漫画のネタバレサイトは違法!どこまでがセーフでどんな人が逮捕されるのか?

スポンサードリンク
Pocket

漫画のネタバレサイトは違法?運営者が逮捕された理由

パソコン画像

【恐怖】青い鯨(クジラ)のゲーム内容と命令が怖すぎる!やり方も調べてみた

以前から問題になっていた「漫画のネタバレサイト」の存在。著作権的にアウトなのでは・・という声は多いものの、実際に逮捕されたという話は、中々聞きませんよね。しかし、2017年9月6日にとうとうネタバレサイト運営者が逮捕されました。

沖縄県の自称・自営業の上原暢容疑者(30)ら3人は、週刊少年ジャンプに連載されている人気漫画「ワンピース」などを漫画発売前にネット上のサイト、いわゆるネタバレサイトに掲載した著作権法違反の疑いが持たれています。警察によりますと、上原容疑者らは、サイトの運営で約7400万円の広告収入を不法に得ていたとみられていて、容疑を認めています。いわゆる漫画ネタバレサイトの検挙は全国で初めてです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170906-00000056-ann-soci

逮捕された男性たちは、漫画『ワンピース』のネタバレ画像をサイトに掲載して広告収入を得ていました。これは、全国初の検挙です。

その額はなんと、7400万円。

すごい金額ですよね。何年かけてこの金額を稼いだのか疑問ですが、漫画のネタバレサイトってこんなに儲かるものなんですね・・・

とはいえ、逮捕者が出たということは、ネタバレサイトの一部は明らかに違法だと言えるでしょう。

どこからがアウト?逮捕される人とされない人の違い

スポンサードリンク

全てのネタバレサイトがアウトではない?

程度の差はありますが、漫画のネタバレサイトってたくさんありますよね。とはいえ、今回逮捕されたのは男性5人だけで、他のネタバレサイトの運営者は逮捕されていません。

ということは、全てのネタバレサイトがアウトという訳ではなく、恐らく度を越したネタバレサイトがアウトなのでしょう。

では、アウトになるサイトとセーフのサイトには、どのような違いがあるのでしょうか?

画像や公開時期が逮捕理由?

ニュースによると、ネタバレサイトの運営者は漫画の画像を、ジャンプが発売される前に、ネット上に公開していたそうです。そして、逮捕理由については次のように記載されていました。

人気漫画の画像発売前にネット上に掲載したとして、男ら5人が逮捕されました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170906-00000056-ann-soci

上の文章をよく読むと、「画像を掲載したから逮捕」ではなく、「画像を発売前に掲載したから逮捕」と書かれていますね。

そして問題になったサイトは、一つのコマではなく、漫画をページごとスキャンして読み取り、ネット上にそのまま無断転載していたようです。引用であれば逮捕はされませんが、これは引用ではありませんよね。

完全にアウトですし、集英社の利益が減ってしまいます。

「ワンピース」だけを見るためにジャンプを毎週買っている人も、中にはいるはずなので((+_+))

▽ネット上のコメント

結構前からネタバレサイトは問題になってたけれどとうとう逮捕者が出たか。
ジャンプ早売りする売店も悪いんだよなぁ。

その「ちょっと」を待てないと、作者にカネが回らなくなる。
結局創作活動が続かなくなって最後は連載中止。
中止に追い込んだ犯人の片棒はそのサイトを見に行ったヤツら。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/videomain?d=20170906-00000056-ann-soci

逮捕されないブログの違いは?引用ならばOK

ソーシャルネットワーク

私もブログで漫画のネタバレをすることがありますが、実は一度も警告されたことがありません。

私の書いたネタバレ記事がどんなものなのか・・・という話ですが、あくまでメインは「漫画の感想や考察」で、ほとんど文章だけで構成された記事です。大まかなストーリーを伝えるために、必要であれば原作のセリフやあらすじを使用することはありますが、あくまで引用する程度です。

▽そもそも引用とは?

引用(いんよう、英語:citation, quotation[1])とは、広義には、他人の著作を自己の作品のなかで紹介する行為、先人の芸術作品やその要素を自己の作品に取り入れること。報道や批評、研究などの目的で、自らの著作物に他の著作物の一部を採録したり、ポストモダン建築で過去の様式を取り込んだりすることを指す。狭義には、各国の著作権法の引用の要件を満たして行われる合法な無断転載等[2]のこと。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8

画像についてですが、原作の画像を使用することはありますが、この場合も必要に応じて1コマだけ・・・という状態ですね。もちろん、ネタバレも雑誌でストーリーが公開された後です。

因みに、私のネタバレ記事は下のような感じになっています。見ての通り、記事の大半は自分で考えた文章となっています。

『累 -かさね-』原作漫画の最終回はどうなる?考察からラストを予想(ネタバレあり)

必要な範囲で、他の人が作った画像や文章を使用するのであれば、これは「引用」となるのでセーフですね。引用の場合は逮捕されないはずです。

もし「自分のブログに問題が無いかどうか不安・・・」と感じた人は、引用のルールを確認してみてくださいね(^^♪

※もし、「他にもこういうケースが逮捕される」という情報をご存知でしたら、教えていただけるとすごく助かります!

スポンサードリンク









2 件のコメント

  • 「文章のみで画像を使わず、ネタバレ時期も遅いサイト」
    これは完全に間違い

    アウトかセーフかの境目は「引用」か「転載」か? だけです
    引用については著作権法を調べてください
    どういう要件を満たせば引用になるかはそれでわかります
    引用なら無断で画像や文章を載せてもまったく問題ありません

    後は著作権法違反は現状親告罪なので、版権元である集英社の判断一つです

  • ななしさんへ
    ご指摘ありがとうございます!
    ななしさんが指摘している著作権法については、私も記事を書く前に要約を読んだのですが、私が書いた文章だと意味が伝わりませんね(汗
    画像を使わなくてもネタバレがアウトになるケースはありますし・・・問題がありそうなので、文章を修正しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA