【シノアリス】ネタバレ!赤ずきんのストーリー第1章の考察&解説


ゲーム【シノアリス(SINOALICE)】のストーリー解説をしています。今回は「赤ずきん」のストーリー第1章についてまとめました。

最悪の物語を(頭が)最悪な管理人が紹介していきます

※ネタバレ・考察・感想を含むのでご注意ください!

【第一章一節】赤ずきんのセリフ

赤ずきんの目的は?

赤ずきんは知覚する。血の匂い。暴力の音。苦痛の叫び。

ーーーこれ、大好き!もっと血を。もっと傷を。もっと悲鳴を。ちょうだいちょうだいちょうだいちょうだい!その為に作者の力が必要ならば、蘇らせてーーー

また、殺そう。

キーワードは「暴力」

『シノアリス』の各キャラクターにはキーワードが充てられています。もうお察しかと思いますが、赤ずきんのキーワードは「暴力」です。

この段階で、すでにヤバい子だと理解できますね!

グロ案件になりそうですが、次の章からは本編を見ていきましょう。

【第一章二~九節】ストーリーネタバレ

やわらかなはたわたをケーキに。あたたかい血をぶどう酒に。さあ、お見舞いにでかけなきゃ。

道草をしてはいけません。早くいかないと、おばあさんが退屈しちゃう。

とちゅうでオオカミさんい出会ったら、たのしくお話しをする前に 大きな石で頭をつぶします。

おばあさんの家についたなら、火を放ってやき殺します。

こころやさしい猟師さん。その鉄砲で お腹を撃たせてくださいな。

おばあさんもオオカミさんも猟師さんも、みんなみーんなだいすきだから、ボクが殺してあげますね。

みんなを殺してしまったら、赤ずきんのお話は終わっちゃう。そんなのいやだ。まだあそびたい。

作者をよみがえらせたなら、ずっとずぅっとあそべるかな?ずっとずぅっと殺せるかな?

ーゲーム本編より引用ー

【第一章十節】赤ずきんのモノガタリ

あははっ!痛い?痛い?痛い?痛いですかぁ?あははははっ!でもだめ。たりない。まだまだ遊んで?次はだれ?

血で染め上げられた真っ赤なフード。灯りに惹かれる蛾のように ああ、また 新たな犠牲者が現れた。

迫るオークの頭をぐちゃり!お腹を斬って引き裂いて。中にはいっぱい石を詰め込んで。池にポチャンでハイ終了。

楽しくて、楽しくて。赤ずきんはずぅっと笑ってる。もっとみんなに遊んでほしいと 赤ずきんは願ってる。

暴力 それは、赤ずきんを包む、ビロードの狂気。

ーゲーム本編より引用ー

赤ずきんは思考がぶっ飛んでますね!

『シノアリス』が公開する前、赤ずきん1章のプレイ動画が公開されていたのですが、その時にプレイヤーの梶田さんは「ろくな女がいねえ!」と叫んでいました(笑)

実際にプレイしてみると発言の意味がよくわかりますね!

⇒赤ずきんのストーリー第2章ネタバレはこちら

ネタバレ考察と感想

今までで一番ヤバイ子

教室とりんごと本

赤ずきんの厄介なところは、悪意なく暴力を振るっているところだと思います。

どんな環境で育ったら、こんなサイコな子に育つの・・・やだ、怖い・・・

通常であれば、ぶっとんだ思考回路になる「理由」があるはずですが、赤ずきんは元からサイコなイメージがありますね。

周りを恨んでいる訳でも憎んでいる訳でもなくて、好きだからコロコロするというのが本当に異常です。

 

父親と母親はどうなった?

この状況だと、赤ずきんの母親と父親はすでにいないと考えるのが妥当でしょう。

赤ずきんの台詞的に、みんな遊び相手にされてしまったのかなと。

お婆さん・狼・猟師はまだ生きているので、これから遊び相手にされるようですが…逆にこの3人、よく今まで生きてこれましたね。

特にお婆さん。どうやって赤ずきんから逃げ延びたのか謎です。

「シノアリス:最悪のネタバレ解説」に戻る

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA