乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢カタリナ!漫画1巻ネタバレと感想(前編)

スポンサードリンク

漫画『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』の1巻ネタバレ感想です。

1巻に収録されている第1章~第3章までのストーリーと、管理人の考察を紹介しています。

⇒1巻ネタバレ前編(このページ)

⇒1巻ネタバレ後編はこちら

⇒2巻ネタバレはこちら

あらすじ

>>1巻を無料で読めるサイトはこちら

前世でプレイをしていた乙女ゲームの悪役令嬢・カタリナに転生してしまった私。そんな悪役令嬢の未来は、国外追放か死亡のみ!? そんなのあんまりじゃない!? 破滅エンドを回避するために奔走してたら、今度は恋愛フラグが立ちまくり!? 「一迅社文庫アイリス」で人気沸騰中、山口悟の破滅回避ラブコメディをキャラクター原案のひだかなみがコミカライズ!

引用元:https://comic.pixiv.net/works/4024

主人公カタリナは公爵家の一人娘。蝶よ花よと育てられ、わがままなお嬢様(8歳)に育ってしまいました。

しかし、頭を強く打ったことがキッカケで、カタリナは前世の記憶を思い出します。

 

なんと、現在カタリナがいる世界は、乙女ゲームの世界。

前世で交通事故にあった主人公(17歳の女子高生)は、前日まででプレイをしていた乙女ゲームの世界に転生してしまったのです。

しかも、転生したのは「悪役令嬢・カタリナ」。ゲームどおりにストーリーが進めば、カタリナの将来は処刑か国外追放のみ。

 

乙女ゲームの破滅フラグしかない、悪役令嬢。生き残るためには、フラグを回避するしかない!

 

そこで、カタリナは破滅フラグを回避するために、ゲームとは違う方向にストーリーを進めようとします。

第1章:前世の記憶を思い出す

    引用元:乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった1巻より

処刑&国外追放を回避するために、カタリナは脳内で「ジオルド対策会議」を開きます。

ジオルドは攻略対象キャラの1人で、この国の王子。容姿端麗な天才だが、本性は腹黒い性格をしています(あ、でも優しい子ですよ)

 

とある事情からカタリナとジオルドは8歳にして婚約することになったのですが・・・

ゲームのとおりなら、ジオルドはヒロインと結ばれます。しかも、バッドENDの場合、カタリナはジオルドによって殺されてしまうのです。

ちなみに、これはジオルドが外道なワケではありません。カタリナは悪役令嬢なので、ヒロインに犯罪まがいの嫌がらせをしちゃうんですよ。だから、殺されてしまったのです。

 

バッドENDは死亡。ハッピーENDだとしても、カタリナは国外追放。つまり、彼女の将来に救いはありません。

婚約を解消したいところですが、そんなことをすれば家族に迷惑がかかってしまいます。

 

そこで、カタリナは「生き抜くために、剣と魔法の腕を磨くしかない!」という結論に達したのですが・・・

カタリナはなぜか、畑仕事をはじめてしまいます。なんでや。

 

カタリナの属性は土魔法なので、「畑仕事をすれば、魔法の威力がアップする」という、意味不明な結論に達したようですね(^^;

かくして、カタリナは剣術と畑仕事にはげむ日々を送るようになります。

 

しかも、この意味不明な行動がきっかけで、ジオルドのお気に入りになってしまいます。ジオルドは退屈な日々を送っていたので、カタリナの行動がツボにはまったみたいですね。

ヒヨコ
1章では、ジオルドがカタリナに落とされます。しかも、3日と空けずに遊びにくるほど気に入ったみたいですね。
ウサギ
ちなみに、カタリナは困ったときに「脳内会議」を開くようになります。コレが面白いので、ぜひ漫画版で読むことをオススメします♪

スポンサードリンク

『森川さんのはっぴーぼーらっきー』を無料で見る?

第2章:義理の弟がやってきた

悪役令嬢ーきーすー

引用元:乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった1巻より

ある日、カタリナの家に「キース」という少年がやって来ます。

キースは、クラエス家の分家で生まれたのですが、魔力が高いため本家(カタリナの家)に引き取られたのです。つまり、カタリナの義理の弟ですね。

 

そして、キースもまた攻略対象の1人。

ゲームでのキースは、孤独な幼少期を過ごした結果、愛情不足の反動でチャラ男に育ってしまうという設定。そんな中、学園でヒロインと出会い、孤独な心を癒されて恋に落ちるのですが・・・

カタリナにとって、キースは「第二の破滅」でもあります。

ゲームでキースを攻略した場合も、カタリナは死亡or国外追放になってしまうのです。

 

そこで、カタリナは再び脳内会議を開き、「キースを孤独にしなければ、ヒロインと恋愛しないよね?そうすれば、カタリナは破滅エンドを回避できる!」という結論に達します。

カタリナは、元々「弟か妹が欲しい」と考えていたので、キースを義弟として可愛がります。

キースを孤独にしないため、庭の散歩に誘ったり、彼が引きこもろうとしたら、扉を斧で破壊したりと・・・

アグレッシブな方法で、キーストの距離を縮めていきます。その結果、無事にキースの心をつかんだのです。

ウサギ
ジオルドに続いて、キースが落とされましたね。現在、カタリナは(無自覚に)2人の少年のハートをゲットしています。
ヒヨコ
無自覚系ヒロインの暴走は、まだまだ続くよ!

▽転生系のおすすめマンガ

悪女が転生するも、事故で前世に逆戻り!?

第3章:初めてのお茶会と新しい友達

スポンサードリンク

 

カタリナは、キースと一緒にお茶会に参加します。

そこで、メアリという貴族令嬢に出会うのですが・・・彼女もまた、つらい生い立ちを抱え、孤独にすごしている少女でした。

悪役令嬢ーメアリ

引用元:乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった1巻より

 

メアリは4姉妹の末っ子で、姉妹の中で1人だけ母親が違うのです。おまけに、メアリの母親は身分の高い女性ではなかったため、母親もメアリも、一族から歓迎されませんでした。

さらに不幸なことに、メアリが5歳のときに母親は死亡。姉妹からも悪口を言われることが多いせいで、ずっと自分に自信が持てずにいました。

 

そんなメアリの趣味は園芸。

メアリは植物を育てるのがとても上手で、彼女が育てた花は、どれも美しく咲いています。

一方、カタリナは野菜を枯らしてしまうので、メアリに植物を育てるためのコツを聞こうとします。

 

メアリとカタリナは、畑作りを通して交流を重ね、いつしか仲良しに。

植物を育てるのが上手なメアリに、カタリナは「メアリの手は緑の手なんだわ」「メアリは植物を育てる才能にあふれた特別な手を持っているのよ」と言い、メアリに笑いかけます。

 

カタリナに褒められたメアリは、無くしていた自信を取り戻し、孤独な心を癒されます。

カタリナは、キースだけでなくメアリの心も射止めたのです(ただし、本人は無自覚)

ヒヨコ
カタリナに落とされた、3人目は・・・まさかの美少女。男女問わずに誑しまくってるよ!
ウサギ
カタリナすげえええ!

⇒1巻ネタバレ(後編)はこちら

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』1巻のネタバレ感想

ここからは、ゴリ子の感想についてです。

ストーリーとしては、最近よく見かける転生系のストーリーですね。舞台は乙女ゲーで、主人公カタリナは悪役令嬢というポジション。この設定も、よく見かけます。

かくいう私も、転生系にハマってしまい、この漫画を読み始めたのですが・・・

 

1話を読んだ段階で「この漫画は絶対に面白い。間違いない。」と確信し、一気に2巻まで読み進めたところ、やはり面白かったです。

女性向けの転生系マンガでは、個人的にトップ3に入るくらい面白いと思いました。

 

カタリナの性格も好きですし、言動も面白い(特に、脳内会議)

あと、キースが非常にかわいくてツボでした♪

↓ ↓ ↓

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA