生姜湯は一日何杯でいつ飲むと冷え性に効果的?タイミングと量は?

スポンサードリンク
Pocket

冷え性対策として、冬になると生姜湯を飲む人は多いですよね。でも、一日何倍の量を飲めば効果が出るのでしょうか?また、生姜湯を飲むタイミングはいつがベストなのでしょうか?

生姜湯ってどんな効果があるの?

生姜の種類

食べ物

東京の足湯カフェで人気のお店は?新宿/渋谷/上野のおすすめ

生姜といえば、インドや中国では昔から医薬品や食用品として食べられていた食べ物です。一口に生姜といっても一種類ではなく、栽培方法や大きさによって、それぞれ3種類に分けられています。

◆栽培・収穫方法で分類=根生姜・葉生姜・矢生姜の3つ

◆大きさで分類=大生姜・中生姜・小生姜の3つ

冷え性に効果はある?

生姜は、古くから民間療法などに使われてきました。とりわけ、生姜を加えた「葛湯」は、風邪の治療法として有名ですよね。

これは、葛湯に生姜を加えることで、「体を温める」「免疫力を高める」などの効果が期待できるためです。体を温めてくれるので、冷え性対策として飲んでいる女性も少なくないようです。

因みに、生姜湯以外にココアなども冷え性対策として効果が期待できます。ただし、中には逆効果なお茶もあるので、気になる人は下の記事で確認してみてくださいね!

➡冷え性におすすめと逆効果のお茶は?ノンカフェインやホットミルクは効く?

どんな病気に効くの?

生姜にはいろいろな効果があるのですが、食べ方や組み合わせなどによって効果が違うので、ここでは割愛します。今回のテーマは冷え性なので、ここでは「生姜は冷え性にも効果がある」という点を抑えておきましょう

他の野菜も、熱するか生で食べるかによって、摂取できる栄養素の量に違いがありますよね?それと同じで、生姜も食べ方によって効果が変わるそうです。

よく生姜の効能として「腹痛や吐き気を押さえる」「うつを抑制する」など、いくつもの内容を箇条書きにしているサイトを見かけますが、これらは生姜湯として飲んだ場合の効果ではありません。

恐らく、生姜に期待できる効果全般を書いたものなのでしょう。生姜湯を飲んだだけで、体の不調が何もかも一気に治る・・・なんてことは無いはずです。

むしろ、そんな効果があるならもっとバカ売れしているかと思います。

▽体調不良が続く人への対策法

やる気が出ない時・元気がでない時の対処法!科学的なストレス解消法まとめ

冷え性が飲む量は一日何杯がベストか

一日の適量は1パック

スポンサードリンク

では、生姜湯は一日に何杯飲むのが適量なのでしょうか?生姜湯の販売サイトを調べてみたところ、目安は1日当たり1パック程度でした。あまり飲みすぎるのは、良くないようですね。

◆上野屋本舗の生姜湯

1日あたり1パックを目安にお召上がり下さい。

お好みによりお湯の量を加減してお召上がり下さい。

引用元:http://www.uenoya.com/product/prd001.html

サンワ食品の温効生姜

●温効生姜のお召し上がり方

1日1〜2包を目安に、1包を120mlのお湯で溶かし、よくかき混ぜてお召し上がりください。(原料の成分が沈殿しますが、品質に問題はありません)

引用元:http://onkoh.com/lp/onkoh/161128/

飲みすぎはNG

1日1パック、多くても2パックと書かれている販売サイトが多目でした。あくまで目安なので、薬局で売られている薬のように「絶対に使用料を守ってね!」という訳ではないようです。

ただし、飲み過ぎはやはり良くないようです。寝る前などにどうしても寒くなった時は、下の記事で書いているように、冷え対策に効果的な服装をする方法もあります。

冷え性が寝るときの服装や格好は?パジャマや足元グッズの選び方

また、生姜湯を飲んだからといって、すぐに冷え性が改善される訳ではありませんので、うっかり飲み過ぎないようにご注意くださいませ(+_+)

因みに、生姜湯の販売サイトを調べてみた感想ですが、効能や使用法をきちんと記載しているサイトって意外と少ないですね(汗)

いつ飲むべき?タイミングを教えて!

watch

福袋のコートやアウターがいらない時は?着ない服の賢い活用法

生姜湯を飲むタイミングとして効果的なのは、朝や夜だと言われています。というのも、体が冷えやすい時間帯だからです。

人の体温は、1日中ずっと同じ温度ではありません。体温が低い時間帯があれば、その一方で高くなる時間帯もあるのです。一般的には、体温は活動する時間帯(昼間)に高くなり、活動休止する朝や夜に低くなる人が多いでしょう。

体温が低いと、動くのが億劫になったり、布団から出るのが嫌になったりしますよね?そのため、体温が低い朝や夜に生姜湯を飲むと効果的だと言われているのです。

言い換えると、体温が低い時間帯に生姜湯を飲んで、活動モードに切り替えるということですね!

ただし、「必ず朝夜に飲むべき!」という訳ではありません。寒いと感じた時に飲んでも大丈夫なので、あなたの体調と相談してくださいね(^^♪

参考:http://onkoh.com/column-cat/881/

 

まとめ

いかがでしたか?生姜湯は、一日に1~2パックが目安です。あまり飲みすぎないようにしましょう。また、飲む時間帯は体温が低くなりやすい朝や夜がおすすめです。

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA