『ハーレムの男たち』23~24話のネタバレと感想!カルレインの謎めいた言葉


韓国のマンガ『ハーレムの男たち』のネタバレ感想です。23話~24話までのストーリーについて紹介します。

前回登場したゲスターは、どうやらラトラシルに恋をしている様子。どんどん人間関係が複雑になりますね。

今後はどうなるのでしょうか?ネタバレと感想をまとめました。

⇒ネタバレ一覧はこちら

『ハーレムの男たち』23話ネタバレ

サーナットの秘め事

以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

”良い事”があったと言うサーナット。

ラトラシルは興味深そうに尋ねるも、彼はその内容までは教えてくれません。内に秘めておきたい大切な事なのだそう。

すると彼女は口を尖らせて、ブーブーと不満を言いました。

白うさ
結局、サーナットは何を喜んでたのかな。
ひよこ
「胸に秘める」ってことは、ラトラシル関連かな?

 

ラトラシルが”手紙の横領の件”について聞くと、サーナットは進捗状況が悪いと答えます。

ただでさえ忙しい彼が一人で調査をしているので、やはり進みが遅いのでしょう。そこでラトラシルは、自身も調査に協力すると申し出ました。

ラトラシルが任されたのは、過去に届いた321通の手紙の調査。

それぞれの差出人と手紙の内容について、チェックする業務ですが…いざ大量の手紙を目の前にすると、彼女は頭を抱えました。

手紙の調査

ラトラシルは執務室にこもり、手紙の調査をします。

調査中にふと机の引き出しに手を伸ばせば、そこに入っていたのは側室の1人・カルレインに関する資料。思えば彼とは、誓約式で少し顔を合わせただけ。言葉すら交わしていません。

そこでラトラシルは、彼に会ってみようと考えます。

カルレインは傭兵部隊の黒死神団団長。死人のような真っ白な肌に、薄い金髪をもった男性です。そして言わずもがな美男子。

カルレインと過ごす夜

夜も更ける頃。

ラトラシルは側室たちの住む離宮を訪れ、カルレインの部屋へと向かいます。しかし部屋に入るまでもなく、彼は入口付近で待っていました。

ひよこ
事前に連絡してたから、スタンバってたみたい。
白うさ
優しいね。

カルレインのエスコートを受け、寝室へと案内されるラトラシル。終始無言の彼に、何と声をかけるべきか迷っていると…

彼は背後からすっと近づき「長らくお待ちしておりました、主人」と言いました。

その言葉に、ラトラシルは驚きます。入宮してまだ2日目なのに「長らく」と言うのは奇妙。おまけに、彼の息はひどく冷たいのです。

不可解に思って尋ねれば、カルレインは入宮するずっと前から彼女を待ち続けていたそう。

しかしラトラシルは、彼と出会った記憶がありません。

おまけに彼は、真顔で「生まれる前からあなたを知っていた」とまで言う始末。傍から聞けば、意味の分からない言葉ですが…

ラトラシルは「皇太子の妹ともなれば国民どころか外国人でも知っているから、以前から私と結婚したかったのだろう」と結論付けました。

不思議な言動をするカルレイン

彼女がそんな事を考えていると、首筋にカルレインのキスが降ってきます。

先程から、グイグイと押しの強すぎる彼。さすがに身の危険を感じたラトラシルは、引きつった笑顔で彼を引き剥がします。

また彼は”主人”という独特な呼び方をするので、”陛下”と呼ぶよう注意しますが…カルレインは全く意に介さず、再び近づこうとします。

苛立ったラトラシルは頭突きを食らわせますが、ダメージゼロ。そして迫りくる彼に危機感を覚え、ついに「やめて!」と大声を出しました。

ひよこ
色気も何もあったもんじゃない。
白うさ
誰か!サーナットを呼んで!

『ハーレムの男たち』24話ネタバレ

「生まれる前から知っていた」

ラトラシルが大声を出すと、カルレインは一瞬ピタリと止まります。そして今度は態勢を低くすると、目の前にあった彼女の指をかじりました。

さらに行為はエスカレートし、ベッドへと押し倒されるラトラシル。しかしキッと睨んで「降りなさい」と言えば、彼はようやく離れました。

そしてラトラシルは、自分のマントをねじって細くするとベッドの縦半分に”境界線”を作ります。

今夜は共に寝るけれど、この線を超えないで。

彼女が怒って命令すると、カルレインはムスッとしながらも従いました。

・・・

何事もなく夜を過ごした2人。

マントを羽織って退出する際、ラトラシルは彼に尋ねます。「本当はいつから私を知っていたの?」と。しかし彼は、昨夜と同じく「生まれる前から」と答えるだけ。

納得のいく答えを得られず、ラトラシルは無言で部屋を出て行きました。

ひよこ
「生まれる前から」ってどういう意味だろうね。
白うさ
ファンタジー系によくある転生ネタに1票。

クラインの嫉妬

離宮の廊下を、プンプンと怒りながら歩くラトラシル。意味の分からない事ばかり言うカルレインに苛立っていたのです。

しかし、間近で見たカルレインは想像以上の美青年。色気のある彼の姿を思い出し、ラトラシルは少し頬を赤らめました。

するとその時「陛下!」と呼び止める声がします。

声の主はクラインで、彼は駆け寄ってくるなり「なぜ俺を弄ぶのですか!嫉妬心を煽るためですか!」と涙ながらに訴えました。

2日経ってもラトラシルが部屋に来ないため、クラインは我慢の限界だったのです。

なにせ彼視点では、自分こそが皇帝の寵愛を受ける存在ですから。

しかし、ラトラシルは彼の言いたいことが理解できません。

なので満面の笑みで「あなたは本当に神秘的ね。頭の中をのぞいて見たいよ、心から」と答えました。

ひよこ
つまり「言葉の意味がわからない」って事だね。
白うさ
辛辣う!

するとクラインは、その返答を都合よく解釈します。少女漫画のヒロインのごとく、頬をポッと染めながら「そんな事を言うなんて露骨ですね」と照れました。

・・・

宮廷の自室へと戻ったラトラシル。

侍従のシャレー侯爵に、カルレインとクラインに贈り物をするよう命令します。クラインにも贈るのは、もちろん彼のメンツを守るため。

また彼女は、カルレインの過去を調べるようシャレー侯爵に命令しました。

⇒25話のネタバレはこちら

23~24話の感想

カルレインの謎

ネタバレ感想

カルレインはいったい何者なのでしょうか?

彼は本編で「生まれる前からラトラシルを知っていた」と言っていますが、これはどういう意味なのか気になりますね。

もし言葉通りだとしたら、普通の人間ではないという解釈になりますが…そうなると、色々なパターンが考えられます。

そもそも生まれる前から意識があったとなれば、人間かどうかすら怪しいですね。

なにせ彼からは、人間味が感じられませんから。

またカルレインについては「息が冷たい」と表記されていましたが、これは伏線でしょうか。側室に人外が混ざっているとか、そういう話?

⇒25話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA