『死して生きるSSS級ハンター』13~14話のネタバレと感想|10階のボスに挑戦


ピッコマで掲載中の『死して生きるSSS級ハンター』のネタバレ感想です。13~14話のあらすじを紹介しつつ、管理人の感想をまとめました。

過激すぎる訓練を終えて、オーラの基本的な使い方を習得した孔子。そしてオークのスキルを習得し、無事に3階を突破しますが…

このまま順調に塔をクリアできるのでしょうか?

⇒ネタバレ一覧はこちら

13話から”背後霊”の呼び名を”剣帝”に変更します。なお剣帝とは、背後霊の生前の呼び名です。

13話①念願のランクアップ

5階のボスを討伐

勇者

1週間後。

5階の狩場のボス・ゴブリン大王を倒した孔子は、感傷に浸っていた。というのも6コイン(※1)使ってやっと倒せたのだ。

なおボスのスキル”ゴブリンの上流社会(※2)”も習得済みである。

※1:1コイン=1ライフ。孔子が命名。
※2:ゴブリン大王の言語を喋れるようになるスキル

しかし剣帝は、それを呆れ顔でバカにする。たかがモンスター1体倒しただけで大げさだと突っ込まれれば、孔子はギクリとした顔で目を反らした。

するとその時、孔子の体は“赤い光”に包まれる。ハンターランクがEに上がったのだ。

(やっと、やっとだーー)

底辺から1ランク上がったことに感動する孔子。目を閉じて顔をあげ、喜びを嚙みしめた。

孔子のオーラの型

それを見ていた剣帝は「…炎か?いや血?」と呟く。

レベルアップ時のエフェクトは“オーラの型”を判断するもので、通常はハンターのトラウマが反映されるのだ。

剣帝によれば、孔子のオーラの型は炎か血。なお炎帝は炎で、剣帝は月光らしい。

13話②孔子と剣帝の”賭け”

孔子は”賭け”を提案する

次は6階だな。と手をパンっと叩きながら告げる剣帝。

しかし孔子は、今すぐ10階のボス攻略に行きたいと言い出した。

それを聞いた剣帝は、苛立った表情になる。

実力のあるハンターですら10階攻略に何年もかかっているのに、Eランクの素人が挑戦するなど無謀でしかない。そのため彼は、調子に乗るなと忠告するが…

どうやら孔子には、何か考えがあるらしい。

しかも「10階を2コインでクリア(つまり1回死ぬだけ)できなければ剣帝を師匠と呼ぶ」という“賭け”を提案をした。

孔子の提案した賭け
  • 10階を2コイン(つまり1デッド)でクリアする
  • ただし剣帝は、10階のボスが持つスキルを隠さず教えること
  • また孔子が賭けに勝ったら「孔子様」と呼ぶこと

孔子がゲス顔で挑発すれば、剣帝はピクリと反応する。そして「よっしゃ乗った!」と、あっさり賭けを承諾した。

賭けの内容は重要なので、覚えておいて下さいね。

10階のボスステージに挑む

が、しかし。

いざ10階に行くと、門の前には守衛がいて通してもらえない。というのも守衛は、1人でボスに挑もうとする孔子を見て自殺行為だと判断したのだ。

そこで孔子は「私は不治の病で…」と適当な嘘をつき、さらに守衛に100ゴールドを渡して特別に中に入れてもらった。

・・・

10階のボスステージは、赤い屋根のついた白い洋館。その扉を開けると、無数の人形たちがクスクスと不気味に笑いながら孔子を凝視した。

「わたしたちとあそんでくれるの?」
「かくれんぼしよう!」

人形たちがそう告げると、洋館の中は一瞬で炎に包まれる。

10階のボス、ヘルファイア・メイデンとの対決がスタートした。

14話①ヘルファイア・メイデンとの戦い

10階をクリアする方法

ループする前、10階を最初にクリアしたのは炎帝だった。

最強のギルド「黒龍」が30回も攻略に失敗する中、なぜ炎帝だけが10階を攻略できたのか?それは彼が、炎のオーラ使いだからだ。

10階のクリア方法はシンプルで、屋敷のどこかにいるたった1つの本物の人形を見つけて破壊すること。

しかしオーラでバリアしたところで、強烈な炎の中では10分程度しか持たない。そのためハンターは、本物の人形を見つける前にリタイアしてしまうのだ。

一方、炎帝は炎のオーラ使いなので屋敷に入ってもダメージゼロ。だから彼だけは、無事にクリアできたのだ。

炎帝は10階攻略時にマスコミからインタビューを受け、その際に黒龍を「マヌケども」と馬鹿にしていました。しかし実際は、ボスとの相性が良かっただけです。

孔子VSヘルファイア・メイデン

当時の出来事を思い出しながら、オーラでバリアをはって耐える孔子。

この危機的状況の中、剣帝は「あと1分が限界だな」と孔子をあざ笑い、その様子を見ていた人形たちはキャハハと笑い声をあげる。

どうあがいても勝ち目のない状況だが、それでも孔子は不敵に笑った。まずは1回ゲームオーバーになって状況確認しようと考え、ひとまず適当な人形を捕まえてみると…

人形は「はずれ!」と言って、ロウソクのようにドロリと溶ける。その後バリアが砕けて、孔子は生きたまま炎に焼かれた。

その様子を、剣帝は相変わらずニヤニヤと笑いながら見ていた。

14話②戦闘終了~スキルコピー

「ヘルファイア・メイデン」のスキル

冥界(仮)に飛ばされた孔子の前には、以前と同じようにボスのスキルカードが飛び交っている。

「約束覚えてるよね!?」

そう告げれば、剣帝は金のスキルカードを指さして内容を読み上げた。

灼熱地獄の結解(S-)
半径2㎞の空間に灼熱地獄のオーラが現れます。誰もあなたの許可なしに、この地獄から出られません

これ一択だと言って、ハイテンションで件のスキルを勧める剣帝。

しかし一方で、孔子は考え込んでいた。何かが引っ掛かるのだ。

(確かにいいスキルなんだけど、でもなんかもやもやする…)

他のスキル内容も見るように剣帝に頼むと、彼は面倒くさそうにスキル内容を読み上げるが…銀のカードを見た瞬間、その顔はわかりやすく歪んだ。

その表情を見て、孔子は確信する。これこそ俺が望んでいたカードだと。

違和感の正体

今になって思えば、最初からおかしかったのだ。

数万体の人形のうち本物は1つ。本物は炎のオーラの持ち主だから燃えないが、他の人形はなぜ燃えないのか?

答えは1つ。望む対象だけ、燃えなくするスキルがあるからだ。

火の用心!(A)
あなたが指定したものは炎を無効化し、もう燃えません。

このスキルがあれば、燃えさかる屋敷の中でも身を守れる。つまりボス戦も賭けも、孔子の勝ちでほぼ確定。

そのため剣帝は必死になって「灼熱地獄の結解」を勧めるが、孔子は迷いなく「火の用心!」をつかみ取った。

ペナルティの発動

光に包まれながら、孔子は笑う。そしていつも通り、24時間前にループしようとするが…

その時ウィンドウに「スキルによるペナルティが発生します」と表示された。

目を見開く孔子。

どういう事だと叫ぶも、答えるものはいない。

ウィンドウには「モンスター“ヘルファイア・メイデン”のトラウマを生成します」と表示されていた。

⇒15話ネタバレはこちら

『死して生きるSSS級ハンター』ネタバレ感想

感想というかツッコミ

ネタバレ

自分の命をコイン扱いするあたり、孔子はもう死への恐怖感がバグっていますね。

いや、最初から知っていましたけど…いくら何でも軽すぎません?孔子、大丈夫?

考察①「トラウマ」がキーワードか?

13~14話にかけて、2回「トラウマ」という言葉が出てきましたね。

まず1回目が、孔子がレベルアップした時。剣帝によれば、オーラの型には”トラウマ”が反映され、孔子のオーラは血か炎らしいです。

そして2回目が、14話のラスト。ループ直前にペナルティが発動して、ヘルファイア・メイデンのトラウマが生成されました。

重要な局面でこれだけ”トラウマ”という言葉が出ているとなると、今後はこれがキーワードになるのかなと思います。

もしかすると、この漫画のテーマには「トラウマの払拭」なども含まれるのかもしれません。

考察②15話以降の予想

15話以降で、恐らく孔子は敵のトラウマを見せられるのでしょう。

そしてこの手のパターンだと、大抵エグイ映像を見せられるのがオチです。ゲームでも漫画でも、お決まりのパターンですから。10階のボスは、過去にひどい経験をしたのかなと思います。

理性のないモンスターだろうと、悲しい過去を抱えているパターンは多いんですよ。

例えば『テイ〇ズオブエターニア』とか『FF:クリスタルク〇ニクル』とか。悲しいモンスターが登場していました。

ちなみにこの2作品は、管理人のトラウマです。わかる人にはわかるかと。

⇒15話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA