『ハーレムの男たち』21~22話のネタバレと感想!ラナムンの苦悩とその原因


韓国のマンガ『ハーレムの男たち』のネタバレ感想です。21話~22話までのストーリーについて紹介します。

前回、ラトラシルが初夜の相手として選んだのはラナムンでした。しかし夜が明けた後、彼はなぜか不満そうな様子。一体、夜に何があったのでしょうか?

ネタバレと感想をまとめました。

⇒ネタバレ一覧はこちら

『ハーレムの男たち』21話ネタバレ

ラナムンVSタッシール

突然、ラナムンに”壁ドン”をされたカルドゥーン。圧倒的な美貌を目の前にして、男とは知りつつも頬を染めます。

するとラナムンはそのままの体制で「どうだ?」と尋ねました。

その質問にカルドゥーンは、うっとりと頬を染めながら「心臓がドキドキしてキスしたくなります」と答えます。その言葉にラナムンは、神妙な顔でため息をつきますが…

そこに「わぁ、偽装結婚か。禁断の愛?」と予期せぬ声が聞こえました。

声のする方を見れば、そこに立っていたのはタッシール(17話登場)。彼はニヤニヤしながら、男同士でくっつく2人を面白そうに眺めました。

白うさ
まさかBLと誤解された?
ひよこ
いや、これは揶揄ってるだけだよ。多分ガチだったら素通りする。

が、しかし。

タッシールの悪ふざけは通用しません。なにせラナムンは今、非常に不機嫌ですから。そのため彼は、怒りを隠すことなく”ガン”を飛ばします。

すると、その表情を見てヤバいと思ったのか。タッシールはそそくさと退散しました。

・・・

オロオロと戸惑うカルドゥーン。

一方でラナムンは彼をちらりと見て、また一人でスタスタと歩いて行きます。そして再び、初夜のことを思い出していました。

初夜の真実~ラナムン視点~

「美しい」
「キスしたくなる」

先程のカルドゥーンの反応を思い出し、ラナムンは「これが正常な反応なのに」と落胆しました。

というのもラナムンは昨日、ラトラシルに拒否されたのです。

彼女は部屋に来てくれたものの「今日は疲れたので寝ましょう」と言って、ベッドでさっさと寝てしまいました。

そのためラナムンは、初夜なのに何もできませんでした。

唯一した事といえば、腕枕くらいのもの。

白うさ
まじか。
ひよこ
これは可哀想。ラナムンは泣いていい。

そしてラナムンは、追いかけて来たカルドゥーンに初夜での出来事を明かします。すると当然ながら、彼は目を見開いて驚きました。

ゲスターとラトラシル

ラトラシルが書庫に入ると、そこには既に先客がいました。

本に囲まれたその部屋で、窓のフチに座りながら1人読書にふける優しそうな青年。彼こそが側室の1人、ゲスター・ロルド。

こんな日まで読書をするゲスターに、彼女は笑いながら声をかけました。

ラトラシルに気付いたゲスターは、みるみるうちに頬を染めます。そして明らかに焦った様子で、周囲をキョロキョロと見回しますが…

彼女は気さくな態度で「もう逃げる必要もないでしょう?」と言い、ゲスターの隣に座りました。

というのも幼少期の頃から、彼はラトラシルと目が合った途端に逃げ出していたのです(しかも後から泣く)

その言葉に、真っ赤になるゲスター。本で顔を隠しながら照れるその姿に、ラトラシルは大声で笑ってしまいました。

ゲスターの気持ち

「昨日、私が行かなくて寂しかった?」

そう尋ねれば、ゲスターは顔を赤くしたまま俯きます。どうやら図星のようです。

さらに聞けば、ゲスターは昔からラトラシルに好意を持っていたよう。

彼は言葉にこそ出しませんが、態度を見れば一目瞭然でした。

大人しく気弱で、昔から変わらないゲスター。なのに、これからは曲者ぞろいの側室と一緒に暮らさなければなりません。

だからラトラシルは彼の手にそっと触れ、優しい声で言いました。

誰かに虐められたら泣かずに…いえ、泣いても良いから私に教えてね。わかった?

すると彼は、控えめながらもキュッと彼女の手を握ります。そして再び頬を染めて、あどけない表情で尋ねました。

どうして…そんな風におっしゃって下さるのですか?と。

『ハーレムの男たち』22話ネタバレ

ゲスターは恋情を抱いている?

ゲスターの表情を見て、ラトラシルは気づきます。彼はまだ、私のことが好きなのかもしれない…と。

しかし彼女はゲスターの質問に答えず、誤魔化すように立ち上がります。そしてキレイに笑いながら、彼を散歩に誘いました。

ついにタッシールが動き出す

その頃、タッシールは機嫌よく宮廷内を歩き回っていました。

そんな彼の後ろをついて歩くのは、従者のヒアラン。彼は焦りながら「陛下の寵愛を得るためここに来たのに、呑気にしている場合ですか!?」と喚きます。

しかし、タッシールはどこ吹く風。

機会があれば動くが、陛下が私のそばに来ないとどうしようもない。そう返事をして、気にせず散策を続けました。

その悠長な反応に、ヒアランは頭を抱えますが…

するとその時。タッシールは柱の影にさっと隠れて、ある一点をじっと見つめます。ヒアランもつられて隠れつつ視線の先を追えば、そこにいたのはラトラシル。

彼女はゲスターと手を繋ぎながら、宮廷内を散歩していたのです。

それを見たヒアランは、当然ながら焦ります。なにせ最も奥手だと思っていた男が、すでに行動を起こしていたのですから。

そして一方。

タッシールはすでに隠れるのをやめて、仲睦まじい2人の姿を眺めていました。

今まで悠長だった彼も、さすがに気が変わったのか。薄く笑みを浮かべながら、まずは陛下の目に留まる方法を探さなければ…と言いました。

ラトラシルの気を引くために、タッシールは彼女の”初恋”について調査しようと考えます。

初恋の相手がわかれば、好みのタイプもわかるという算段です。その計画的な戦略を聞き、ヒアランは喜びました。

ひよこ
つまりタッシールが、ヒュアツィンテを真似する…?
白うさ
それはちょっと見たい。

ラナムンの不満はつづく

仕事に疲れ、仮眠を取っていたラトラシル。するとメイドから「ラナムンが面会に来た」との報告があり、彼女は部屋を出ました。

・・・

ラナムンを夕食に誘い、テーブル席につくラトラシル。

すると彼は夕食に手を付けず「なぜ贈り物を下さったのですか?」と尋ねました。

というのもタリウム帝国では、初夜の相手に贈り物をする風習があるのです。

それに倣い、ラトラシルも彼に贈り物をしたのですが…

ラナムンとしては、何も無かったのに品物だけ貰うのは不当だと感じたのです。

だから彼は、ずっと浮かない表情。またこの時に「贈り物ではなく陛下をください」と過激な発言をしました。

白うさ
この男、とんでもないこと言うね。
ひよこ
プライドが限界突破してるんだよ。実際、実力もあるし。

しかしラトラシルは、その要求をあっさり流します。

私たちはまだ5回しか会っていない。でも、あなたはもう私の側室でしょう?なぜそんなに急ぐの?

そう言って彼女は笑いますが…結局、夕食中にラナムンの表情が晴れることはありませんでした。

・・・

「噂では聞いていたけど、すごい自尊心ね」

ラナムンが帰還した後、ラトラシルはサーナットにぼやきました。そして同時に、彼がわずかに嬉しそうな事にも気付きます。

それを指摘すれば、サーナットは”良い事”があったのだと答えます。

⇒23話のネタバレはこちら

21~22話の感想

21話の感想

ネタバレ感想

初夜に何かあったんだろうな…とは思っていましたが、そもそも2人は行為すらしていないことが発覚しました。

ラトラシルはラナムンの部屋を訪れたものの、文字通り「寝た」だけ。

疲れたと言って、1人で寝ちゃったんんですよ。だからラナムンは、あれほど不機嫌だったワケですね。

うん、わかる。あれだけ勉強したのに、そんな無下にされたらショックですよね。ひたすらラナムンが可哀想な回でした。

22話の感想

ゲスターに触発されたのか、ついにタッシールまでもが動き出しました。

計画的な彼は、まずはラトラシルの好みのタイプを探ろうと考えたようですが…

それってつまり、ヒュアツィンテを真似るって事ですよね。これはタッシールの腕の見せ所になりそうです。上手くやれば好印象。でも下手をすれば、地雷になりかねません。

元カレへの思いを忘れたいと思っているのに、元カレを彷彿とさせる男が目の前にいたら…うん。私は嫌ですね。

なので彼がどう動くのか、そしてラトラシルがどう受け取るのか。駆け引きが楽しみなところ。

⇒23話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA