映画『夜明け告げるルーのうた』はポニョのパクリ?違いを探してみた

スポンサードリンク
Pocket

アヌシー国際アニメーション映画祭で、22年ぶりに日本の映画が「長編部門クリスタル(グランプリ)」を受賞しました!受賞した映画のタイトルは、「夜明け告げるルーのうた」。人魚の少女と人間の少年によるファンタジー映画として、ネット上でも話題を呼びました。

しかし、一部では「夜明け告げるルーのうた」がジブリ映画の『ポニョ』に似ているという声も出ています。では、2つの映画にはどのような違いがあるのでしょうか?

映画「夜明け告げるルーのうた」のあらすじ


「ルーのうた」と「ポニョ」の違いを探るために、まずはあらすじをチェックしておきましょう。大まかなストーリーがわからないと、そもそも比較さえできませんよね?

▽映画のあらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国夫と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。

しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

引用元:http://lunouta.com/#intro

ストーリーに違いはある?

スポンサードリンク

「ルーのうた」のストーリーをざっくり説明すると、心を閉ざした少年(カイ)と人魚の少女(ルー)による物語ですね。そして、人魚は人間に恐れられている存在です。

この時点で、「崖の上のポニョ」とはストーリーが全然違うとわかりますよね。

主人公「ポニョ」のポニョは別に怖がられていませんし、ソウスケも家族と仲良しです。一生懸命お母さんを支える超良い子。性格・生い立ち・立場などを考えても、特に似ている部分はありません。

ただし、種族の異なる少年と少女が出会って事件が発生するという展開は同じなので、プロットは似ているのかもしれませんね。

見た目が「ポニョ」のパクリ!?

では、キャラクターの見た目はどうでしょうか?

ポニョ

『夜明け告げるルーのうた』主題歌は1997年の名曲!歌詞も映画にマッチ

上の画像はポニョですよね。こちらは、皆さんもご存知でしょう。そしてお次のルーは・・・


はい、似てませんね!

強いて外見的な共通点を上げるとすれば、2人とも海の生物だという事でしょう。

ただし、ルーは人魚でポニョは魚ですが・・・

ルーとポニョの性格は似ている

ルーとポニョ、2人の主人公は見た目こそ違いますが、まっすぐな性格はよく似ています。

どちらも素直で、自分の好きなものに対して、はっきりと声に出すキャラクターです。

ポニョは映画中で「ポニョ ソースケ スキー!」という可愛らしいセリフを言っていますが、実はルーもこんな感じで、好きなものには「好き!」と言うタイプの女の子です。

『夜明け告げるルーのうた』のテーマ自体が「心から好きなものを、口に出して『好き』と言えているか?」というものなので、主人公の性格については似ていると言えるでしょう。

余談ですが、ポニョは嫌いなものに対して嫌悪を隠しませんよね(笑)お父さんにイラっとした時は口から水を吹いて攻撃していましたし、ソウスケに近づく女の子に対しても、同じことをしていました。フリーダムな性格で羨ましいです。

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA