『ハーレムの男たち』5~6話のネタバレと感想!ヒュアツィンテの結婚式


韓国のマンガ『ハーレムの男たち』のネタバレ感想です。5話~6話までのストーリーについて紹介します。

前回のラストで、ラトラシルは酒に酔ったあげく醜態をさらしました。しかも記憶がないため、彼女は無かったことにしようと考えますが…

後日、結婚式の会場で彼と再会してしまいます。一体この先、どうなるのでしょうか?ネタバレを見ていきましょう。

⇒ネタバレ一覧はこちら

⇒同作者のマンガはこちら

『ハーレムの男たち』5話ネタバレ

褐色肌の青年の正体

パーティーの食事

ラトラシルが酔って絡んだ、褐色肌の青年。

彼の正体は”クライン・アビシナー”。カリセンの皇子であり、ヒュアツィンテの腹違いの弟です

白うさ
つまりラトラシルは、元カレの弟に手を出したと。
ひよこ
未遂だよ!

クライン視点~数日前~

遡ること数日前。

ちょうどラトラシルが、酒を飲んで酔いつぶれていたときの出来事。

クラインは夜の庭園を歩いている最中、泥酔したラトラシルを発見しました。酒瓶を手にしたまま座り込む女がいれば、気になるのは当然の事。彼女の醜態を見かねて声をかけますが…

完全に正気をなくしていたラトラシルは、クラインを見るなり憂い顔で言いました。

「あなたのせいよ…私がどれだけあなたを想っていると…」

傍から見れば、ラトラシルが懇願しているような状況。そのためクラインは「これほど俺を想って胸を痛める女がいるとは…」と勘違いをしました。

さらにこの男。見目麗しいけれど気性が激しいため、今まで好きだと言ってすがりつく女性がいなかったのです。

ゆえに彼はラトラシルに同情し、一晩付き合ってやります。

にもかかわらず、彼女はクラインを庭園に置き去りにしました。しかも再会したのに、目も合わせようとしません。

だから彼はしびれを切らし、彼女のいるテーブル席へと向かいました。

白うさ
いやもう全部ラトラシルが悪いよね?
ひよこ
これは擁護できない。

クラインVSサーナット

いい加減目をそらすのはやめて、挨拶でも交わしませんか?

薄ら笑いを浮かべながら、話しかけるクライン。一方でラトラシルは、全力で目を反らしますが…

そこに騎士団長・サーナットが救いの手を差し伸べます。どちら様でしょうかと言って、クラインとラトラシルの間に割って入ったのです。

が、しかし。

この時クラインが自己紹介をしたため、ラトラシルはようやく彼の正体を知ります。

本心で言えば関わりたくありませんが、皇子を無視する訳にもいきません。

そのため彼女は笑顔を取り繕いながら、さも初対面のように無難な挨拶をしました。こうなった以上、シラを切るしかないと思ったのです。

けれどあの日の出来事をしっかり覚えているクラインは、誤魔化されません。

ラトラシルが顔を引きつらせて「そろそろお兄様が登場しますよ」と促せば、ようやく離れますが…そのときも彼は「後でまた話そう」と言い残していました。

サーナットの性格

クラインが去った後。

2人のやり取りを見ていたサーナットは、あの王子がお気に召したのですか?とラトラシルに耳打ちします。

サーナットは若くして騎士団長になった実力者。そして兄・レアンの友人であり、ラトラシルとも古馴染みです。

そのため彼女にとって、サーナットは”悪戯好きな兄の友人”という印象でした。

ラトラシルがそんな事を考えていると、ふいに彼は「あの皇子と皇女様は釣り合っていません」と話し始めます。

サーナット曰く、クラインは見るからに性格に難があるのだそう。だからラトラシルに相応しくないのだと言います。

ではどんな性格ならふ私に合っているの?とラトラシルが尋ねれば、彼は意味ありげな笑みを浮かべて言いました。

「私はどうでしょう…?」と。

『ハーレムの男たち』6話ネタバレ

ラトラシルの返答

突然の口説き文句に、ラトラシルは「その冗談は不快だわ」と言って顔をそむけます。

すると彼は、困ったように笑いました。

ヒュアツィンテの結婚式

ヒュアツィンテとアイニが入場すると、会場内は拍手であふれます。そして2人は新婦の前で、誓いのキスを交わしますが…

その様子を、ラトラシルは心底不快そうな顔で見ていました。皇女として我慢するものの、笑顔は作れなかったのです。

白うさ
そうだよね辛いよね。頑張ったよ。
ひよこ
皇女って大変だね。

ラトラシルは怒り心頭に発する

結婚式の後。

会場を出たラトラシルは、荒々しい態度で客室へと戻ります。そして乱暴にドアを開けると、ソファに座り込みました。

するとそこに、心配したサーナットが菓子を運んできます。彼女はそれを一瞬で食べ終えると、相変わらず険しい表情で「怒りがここ(額)まで込み上げてきている」と話しました。

その言葉にサーナットは、すぐ帰国しましょうかと提案しますが…

ここで帰国すれば、タリウム帝国とカリセンが不仲なように見えるでしょう。だから彼女は、我慢して明日出発すると答えます。

皇女として、私情を国政に持ち込むのは相応しくないと判断したのです。

そう告げてベッドに寝転がる彼女を、サーナットはやれやれという顔で見つめました。

ヒュアツィンテは再び言い寄るが…

翌日の朝。

ラトラシルはサーナットを同行させ、再びヒュアツィンテに会いに行きます。

すると彼は、オロオロしながら「5年だけ待ってはくれないか?」と再びラトラシルに懇願しました。

白うさ
まだ諦めてないの!?
ひよこ
ラトラシルは怒っていい。

 

ラトラシルは、ヒュアツィンテの提案をキッパリと断ります。彼の立場は理解できるけれど、許すのは別問題です。

そもそも彼の言う”5年間”とは、彼女にとって非常に残酷なもの。

ヒュアツィンテはこの先、王権を確立するために多くの側室を傍に置くでしょう。そしてその度、ラトラシルは傷つくことになります。

それを指摘すれば、彼は悲し気な表情をしました。

クライン視点~ラトラシルの帰国後~

ラトラシルが王宮を出て、国境付近の街にいるころ。クラインは不満げな顔でベッドに横たわっていました。

クラインが不機嫌になった理由は、他でもないラトラシル。また会おうと告げたのに、彼女はさっさと帰国してしまったのです。

布団をバフバフと叩きながら、彼はベッドの上で暴れました。

・・・

暴れて落ち着いたのか、クラインは冷静になります。

どうせ一方的に好かれているだけなのだから気にすることはない。こんなふうに去って損をするのは結局あいつだ。俺には関係がない。

そう自分に言い聞かせました。

⇒7話ネタバレはこちら

5~6話の感想

クラインの置き去り事件(?)について

ネタバレ感想

クラインが完全に被害者。

酔っ払いに一晩付き合った挙句、庭園に置き去りにされるという可哀想なキャラクター。しかも彼は、ラトラシルに恋愛的な意味で好かれていると勘違いをします。

あまりに酷い。

ちょっと自意識過剰な気もしますが、あんなセリフを言われては無理も無いでしょう。あれは誤解します。

というか、庭に放置されたも怒らないクラインは優しいですね。普通はブチ切れますよ。

ラトラシルが割と酷い件

ラトラシルは辛い状況ですね。

別れを告げたとはいえ、まだ彼女はヒュアツィンテを愛しています。にも関わらず、彼の結婚式に参加しなければなりません。

さぞ辛かったでしょう。

本当に腹が立ったと思います。

でも、クラインを忘れて自国に帰還しちゃダメだよ…!

自分のことで手一杯でさらに記憶がないとはいえ、ラトラシルのやってることは鬼の所業です。クラインがひたすら可哀想。

ヒュアツィンテの謎行動について

3話でこっぴどく振られたヒュアツィンテ。しかし彼は、まだラトラシルを諦めていません。顔に似合わず執念深いですね。

ただ、この人の行動には謎が多いです。

本編を読む限り、ヒュアツィンテは誠実で物わかりのいい印象を受けます。でもその割に、彼はラトラシルの心境を全く理解していません。

個人的には、その点が引っ掛かりました。

2人の間には、もしかすると食い違いがあるのかもしれません。

数話前ですが、ばあやの台詞にもフラグらしき箇所がありました。

⇒7話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA