トランプ大統領が来日時に乗っている専用車ビーストの値段やドアの性能は?

スポンサードリンク
Pocket

トランプ大統領が来日する際には、どんな車を使うのでしょうか?アメリカ大統領が海外に訪問する際には、大統領専用車の「キャデラック・ワン(通称ビースト)」が輸送されますが、実はこの車、防御力とお値段が高いことで有名です。今回は、そんなビーストの情報について調べてみました!

トランプ大統領の専用車とは?

トランプ大統領

トランプ大統領の11月来日中に北朝鮮はミサイルを発射するのか?

権力や経済力を兼ねそろえた、国の重役。特にアメリカ大統領レベルとなると、命を狙われる危険性もありますよね。そのため、移動の際には「大統領専用車」を使っています。

これは来日する時も同じで、大統領専用車やその他護衛者は、アメリカから輸送されます。海外から何台もの車を運んでくる訳ですから、ものすごく経費がかかりますね!

2017年11月にはトランプ大統領が来日するので、その際にはアメリカからトランプ大統領の専用車が日本へと運ばれてくるのでしょう。

因みに、オバマ前大統領が来日した時にも、専用車が使われていました。大統領が目的地に向かう度に、他の護衛車・ヘリ・救急車などが一緒に移動するので、道路にはものすごい車列ができます(笑)

▽大統領護衛(SP)の仕事っぷりがスゴイ!

トランプ大統領が来日!護衛車とSPの仕事はどれくらいすごいか解説

来日で使われる車ビーストの特徴

スポンサードリンク

アメリカの大統領は、専用車として「キャデラック・ワン」(通称ビースト)を使っています。11月来日の際にも、この車が使われる可能性が高いでしょう。

アメリカ政府は、1930年代末期から先進通信機器などの便利な装備や、装甲板や防弾ガラスなどの防御装備を備えた車を大統領専用車として特別に発注・使用するようになっている。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

キャデラック・ワンは大統領専用車なだけあり、防弾ガラスなどが使用された超ハイスペックな車です。

思わず「戦車かよ!」と突っ込みたくなるほどの防御機能を持っているのですが・・・具体的には、どんな性能なのでしょうか?

▽こちらの記事もおススメです

トランプ大統領来日中の食事は?寿司や日本酒が出されるお店と値段

ドアやガラスの性能がスゴすぎる!

トランプさんの専用車

トランプ大統領の来日で為替や株価はどうなる?上昇銘柄を予想

窓は防弾ガラス

厚さ5インチ(約13センチ)。44マグナム弾にも耐えられる防御力を持っています。

ドアは旅客機と同じ重量

厚さは8インチなので、約20センチほどになります。ボーイング757(大型旅客機)と同じくらいの重量があり、ドアが閉まると室内は完全に外部とシャットアウト!車の外側で化学兵器(毒ガスとか)が使われても耐えられるそうです。

ボディは装甲版

鋼鉄・セラミック・アルミニウム・チタンなどの素材で作られた装甲版。近くで爆弾が破裂しても大丈夫!

※今回紹介している内容は、イギリスの「Daily Mail」紙で発表された内容を日本語に訳して紹介しています。ただし、警備上の理由から大統領専用車に関する情報は最高機密となっているため、実際の車とは性能が違っている可能性があります。ご了承くださいませ!

画像引用及び参考:http://www.dailymail.co.uk/news/article-4273134/Inside-Trump-s-new-car-dubbed-Beast.html

値段はいくら?

とにかく防御力が高いビースト。正直な話、我々一般人では想像がつかないレベルのハイスペックさを誇ります。

では、そんな大統領専用車のお値段はいくらなのでしょうか?詳細については「dailymail」によると、ビーストの値段は150万ドル。

日本円に換算すると、約1億6000万円です。

また、トランプ大統領はこのビーストのセキュリティを強化するために、17億円をかけたのだとか・・・

ただし、比較的安全な国であれば、現在トランプ大統領が使用しているビーストではなく、前のモデルを使用する可能性もあります。実際に、オバマ前大統領がそうでした。

本来であれば大統領の移動はこの現行モデルに統一されるところであるが、前大統領であるバラク・オバマ大統領は各地を訪問する際、国内や国外でも比較的安全な同盟国での移動にはジョージ・W・ブッシュ前大統領が使用していたDTSリムジンを引き続き使用している[6](治安に懸念がある場合は現行モデルを使用することが多い)。

引用元:https://ja.wikipedia.org

まとめ

いかがでしたか?アメリカ大統領の移動には、例え海外であっても大統領専用車両である「キャデラック・ワン」が使われます。

そして、専用車両には装甲版や防弾ガラスが使われているため、外部からスナイパーに狙撃されたり、怪しげな化学兵器で攻撃されたとしても安全なのです。

ただし、その分お値段は約1億6000万円と、とんでもなくお高いですけどね(笑)

その上、トランプさんはキャデラック・ワンを改良しているため、さらに高額な費用がかかっています。十分防御力が高い車なのに、これ以上どこを改良したのか・・・

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA