『死して生きるSSS級ハンター』17~18話のネタバレと感想|孔子の所属ギルド


ピッコマで掲載中の『死して生きるSSS級ハンター』のネタバレ感想です。17~18話のあらすじを紹介しつつ、管理人の感想をまとめました。

10階を攻略したことで、孔子は”誰もその正体を知らない攻略者”としてSNSで大注目されます。そして各大手ギルドからこぞって勧誘されますが…

孔子はどのギルドに所属するのでしょうか?

⇒ネタバレ一覧はこちら

17話ネタバレ|孔子が選んだギルド

ギルドマスターが集結

時計

伯爵の登場により、“孔子争奪戦”はさらに本格化する。彼女が所属員たちに「上司を呼べ」と告げると…

その後、ギルドマスターたちが一斉にカフェに集結したのだ。

現在の参加者
  • 「天部門」ギルドマスター・毒蛇。
  • 「萬神殿」ギルドマスター・異端審査官。
  • 「自警団」サブマスター・聖騎士
  • 「黒龍」ギルドマスター・黒色魔女

完全にトップランカーのオールスター戦である。

もちろんマスターが勢ぞろいするなど偶然ではない。つまり彼らは、最初から全て打ち合わせ済みだったのだろう。

そして彼らは全員同じテーブルに着くと、圧を加えて孔子がどうでるか様子を窺った。

だから孔子は、まず余裕を見せつける。

(相手は実力者ぞろいだが、実質そこまで怖くもない。最悪、またループするだけだから)

そんな中、ギルド「黒龍」の黒色魔女――紫色の目と髪をもった黒服の女性が、無表情で尋ねた。

「単刀直入に聞く。どのギルドに入るつもり?」

孔子の価値

新しい時代の幕開けだと宣伝できるアイコン。それが孔子なのだと、黒色魔女は説明した。

孔子が10階をクリアしたおかげで、外の世界に「塔」の価値を宣伝する機会ができた。そして塔に多くの人を呼び寄せ、他のハンターたちの心に火をつけられるだろう。

そして孔子が加入するギルドは、新時代の象徴になる。そのためどのギルドも、彼を欲しているのだ。

孔子はポーカーでの勝負を提案する

話を理解した孔子は、トランプを取り出して「ポーカーで勝負をしましょう」と提案した。

孔子の提案
  • 孔子はポーカーで1位になった人のギルドに加入する
  • その場合、契約金も地位も要らない
  • ただし孔子が勝てば、全員のギルドに同時加入する
  • 立場上はギルドメンバーだが、待遇はマスターと同等

孔子の提案を、ギルドマスターたちは面白そうに(一部は真剣な表情で)承諾する。

そして全員にカードを配り終えると、孔子はこっそり剣帝に話しかけた。

「孔子様って呼ぶの、今回のゲームが終わる時まででいいよ。代わりにみんなの手札を教えて」

その言葉に、剣帝はたちまちご機嫌になる。もちろん答えはイエスだ。

こうして、孔子に有利すぎるポーカーが開始された。

18話ネタバレ|ポーカーで勝負した結果

イカサマだらけのポーカー

イカサマにより、ポーカーは孔子が圧勝。30ゲームやって全勝だ。

そんな中、毒蛇が「ペテン師を放っておいていいのかよ!?」と激怒するが…

聖騎士はその言葉を諫めた。というのも彼は、孔子がスキルを使っていると最初からわかっていたのだ。

そもそも、新人が何の準備もせず運だけで勝負するワケがない。つまりゲームの提案自体が「スキルがバレることなく勝利できる」という宣言のようなもの。

彼も他のギルドマスターもそれを理解していて、その挑戦に乗っただけだ。

それを聞いた毒蛇は、目から鱗と言わんばかりにショックを受けた。

孔子と黒色魔女の一騎打ち

ゲームから降りていないのは、黒色魔女ただ1人。

すると彼女は、孔子をじっと見つめながら「安心した」と呟いた。

どうやら彼女は、“孔子は話が通じる人”だと思い安心したらしい。そしてこの時、彼女は自身の本音を語り始めた。

彼女はウクライナ生まれで、内戦で家族を失ったため塔に来たらしい。そして塔は彼女にとって故郷のようなもの。出身を問わず、誰もが挑戦者になれる世界を彼女たちは作り上げたのだ。

・・・

剣帝によれば、黒龍主の役はフラッシュ。孔子はダンゼン不利だが、オールインワンを宣言する。

そして挑戦的な目つきをしながら、孔子もまた自身の本音を語った。

どれだけ時間がかかっても、必ず100階を攻略したい。

ここにいるギルドマスターが塔を大事にする気持ちは尊重するけれど、それとは別に、全員をライバルだと思っている。

孔子は、今感じている達成感をまた味わいたいのだ。

ポーカーの結果

孔子はフルハウスを揃えて、最後のゲームに勝利する。

そして黒龍主がため息をつく中、孔子は「11階から20階のテーマは“ロールプレイ”」だと全員の前で明かした。

これは彼が10階クリアの報酬として貰ったヒントだが、あえて全員に教えたのだ。

すると黒龍主は腕を組んだまま目を反らし、この借りは必ず返すわ…とだけ呟いた。

⇒19話ネタバレはこちら

『死して生きるSSS級ハンター』今回の感想

ネタバレ

イカサマだらけのポーカーは、孔子の完全勝利で終わりました。

つまり孔子は、全員のギルドに加入し、かつギルマスと同等の地位を手に入れることに成功したのです。

通常なら、不平不満が出そうなこの状況。しかし毒蛇以外は、孔子のイカサマをすると理解したうえで勝負を受けていました。

言い換えれば、表面上はポーカーですが実際は「孔子のスキルを見抜けるかどうか」の勝負だったワケですね。

なのでギルマスは、勝負に負けても文句を言いませんでした(ただし毒蛇以外)

何というか、ギルマスには強者ゆえの潔さと余裕がありますね。例え自分のほうが実力が上でも、負けは負けだと受け入れるところが好感触です。

そして結果的に、孔子にとっては良い形で勝負を終えたと言えるでしょう。自身の提案を通しつつ、ギルマスとの関係も良好に保てたのですから。

考察|自警団だけサブマスターが来た件

本編を読んだ人は気づいたと思いますが、ギルドマスターが集結する中「自警団」だけはサブマスター・聖騎士が参加していました。

ギルドマスターは不在なのか、それとも本部から動けない理由でもあるのでしょうか。

ちなみに聖騎士については、17話と3話で紹介文が違うのも気になりました。

17話での聖騎士は「自警団」のサブマスターと記載されていましたが、3話を読み返したら「都市」の自警団長と記載されていました。

聖騎士の紹介文の違い
  • 17話:「自警団」のサブマスター
  • 3話:「都市」の自警団長

今と11年後ではギルド名も変わっていますが、これは何かの伏線なのでしょうか?

⇒19話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA