヨガ用のウェア
  • レギンス

などのグッズで代用してもOKです。

 

めがね・蝶ネクタイ

ダテめがねと蝶ネクタイは、100円ショップで売っています。100円グッズの中から、似たものを探しましょう。

 

バレーシューズ

バレーシューズは、ホームセンターに行けば、1,000円未満で購入できます。とはいえ、室内で仮装ネタを拾うするなら、白い靴下でも違和感が無さそうですけどね(^^♪

手作りの服装代を合計すると?

スポンサードリンク

最後に、ひょっこりはんの手作り衣装代金を計算してみました。

【仮装衣装の予算例】

ダテめがね=100円

赤い蝶ネクタイ=100円

タンクトップ(1枚)=300円

赤ペン(文字入れ用)=100円

青いスパッツ(十分丈)=600~1500円

パレーシューズ(または白い靴下)=800円

⇒合計2000円

 

仮装衣装の合計は、約2000円。ちょっと、高いですね。

低コストで済ませたい人は、青いスパッツをレギンスで代用したり、バレーシューズを白い靴(室内なら白い靴下)に変更したりするのもアリでしょう。

 

ちなみに、上記以外にカツラも購入するとなると、衣装代だけで5000円を超えてしまいます。

その場合は、手作りよりもAmazonの衣装セットを購入した方が安上がりでしょう。Amazonの衣装セットなら、3000円で買えますよ♪

⇒ひょっこりはんの仮装セットをAmazonで見てみる?

結論:一番安い仮装衣装はどれ?

ひょっこりはんの仮装衣装を手作りするとなると、2000円程度は必要になります。

一方、Amazonの仮装セットは約3000円。衣装作りの手間や製作にかかる時間を考えれば、通販で買う方がラクでしょう。

 

ただし、青いレギンスなど仮装に使えそうなアイテムを持っているなら、それらを活用して衣装代を抑えることもできます。

お財布や持ち物と相談して、手作りか仮装セットを買うか判断してみてくださいね。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました(^^♪

▽Amazonの仮装セットはこちら▽

⇒ひょっこりはんの仮装セット詳細

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA