『死して生きるSSS級ハンター』49話のネタバレと感想|万想の大図書館


ピッコマで掲載中の『死して生きるSSS級ハンター』の49話について、ストーリーの概要を紹介します。

”万想の大図書館”を訪れた孔子たちは、館長から”滅亡した世界を救え”というクエストを提示されました。

今までとは違い参加するハンターの数が少なく、一部はすでに精神的ダメージを追っている状態。こんな状況で、果たしてクリアできるのでしょうか?

⇒『死して生きるSSS級ハンター』ネタバレ一覧はこちら

49話ネタバレ前半|ハンターたちは館長に武器を向ける

愚かなハンターは、館長を狙う

『死して生きるSSS級ハンター』ネタバレ感想

あまりに悲惨な光景を見せつけられ、ハンターたちは嘔吐してしまう。

すると館長がパン!と手を叩き、人間サイズの栞(しおり)を呼び出した。彼女たち(?)には手足が生えていて、嘔吐物を掃除したりハンターたちにお茶を振る舞ったりした。

この栞のメイドたちは、30階をクリアするまでハンターたちの身の回りの世話をしてくれるらしい。

また館長はつづけて、このフロアに滞在する間は“閲覧許可”のない本には絶対に触れてはいけないと注意事項を説明するが・・・

その時、ハンターの1人が館長を睨みながら叫んだ。

「結局はお前がボスモンスターだろうが!おい!お前たちも武器を取れ!あいつさえ倒せば30階クリアだ!」

男はなんと、クエストを無視して館長を倒そうとしているようだ。

白うさ
すごく噛ませ犬っぽい。

さらに彼は、孔子のような細身の男が1人で20階をクリアしたのだから自分たちも同じことができると言い出した。おまけに5代ギルド相手にも失礼なセリフを言うので、黒色魔女はついに怒って声を荒げる。

しかし孔子は彼女を止め、我慢するように言った。

というのも今の状況は、すべて生中継されているのだ。

クエストは生中継されている

回帰する前――つまり1回目の人生で、孔子は広場から30階が攻略される様子を見ていた。

きっと今回も同じように、広場では大図書館の様子がリアルタイムで流れているだろう。だから人々に悪いイメージを与えないよう、注意して行動する必要があるのだ。

ひよこ
つまり、大図書館にいるハンターが登場人物。広場にいる人たちが読者だね。

孔子が説明すると、黒色魔女はすぐに状況を理解する。そして同時に、今回のステージは“どうクリアするか”が重要なのだと気づいた。

49話ネタバレ後半|ボーナスにより”人物像”が見えるようになる

20階のクリアボーナス

黒色魔女に説明し終えると、孔子に“20階のクリアボーナス”が付与される。

20階のクリアボーナスは、登場人物の好感度と心理を観察できるというものだ。

白うさ
ギャルゲーかな?
ひよこ
ちなみにこの報酬は、21~30階にいる間ずっと有効だよ。

そこで孔子は、さっそく黒色魔女の『人物像と心理』を見てみる。するとピンク色のウィンドウが表示され、そこには次のように書かれていた。

黒色魔女の人物像
  • 好きなジャンル:ロマンス
  • 嫌いなジャンル:歴史
  • 好みのタイプ:白馬の王子様、幼い男、一匹オオカミ、天然系
  • 嫌いなタイプ:サイコパス、軍人、政治家、無能なヒロイン
  • 好感度:90%
  • 心理:もし本当に私たちの姿がバビロンに中継されているなら、将来のためにも品位のある人物を演じないと。

黒色魔女の人物像があまりに乙女チックだったので、孔子は動揺のあまり言葉を失う。

なお人物像は剣帝にも見えていて、彼は孔子の後ろで爆笑していた。どうやら白馬の王子様が好きという情報がツボに入ったようだ。

ついでに孔子は、剣帝の人物像も見てみる。すると好みのタイプに”母親”と書いてあったので、孔子は渋い顔をした。

なおこのシーンの後、剣帝はブチ切れて「今見たものを脳内から消せ!」と孔子に怒鳴りました。

愚かなハンターの末路

そして一方。

先ほど「館長を倒す」と叫んでいた男は、まだ剣を構えたままだ。愚かにも大人数で挑めば勝てると思っているらしく、他のハンターたちも彼に同意して武器を取り出すが・・・

すると館長は、やれやれという様子で1冊の本を開いて男たちに向ける。

その瞬間、本の中から巨大な触手が現れて男たちを本の中へと引きずり込んだ。

そのせいで100人いたハンターが、一気に50人まで減ってしまった。

ひよこ
館長に逆らうと、全員こうなると。
白うさ
館長めちゃくちゃ強いね!

21階をクリアする、最良の方法とは?

大量の本を前にして、残されたハンターたちは床に座り込む。先ほどの光景のせいで、みんな怯えているようだ。

異端審査官は50人も残ったのだから運が良いと告げるが、ハンター達の士気は下がりっぱなし。そのため孔子は、みんなを勇気づけるため現状について話し始めた。

「あの館長にむやみに挑んではいけません。今すぐクエストに従いましょう。けれどクエストに従ったからと言って、俺たちに不利なワケでもありません」

するとハンター達は、孔子の言葉を静かに聞く。今やランキング3位となった孔子は発言権が強いのである。そして彼は、クエストの利点を説明した。

21階のクエストは「救った世界が22階として登録される」というもの。言い換えれば、どんな世界を選ぶかで報酬がいくらでも変わるのだ。

例えば食料・水などの資源に恵まれた世界を救えば、そこが22階のステージに選ばれるので食糧問題の解決にも繋がるというワケだ。

その言葉に、黒色魔女はなるほどという顔をする。

つまり、今やる事は1つ。目の前にある本を読んで、その中から利益になる世界を探せばいいのだ。

⇒『死して生きるSSS級ハンター』50話ネタバレはこちら

『死して生きるSSS級ハンター』今回の感想

ネタバレ

20階のクリアボーナスは、相手の好感度と心理がわかるというもの。そして孔子はボーナスを得るなり、さっそく黒色魔女の人物像を確認しますが・・・

黒色魔女って、すごく乙女チックな性格なんですよ。

好きなジャンルはロマンスで、好みのタイプは白馬の王子様。しかも孔子への好感度が90%と非常に高い。彼女はとても強い女性ですが、中身は乙女なんですよ。本当にかわいいですね。

正確には好感度がハート4.5個分(MAXで5個)なのですが、わかりにくいので本記事では90%としました。

一方で剣帝ですが、彼の好感度は60%と微妙な数値。高いのか低いのかわかりにくいですね。でも剣帝のような極端なタイプにしては、好感度が高い方なのかもしれません。

そして剣帝も、好きなタイプは母親という意外な一面を持っていました。正確には、マッチョとライバルと母親が好きなタイプらしいです。

こんな情報を孔子に知られた以上、しばらく揶揄われそうな気がします。

⇒『死して生きるSSS級ハンター』50話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA