上田仁(卓球)の身長体重や大学は?イケメンでかっこいい画像も紹介

スポンサードリンク

卓球の上田 仁(うえだじん)選手といえば、高身長のイケメンですよね。どれくらいの身長で、大学や高校はどこに通っていたのでしょうか?今回は、上田仁選手のプロフィールについて調べてみました!

卓球の上田仁選手がイケメン!身長や体重は?

プロフィール

上田仁選手

【イケメン】小平奈緒選手がかっこいい!男前なエピソードと画像紹介

  • 名前:上田 仁(うえだ じん)
  • あだ名:上D
  • 誕生日:1991年12月10日
  • 出身地:京都府
  • 学歴:青森大学
  • 身長・体重:171センチ・70キログラム
  • 趣味:音楽鑑賞
  • プレースタイル:右シェーク 裏/裏 ドライブ

(画像引用元:http://www.kyowa-kirin.co.jp/takkyu/team/ueda.html)

 

上田仁選手は『協和発酵キリン株式会社』の男子卓球部に所属し、普段は人事部で働いています。

そして、2018年2月時点で、世界ランキング27位の実力者です。つまり、協和発酵キリン卓球部のエースですよ!すごいですね( ゚Д゚)!!

▽アスリート系の人気記事はこちら!

羽生結弦選手の食事内容と朝ごはんのメニュー!制限・減量はある?

 

プレイ中のかっこいい画像

上田仁選手は人柄もよく、関係者のコメントを見たところ「責任感が強く誠実」という素晴らしい性格らしいです。

性格からしてスポーツマンというか、男性としても魅力的な方です。そんな彼のかっこいい画像がこちら↓

上田仁選手画像

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00010003-tvtokyos-spo.view-000

どうですか?かっこいいですよね!腕とか表情とか!(あくまで個人的な感想ですが・・・)

あと、卓球協会に掲載されている写真も素敵でした。笑顔がかわいいです(^^♪

公益財団法人日本卓球協会

外見だけでなく中身もイケメンな上田選手ですが、公式サイトによると、あだ名は「上D(うえでぃー)」という可愛い呼び方らしいです(^^♪

ちなみに、上田選手はすでにご結婚もされていて、お嫁さんも美人です。

➡上田仁選手の嫁や家族は?(現在執筆中)

 

学歴は?大学や高校はどこ?

スポンサードリンク

上田仁選手の学歴ですが、中学から大学まで、ずっと青森の学校に通っていました。

  • 中学校:青森山田中学
  • 高校:青森山田高等学校
  • 大学:青森大学

・・・と、10年間を青森で過ごしているのです。バリバリの青山っ子ですね!

上田仁選手が通っていた「青森山田高校」とは、どんな高校なのか・・・という話ですが、こちらは卓球の名門校として有名です。過去にも、福原愛選手や水谷隼選手など多数のメダリストを輩出してきました。

ただし、ここ最近は部員や予算が少ないらしく、一時期はニュースサイトなどで「廃部か!?」なんて話題もあったようですね(^^;

平昌オリンピックの海外の反応は?羽生結弦に中国や韓国のファンは・・・

 

ジュニア時代からの戦績

2卓球

宇野昌磨の面白いシーンと名言(語録)まとめ!ギャップで沼る人急増

次に、上田仁選手の戦績について見ていきましょう!

まず、2013年には「ジャパンオープンダブルス」と「全日本学生選手権シングルス」の両方で優勝しています。

2015年と2016年には「全日本社会人選手権シングルス、ダブルス」で立て続けに優勝。さらに、2017年も「第21回ジャパントップ12」で優勝しました。

上田仁選手は、他にもいろいろな大会に出場し、輝かしい成績を残しています(^^♪

▽国内の戦績

2007年度全日本選手権ジュニアの部 シングルス 優勝
2008年度全日本選手権ジュニアの部 シングルス 優勝
2008年インターハイ シングルス 準優勝
2008年度全日本選手権 シングルス 3位
2009年インターハイ ダブルス 優勝

2010年全日本学生選抜 優勝
2012年全日本学生選手権 シングルス 優勝
2013年全日本選手権 シングルス 3位
第24回日本卓球リーグ・ビッグトーナメント浦安大会 準優勝

2015年度 第49回全日本社会人選手権 シングルス・ダブルス 優勝
2016年度 第50回全日本社会人選手権 シングルス・ダブルス 優勝
第21回ジャパントップ12卓球大会 優勝
2017シチズンカップ日本卓球リーグ選手権大会 シングルス準優勝・ダブルス優勝
2017年度 第51回全日本社会人選手権 シングルス 優勝
平成29年度全日本選手権 ダブルス 準優勝

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E7%94%B0%E4%BB%81_(%E5%8D%93%E7%90%83%E9%81%B8%E6%89%8B)

今回は国内の大会と成績を取り上げましたが、実は海外の大会でも素晴らしい成績を残しています。

最近だと、「2017ITTFグランドファイナル (ダブルス)」で3位、「2017ITTFプラチナ・オーストリアオープン(ダブルス)」では優勝を果たしました。

そして上田選手の何がすごいかというと、ダブルスでペアが変わっても、ちゃんと結果を残しているんですよ。誰とペアを組んでもOKって、すごいですよね?

小学生のころは、中々実績が出せませんでしたが、コツコツと努力を積み重ね、中学生時代には全国トップクラスの実力まで成長した選手です(^^♪

使用しているラケットは?

スポンサードリンク

『卓球ナビ』によると、上田選手が使っているラケットは「インナーフォース・ZLC」。ラバーは表も裏も「テナジー05」との情報です。

インナーフォース旧タイプ

インナーファイバー”設計により「ボールをつかむ」感覚を実現したZLカーボンラケット。スピード、回転、コントロールなどが総合的に大変優れており、攻守において素晴らしい威力を発揮します。

引用元:https://takkyu-navi.jp/racket/detail/18

「インナーフォース・ZLC」とは、一体どんなラケットなのか・・・プロが使っているとなると、やはりお値段も高そうですよね。そして、名前的にも高性能っぽいイメージがあります(笑)

という訳で調べてみたところ、価格は18,000円でした。結構お高いですね(;’∀’)

ちなみに、この商品は廃盤となっていて、現在は生産されていませんでした。

ただし、代わりに「インナーフォース・レイヤーZLC」という新しいタイプが販売されています。こちらは「インナーフォース・ZLC」の改良版ですね。

インナーフォース新タイプ

「ボールをつかむ感覚」が特長であるインナーファイバー仕様のラケット。軽量でありながら弾みの高さとしなやかさを併せ持つZLカーボンがハイレベルなプレーをサポートします。

参考:https://www.butterfly.co.jp/products/detail/36681.html

気になるお値段は19,350円(税込:20,898円)ですが・・・こちらもやはり、お高いですね!

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA