『ハーレムの男たち』9~10話のネタバレと感想!ハーレム設立と側室選び


韓国のマンガ『ハーレムの男たち』のネタバレ感想です。9話~10話までのストーリーについて紹介します。

前回のラストでは、ラトラシルの即位式前に兄・レアンが登場しました。しかし彼は、祝いの席に不似合いな憂い顔。一体何を考えているのでしょうか?

⇒ネタバレ一覧はこちら

『ハーレムの男たち』9話ネタバレ

トゥーラの心情

兄・レアンの訪問を心から喜ぶラトラシル。そして彼を客室へと通しますが…ソファに腰掛けるなり、彼は沈痛な面持ちで告げました。

「本当にトゥーラを処刑する必要があったのか?」と。

どれだけ関係が悪くても、トゥーラは血のつながった兄弟。それに執権の初期には、寛容な振る舞いも必要となります。

だからレアンは、丁寧に彼女を説得しました。

しかしその言葉に、彼女は「兄上には反対派がいなかったじゃない」と反論します。

というのもラトラシルが皇太女だったときは、他の兄弟姉妹と比較されて敵も多かったのです。

そのため寛容な姿よりも、断固たる姿勢を見せる必要がありました。

それに何より、ラトラシルは味方を失いたくありません。100人の味方より、1000人の敵が血を流した方がマシだと思っています。

その言葉にレアンははっとします。そして立ち上がると、彼女を抱きしめました。

ひよこ
苦境にいるのは、あくまでラトラシル。だからこれ以上は何も言えないね。
白うさ
物分かりのいい兄だね。賢者だから賢いのかな。

ラトラシルの即位式

大宴会場には大勢の貴族たちが集まり、ラッパの音が鳴り響きます。

そんな中、堂々たる態度で入場するラトラシル。彼女が王冠と宝物を手にすれば、その場にいた全員が跪き「ラトラシル皇帝陛下万歳!」と忠誠を誓いました。

初めての御前会議

そして即位式の後、ラトラシルにとって初めての”御前会議”が行われます。

初回の御前会議では通常、上級官吏は新しい皇帝側のもの入れ替わるものですが…

ラトラシルは人事異動をほとんど行わず、そのまま現状を維持します。入れ替えがあったのは、反逆罪で処罰された役人の席のみ。

官吏の大多数がまだ現役だったので、彼女はあえて追い出す必要もないと判断しました。

ハーレムの設立が決定する

するとアトラクシー公爵が、皇配(夫)をいつ迎えるのかと質問をしました。

通常、皇配となるのは1人だけ。側室を何人も置いていた先代皇帝とは違い、女帝であるラトラシルは1人の夫しか持たないだろう。

それが貴族たちの常識であり、公爵は「皇家を安定させるためにも早々に結婚すべきだ」と主張したのです。

しかしその言葉を聞き、ラトラシルは疑問に思います。

(歴代の皇帝たちは数多くの側室を迎えたのに、私には皇配を一人だけ迎えろと?)

だから彼女はクスっと笑い、”男の側室を5人ほど迎える”と宣言しました。

すると当然ながら、アトラクシー公爵を反対します。他の貴族たちもざわめき、気難しい顔をしますが…

彼女は怯むことなく、側室を迎えるメリットを説明します。皇后が一人だと外戚が勢力をつけてしまうから、均衡を保つためにも側室を置いた方がいいだろう…と。

さらに彼女は、楽しそうに笑いながら「私が男の側室を置けば、そなたらの子息が女帝を嫁に持つことも夢ではなかろう?」と告げます。

するとその言葉に、否定的だった貴族たちは反応しました。

現在の皇配候補は、アトラクシー公爵の息子・ラナムが内定済み。しかし側室を迎えるなら、他の貴族たちも皇族の座を狙えるでしょう。

結果ラトラシルの案は採用され、ハーレムの設立が決定しました。

ハーレムの側室選び

後日。

ラトラシルが執務を行っていると、ハーレムの担当官が入室します。

すると彼女は「他国の側室も置きたい」と担当官に説明し、そのための使節団を送る国も指定しました。

カリセンへと使節団を送り、ヒュアツィンテに嫌がらせをしてやろうと考えたのです。

またこの時、彼女は”ラナムン”について側近に尋ねます。

アトラクシー公爵は、ラナムンを皇配にしたがっていました。けれど今、側室にしてまでその座に就かせたいのか気になったのです。

その言葉に側近は「ラナムン君でしたら、公爵が無理やり側室にしようとしても来ないでしょう」と答えますが…

その時の2人は予想すらしませんでした。ラナムンが自ら、側室へと立候補するなどと。

『ハーレムの男たち』10話ネタバレ

その頃のアトラクシー家

ラナムンは執務室を訪れると、アトラクシー公爵の目の前で「側室に立候補する」と宣言しました。

一見すると無表情ですが、その瞳には静かな怒りが宿っています。

というのもラナムンは、ラトラシルが5人も側室を迎えることに怒っていたのです。

そして父親が手にしている”側室への志願書類”を強引に奪うと、そこに自身の名前をサインします。

またこの時、ラナムンは”夜の技”が記された書籍を用意するよう父親に頼みました。

ラナムンが側室に立候補した理由は、本編に明記されていません。しかしラナムンが皇配候補者だったことを考えれば、彼は現状に不満を抱いているはず。プライドも傷ついたでしょう。

カリセンへの親書

側室の件は、ヒュアツィンテにも伝わります。

しかもラトラシルは、彼宛に「ハーレムを作って側室を向かえるから、適当な男性をあなたが見繕ってちょうだい」と親書を送ったのです。

そして当然ながら、親書を読んだヒュアツィンテは激怒。氷のように冷たい表情を浮かべ、こぶしを握り締めました。

白うさ
完全にケンカ売ってる。
ひよこ
間違いなく元カレへの嫌がらせだね。

クラインの勘違いは続く

さらに側室の件は、クラインの耳にも届きます。彼の従者が、良かれと思って報告したのですが…

するとクラインは、ソファに横たわったまま「本当に呆れた」とため息を付きました。

というのも彼は、ラトラシルからの連絡をずっと待っていたのです。そして今もなお、彼女に好かれていると勘違いしたまま。

そんな状況下で、側室の件について知らされた結果ーーー

クラインは「ラトラシルは俺に側室になってほしいのだろう」と勘違いをしました。

そして同時に、ひどく不機嫌になります。

”カリセン”はタリウム帝国に相当する大国。なのに皇子である俺を側室にしようだと?そもそも自分は2回も逃げておきながら、俺を呼びつけるとは甘く見られたものだ!絶対に断ってやる!

そう考えたクラインは、一度ヒュアツィンテと話をしようと試みますが…

従者によれば、ヒュアツィンテは「側室は送らない」と決断を出したそう。またタリウムからの使節団も、すでに追い返したとの事。

その言葉に、クラインは目を丸くしました。

⇒11話ネタバレはこちら

9~10話の感想

ネタバレ感想

※準備中

⇒11話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA