【簡単】重力波の発見で何ができる?日常に利用できるのか【解説】

スポンサードリンク
Pocket

2017年のノーベル物理学賞が、アメリカの3名に決定しましたね!米国の男性は世界で初めて「重力波」を検出したらしいのですが・・・実を言うと私は、ニュースを見るまで「重力波が何なのか」ということすら、全くわかっていませんでした(汗)

重力波が見つかるとどんな効果があって、何ができるのか、何に利用できるのか・・・わからないことが多かったので、今回は私が調べた内容を小学生でもわかるようにまとめてみました(・ω・)ノ

そもそも重力波とは?

ufo

平賀源内って何をした人?実は職業と発明品が多い天才だった

そもそも重力波とは何なのでしょうか?まずはこの点から説明していきますね!

まずはニュースや新聞の説明を読んでみましょう。産経新聞では、下のように説明されていました↓

重力波は重い天体などが移動するときに、その重力の影響で生じた空間のゆがみが、さざ波のように周囲へ伝わっていく現象。アインシュタインが相対性理論で百年前にその存在を予言したが、直接観測されていなかった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000570-san-sctch

正直な話をすると、私は上の文章を読んでも理解できませんでした。物理も化学も成績が悪いせいか、「空間の歪みって何のこっちゃ?」という状態です((+_+))

という訳で、次の章からもっと嚙み砕いて説明していきます。上の説明で理解できる人は、2章をふっとばして3章に進んでOKです(笑)

わかりやすく簡単に説明すると

スポンサードリンク

重力波の意味ですが、これは「海に浮かんだ船」を想像するとわかりやすいのかなーと思います。

船が動くと、周りには波ができますよね?こんな風に、重さのある物体が動くとその影響で「空間のゆがみ」ができて、それが波になって周囲に伝わっていくそうです。これが重力波ですね。

因みに、ややこしいのですが地球に存在している「重力」と「重力波」は違うものです。

※質問掲示板でわかりやすい解説を見つけたので、こちらも紹介させていただきます↓

例えば、船が海を進むと波ができますよね?そのように、質量がある物体が移動すると時空間が歪み、時空間の波が発生します。特に、超大質量かつコンパクトな天体であるブラックホールや中性子星などの連星系では、2つの天体が合体する際に大きな重力波が発生するのです。

引用元:http://lineq.jp/q/37179433

発見で何ができる?利用方法は?

ニュース

なぜ今、忍者が足りないのか?理由は給料と過酷なトレーニング修行のせい?

重力波という言葉は、ずっと前から存在していました。それこそ、アインシュタインが存在を予言していたことで知られていますよね。

しかし、検出することは非常に難しく、最近になってようやく成功したそうです。そのため、2017年のノーベル物理学賞は重力波を検出したアメリカ人男性が選ばれたんですね。

では、重力波を発見することで私達の日常にどんな影響があるのでしょうか?重力波で何ができるのか、利用方法などを調べてみたのですが・・・

結論から言うと、私達の生活に影響はないそうです。残念ながら、日常生活で使うアイテムが進化したり、便利になったりするワケでは無いんですね。

とはいえ、このような研究成果が積み重なれば、何年(何十年?)か先には私達の生活に役立つ研究成果へとつながるかもしれません。

重力波によりブラックホールの存在が確認できたこともあり、天文学的にはすごい事らしいです↓

重力波の検出は相対性理論の正しさを改めて裏付けたほか、目に見えないブラックホールを捉える新たな天文学を切り開いた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000570-san-sctch

重力波の利用により、ブラックホールのような目に見えないものを解明できる日がくるかもしれない・・・そう考えると、なんだかロマンを感じます(^^♪

100年前に予言されたものが、現在までずっと研究され続けてようやく検出されたのは素晴らしいことですよね!

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA