栃ノ心(とちのしん)の横綱・大関昇進の条件は?目安や年齢制限は?

スポンサードリンク

栃ノ心(とちのしん)といえば、来場所では関脇になる可能性が高いといわれている注目の力士です。また、相撲の内容も良かったことから「次は大関を狙える!」「横綱になれるのでは?」という声も多いようですが・・・

栃ノ心が大関や横綱になるには、具体的にはどのような条件をクリアすればいいいのでしょうか?

今回は、栃ノ心の昇格に必要な条件(目安)について調べてみました。

栃ノ心(とちのしん)の現在の番付

相撲2

福田愛依(めいめい)の中学高校や身長は?脚やカップの画像も

2018年(平成30年)の大相撲初場所で優勝した栃ノ心(とちのしん)。

平幕が優勝するという珍しい例だったので、ニュースでも話題になりましたね!おまけに、栃ノ心は右膝の怪我を克服して勝っただけでなく、初の殊勲賞や2度目の技能賞も獲得しました。

この結果を聞いただけでも、栃ノ心の今までの努力が垣間見えますよね?

私は相撲関係のニュースに疎いものの、さすがに栃ノ心の過去については知っていたので、優勝の話を聞いたときは「関脇に復帰できて良かったね!おめでとう!」と、感動しました・・・!

そして、今回の栃ノ心の快挙により、大手のスポーツ関係記事では「栃ノ心は大関も狙える!」と噂されています。

では、栃ノ心が大関になるためには、どんな条件をクリアすればいいのでしょうか?

ポプテピピック×サンリオのコラボTシャツ(コミケ)は通販や再販で買える?

大関に昇進する条件や目安

大関の強さは上から何番目?

スポンサードリンク

そもそも、大関はどれくらい強いのか・・・という話ですが、クラスでいえば上から2番目です。

誰もが知っている通り、番付の中で一番上のクラスが横綱。つまり、大関はその次に強いワケですね。

大関昇進の条件や目安は?

大関に昇進するための条件ですが、目安は「三役で3場所33勝」だといわれています。

ただ、番付の基準ってあいまいな部分が多いんですよね・・・そのため、3場所33勝というのも、あくまで目安にしか過ぎないそうです。

 

基本的には勝ち星が重視されますが、相撲の内容や他の力士の成績なども合わせて考えるので、運も必要になります。

例えば栃ノ心の勝ち星が多かったとしても、他の役付きの力士も勝ち星が多ければ、上がらないケースもあるようです。

逆に、上位力士の成績が悪い場合は、番付が予想外に上がるケースもあるため、勝ったから確実に昇進できるとは限らないワケですね。

運の要素が強いのは、相撲のおもしろい所だと思いますが・・・実際に戦っている力士からしてみれば、かなり不安な部分でしょう。私だったら、プレッシャーと不安で確実にメンタルがダメになりますね(笑)

 

横綱に必要な成績は?年齢制限はある?

横綱に年齢制限はある?

チェック

【ノストラダムスの予言】未来の日本で地震や戦争は?豚の友人とは?

大関が期待されている栃ノ心。本当に大関になれるとしたら、その次はぜひ横綱を目指してほしいところでしょう。

しかし、彼はすでに30歳を迎えています。

横綱に年齢制限はないのですが、「30歳から大関⇒横綱と昇進していくのは、厳しいのでは?」という意見もあるようですね。

また、稀勢の里も30歳で横綱に昇進した後に調子が悪くなったので、二の舞にならないか心配する人もいるようです。

とはいえ、個人的には「あんなに強い力士だし、30歳なんてまだまだ若いでしょ!」と思っていますが・・・私が楽観視しすぎなのでしょうか(;’∀’)?

 

横綱になるには?必要な成績

横綱になるためには、特別な昇進条件をクリアしなければなりません。

最低でも「大関の地位で2場所連続優勝かそれに準ずる成績」を満たす必要があり、そこで初めて横綱昇進になれるか検討されるとのことですが・・・

ただ、この基準も曖昧で、議論になることがあります。

本来は「最低でも『大関で2場所連続優勝に準ずる成績』」であるべきという見解が正しいのだが、それ以降「〜準ずる成績」の部分が拡大解釈され、多分に興行上の必要性もあって、連続優勝を果たさなくても横綱に昇進する例が続いた。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E7%B6%B1

一概に「この条件さえクリアすれば、横綱確定!」と言えるものではないので、判断が難しいですね(汗)

ちなみに、専門家から見て横綱になれそうなのか・・・という話ですが、前出の中澤氏によるインタビュー記事では「栃ノ心はあと5年はいける!」という話をしていました↓

「今の栃ノ心の状態なら、あと5年は相撲を取れるでしょう。力士は年齢とキャリアに応じて、相撲がうまくなる。しかし、『うまくなると衰えも早い』ともいわれている。栃ノ心は30歳だが、力強さと勢いで勝負している。しかも、相手を土俵際に追い詰めたら、腰をしっかり落として仕留める慎重さも備えています。この辺りは稀勢の里ら、日本人力士も見習ってほしいところです」(前出の中澤氏)

引用元:https://news.nifty.com/article/sports/gendai/12136-438678/

また、過去に「琴桜」という力士が32歳で横綱になっているので、栃ノ心が大関や横綱になれる可能性はあるでしょう。

栃ノ心は好感が持てる力士なので、がんばってほしいなと思います(^^♪

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA