LINEで「退職願」は法律上セーフ!ただし問題点があるので要注意

スポンサードリンク
Pocket

会社を辞める場合、最近ではLINEで「退職させてほしい」と伝える人がいるようです。この場合、法的には有効になるのでしょうか?調べてみました。

LINEを通じた意思表示は有効

スマートフォン

情けない話ですが、5月前半にLINEで退職させてほしいとの旨を上長に伝えもう出勤はしていません。
6月1日から新しい職場が決まっているのですが、退職届を内容証明郵便で出した方がよろしいでしょうか??

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10174182555?__ysp=TElOReOBp%2BmAgOiBt%2BOBleOBm%2BOBpuOBu%2BOBl%2BOBhOOBqOOBruaXqOOCkuS4ig%3D%3D

通常、退職する場合は上司に対して直接「退職願」を出すのが一般的でしょう。しかし、さまざまな事情でそれができない人もいます。

上の質問分は「ヤフー知恵袋」から引用したものですが、内容は「LINEで退職の意思を伝えた場合、問題はないのか」というものですね。

結論から言うと、LINEによる連絡は法的に有効です。

とはいえ、なぜ有効になるのか根拠がわからないと不安になりますよね。そこで、次の章からはLINEでの退職願いが有効になる理由について見ていきましょう。

「退職の意思」はどんな伝え方でも大丈夫?

スポンサードリンク

退職を希望する場合、退職希望の日から2週間より前にその旨を会社側に伝えておく必要があります。

そして退職の際の「意思の伝え方」については、法律上制限がありません。つまり、LINEであってもきちんと連絡しているので、法的には有効になるです。

ただし、実は問題点もあります。

例えば務めている会社に「退職するときには書面で教えてね」という就業規則があれば、就業規則が有効になる可能性があるのです。実際に、そのような判決が過去にあったそうです。

このようなリスクがあるので、退職については書面で申し出たほうが安全でしょう。

LINEで退職願を出すと、実はこんなリスクが・・・

退職については、会社と労働者の間で争いになるケースもあります。例えば今回のケースであれば「退職の意思表示をしたか」という点が論点になるでしょう。

その時には、当然ながら「退職の意思を伝えましたよ!」という証拠が必要になりますよね。しかし、LINEの場合は操作ミスなどで記録が消えてしまう可能性があるのです。そうなると、証拠がなくなります。

このような理由から、退職届は書面で出したほうが確実だと言えるでしょう。

まとめ

LINEでの退職願は法律上OKということになっています。とはいえ、この行為は一般的には非常識に思われる行為ですよね。掲示板を見たところ、今回取り上げた「LINEで退職希望はOK?」という質問に対して辛辣な意見が多かったです。正直な話をすると、私もそのように思います。

ただし「会社側に問題がなければ」の話です。

数多く存在する会社の中には、いまだに従業員に対して暴力をふるったり暴言を吐いたりする社長(上司)がいるんですよ。

実際に、私が以前勤めていた会社がそうでした。セクハラ・パワハラは当たり前のように行われていました。あの時期は怯えながら働いていましたよ!

ちなみに私は電話で退職する旨を伝えたのですが、その後に労基署に直行しました(笑)当たり前ですが、その会社には労基署からの指導が入っています。

こんな上司だとしたら、直接「退職したい」なんて言うのは怖いですよね。電話で連絡したとしても、暴言の嵐が待っています。私がその会社を退職した時には「直接会ったら、社長に殴られそう・・・」と不安に思ったものです。

「電話するのも怖い」という人だと、退職意思の伝え方がメールかLINEのどちらかしかない・・・という思考になるのかもしれませんね。

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA