ネイルアートに挫折した人必見!セルフ派におすすめの便利グッズ

スポンサードリンク
Pocket

ネイルアートをしている最中、凝ったデザインにしようとして挫折したことはありませんか?今回の記事では、複雑なネイルアートに挑戦する時「あったら便利」と感じるアイテムをまとめました。

ネイルシール

ネイルアートエナメル

ネイルをこったデザインにしようとすると、花柄などのイラストを入れてみたくなりますよね。しかし、自分で描くとなると難易度が高いです。

バラなど凝った柄を入れるとなると、一発で上手に描くのは難しいでしょう。私は何度か試しましたが、紙に描くだけで精一杯でした。当時は爪に描くのを断念して、ネイルシールで妥協したものです(あ、現在は描けるようになりましたよ!)

ネイルシールは100均でも売っているので、手ごろな価格で手に入ります。種類も豊富なので、お好きなデザインが見つかるでしょう。

ネイルシールの使い方は簡単です。透明のフィルムを外したら、シールを爪に乗せて伸ばすように貼り付けていくだけなので、不器用さんでも問題ありません。シールを貼るだけなので、忙しくて時間の無い時でも気軽にネイルアートを楽しめますね。

ラインストーン

ネイルパーツの中でも、存在感がアップするラインストーンは個人的におすすめです。何にでも使える使えるお役立ちアイテムなので、携帯電話やアクセサリーなどにつけている人をよく見かけます。私は、あまり大量には付けず、ワンポイントとして使うのが好きです。

個人的な好みになりますが、落ち着いた雰囲気のマニキュアとラインストーンを組み合わせるのが好きです。ブラウンに金のラインストーンをいれると、ちょっと豪華な雰囲気になっておススメです。30~40代の女性にもマッチします。

シールタイプになっているものが多いので、いちいちボンドを付ける必要もありません。普段のネイルに飽きた時、お手軽に雰囲気を変えられるアイテムです。

お手入れ用品も忘れずに!

キレイなネイルを作るためには、ネイルケアも必要です。爪の形を整えて、汚れを落として、爪の薄皮の処理をして……と、マニキュアを塗る前のお手入れは、やることが多い上に使うものも多いので大変だと思う人も多いでしょう。しかし、ケアを怠るとキレイなネイルアートは作れません。お手入れ用のネイル用品は100均でそろうので、基本的なものだけでも持っておくと便利です。

・エメリーボード(爪の形を整える道具)
・キューティクルクリーム(爪用のクリーム)
・ウッドスティック
・コットン
・リムーバー(除光液)

よく使うものをピックアップしてみました。エメリーボードやキューティクルクリームは、ドラッグストアなどで買うと100円以上の値段がつきますが、セリアなら全部買っても税込みで540円ですよ!

100均なら500円でネイルアートができます!

ところで、ネイルサロンの相場をご存知でしょうか?一色のみなら3,000円程度でできるところもありますが、複数色だと5,000円以上のお店が多いです。

プロの施術を受けられるメリットはありますが、少々値段が高いのが気になるところです。では、100均の商品を使って自分でネイルアートをした場合はいくらくらいになるんでしょう?

ベースコート、トップコートに加えて好きな色のマニキュアを3色買ったとすると、合計で540円になりますね。上の項目で紹介した手入れ道具代(500円)を追加しても、540円+540円で1,080円です!圧倒的に安いです。ネイル用のアクセサリーを1つ買ったとしても、1,188円です。おまけに、買ったものなので今後も使えますね。

もしもあなたがトップコートなどの基本的な道具を持っているのなら、もっと低価格に抑えられます。マニキュアとネイル用のアクセサリーだけ買えばいいので、上の例だと合計4点です。432円ですね。4つあればアレンジだって十分できます。最初のうちは、100均商品でも十分に楽しめるかと思います。

▽100均でネイル用品をそろえたい!という人には、こちらの記事もおすすめです。

【2017年版】セリアでエナメルを買うなら?人気のネイル用品&色を紹介

100円ネイル|セリアとダイソーのエナメルはどっちがおススメ?

ネイルアートに必要なお金はいくら?初心者のための相談所

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA