ユーチューバーはバカばっかり?低学歴で頭おかしい説は本当か?

スポンサードリンク
Pocket

「ユーチューバー」という言葉を聞いた時、あなたはどんな印象を持ちますか?売れっ子ユーチューバーに対して「スゴイ」と思う人もいれば、一方で迷惑行為や不祥事を連想する人もいるかと思います。一部では「バカばっかり」「頭がおかしいのでは?」という意見も聞きますが・・・実際のところ、どうなのでしょうか?今回は、私の考察を踏まえて解説していきます。

「バカばっかり」は本当か?低学歴が多い?

「バカばっかり」と言われる理由

パソコンと牛

ドンキホーテの最新ノートパソコンの口コミや評判は?初心者は違いに注意

不祥事を起こしたり、レストランや公共の場で大騒ぎしたりする迷惑なユーチューバー。

このような過激派が炎上動画を投稿する人が多数いると「ユーチューバーってバカばっかりなの!?」という印象を持つ人もいるでしょう。

しかし、全てのユーチューバーがバカなワケではありません。常識の範囲内で、迷惑がかからないように動画撮影をしている人もいるので、最初にこの点だけ抑えて頂ければと思います。流石に、全員を一括りにするのは可哀想でしょう(;´∀`)

▽ユーチューバーの迷惑行為はこちら

ユーチューバーは終わる?ムカつく人や飽きた人続出でどうなる?

低学歴が多いは本当?

次に学歴ですが、実は高学歴のユーチューバーも多数います。過去には弁護士ユーチューバーとして話題になった人もいるので、低学歴な人ばかりではないのです。

【高学歴ユーチューバー】

  • はじめしゃちょー:富山大学
  • ボンボンTV りっちゃん:早稲田大学
  • カブキン:慶応大学
  • sasuke:慶応大学
  • バイリンガールちか:ワシントン大学
  • 水溜りボンド:青山学院大学
  • 瀬戸弘司:東京工業大学
  • PDRさん:法政大学
  • おるたなチャンネル:明治大学
  • はなお:大阪大学
  • コスケ:中央大学

 

上はほんの一例ですが、早稲田や慶応大学などの有名所を卒業した人もいますね!お笑い芸人のように、そのうち高学歴のユーチューバーが増えていくのかもしれません(笑)

▽高学歴のお笑い芸人といえば

アンゴラ村長はかわいいのかかわいくないのか?目や鼻は整形してる?

 

実は賢い!頭おかしいは嘘?

そもそもバカだと売れない?

スポンサードリンク

とはいえ、高学歴だから頭がいいとは限りません。大学卒なのにアホな人っていますよね?例えば私とか(笑)

では、ユーチューバーはどうなのでしょうか?ネット掲示板で叩かれているとおり、本当に頭のおかしい人ばかりなのか・・・その点について、私なりに考えてみました。

結論から言うと、バカではないはずです(多分)

むしろ、動画の再生数を増やすためには、ある程度の能力が必要になります。例えば、企画力とか情報収集力など・・・いろいろありますね!

少なくとも、その時の「ノリ」だけでは、売れ続けるユーチューバーになるのは難しいはずです(中にはそういう人もいますが・・・)

売れ続けるための能力とは

そもそも、ユーチューバーは日本だけでなく、海外にもたくさんいますよね?適当に動画を投稿したところで、ネットの海の藻屑になるだけです。成功してお金を稼ぐなら、次のような能力が必要になるでしょう。

【ユーチューバーの能力】

  • 動画を作るための企画力
  • ネタを集めるための情報収集力
  • 人の興味をひくタイトル付けをする能力
  • 一人でトークする能力(話術)
  • 人に好かれる見た目
  • 他のユーチューバーとの差別化

これらをクリアするとなると、結構ハードですよね?

確かに、やり過ぎた企画で不祥事を起こした人もいますが・・・ノープランで生き残れるほど、ネットの世界は甘くありません。売れっ子ユーチューバーは、人気者になるための経営戦略をねっているはずです。

 

なぜ過激な動画を投稿するのか?

パソコンを見て驚く男性

緊急SOSはiphone6/7でも使える?どこに繋がってどうなるの?

最後に、ユーチューバーはなぜ過激な動画を投稿するのか・・・という点について考えてみました。

最初に触れた通り、動画の中には他者への迷惑行為が問題になったものも少なくありません。動画の再生数を上げるためとはいえ、それはルール違反でしょう。

では、なぜそんなことをするのでしょうか?

個人的な考察ですが、恐らく「人に見てもらえる動画を作るため」です。ありきたりな内容では、動画を人に見てもらえない・・・そう考えて、過激な動画作成に乗り出すのだと思います。

売れっ子ユーチューバーでも、いずれ世間に飽きられ、収入が激減するかもしれません。それこそ、テレビで大ヒットしたお笑い芸人が、翌年にはパッタリテレビに出なくなったという話は珍しくありませんよね?

それを防ぐため・・・というか、ファンを減らさないために「より過激な内容を。話題になるような動画を」と考えてしまうのでしょう。一昔前のテレビ業界と同じですね!

というか、テレビ業界で問題になったことを、ユーチューバーが繰り返している気がします((+_+))

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA