実写版『累 -かさね-』のキャストと原作マンガの情報まとめ

スポンサードリンク
Pocket

松浦だるま先生のマンガ『累 —かさね—』が2018年に実写映画化します。このページでは、キャストや映画のあらすじ・原作のネタバレなどについての情報をまとめていきます。メインキャストも明らかになり、映画が待ちきれませんね!

※8月5日更新:キャスト情報追加

『累 -かさね-』実写版のキャストは?

累実写まとめ

『累-かさね-』が実写映画化決定!キャストが悪いとコケる可能性も

主演を演じるのは、土屋太鳳さんと芳根京子さん。美人女優のお二人となります。

【配役】

  • 土屋太鳳=ニナ&ニナと顔を入れ替えた累
  • 芳根京子=累&累と顔を入れ替えたニナ

 

「芳根京子さんが累の役!?美人過ぎないか!?」と驚きましたよね。累を演じる時は、特殊メイクで化けるそうです。なるほど!

※他キャストの情報は随時追加していくので、少々お待ちくださいね。

▽ニナのビジュアル予想写真を作ってみました

「累(実写版)」丹沢ニナ役のビジュアルは?原作と比較してみた

映画の公開日とあらすじ

スポンサードリンク

【映画の公開日とあらすじ】

  • 公開日:2018年予定
  • 映画のあらすじ:未発表

実写版のあらすじは、まだ公開されていません。という訳で、ここでは一足先にあらすじを予想してみます!

原作のストーリーを忠実に描くなら、少なくともニナ篇までは映画のストーリーに組み込まれそうですよね。原作のストーリーを端折るなら、野菊篇以降のストーリーも書かれそうですが・・・

問題はラストですよね。原作がまだ完結していないので、映画ではオリジナルの結末になるかもしれません。原作マンガとは違った「IF」のストーリーもありそうです。

因みに、作者である松浦だるま先生の反応ですが、映画版のストーリーについては自身のTwitterで次のようにお話ししていました。

だるま先生のコメントを見た限りでは、良作映画になりそうですね!

関連:松浦だるま先生の顔や性別は?小林 銅蟲が元アシスタントって本当?

原作マンガのネタバレはこちら

原作マンガは、現在『イブニング』で連載中です。下の記事でネタバレや最終回予想をしているので、お時間のある時にでも読んでみて下さいね。

関連:『累 -かさね-』原作漫画の最終回はどうなる?考察からラストを予想(ネタバレあり)

関連:「累」12巻の発売日は?無料で読む方法とネタバレ感想を紹介

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA