【アドセンス審査2017】画像NGは嘘!私が聞いた誤情報を教えます

スポンサードリンク
Pocket

アドセンス審査といえば、コードの取得やドメイン設定など、初心者にとっては聞き覚えがない情報ばかりですよね。その上、審査突破をうたっているサイトを見ると、それぞれ記載内容が違っているという状態です。

とあるサイトでは「2000字以上の記事を20記事書かないと、審査に受からないよ!」と言っていたり。また、あるサイトでは「1000字以上の記事を30記事書くように」と言っていたり・・・一体、どの情報を信じればいいのでしょうか?

審査前に情報の○×チェックをしましょう!

チェック

【2017年】グーグルアドセンス審査で初心者が一発合格した時の話

という訳で、今回の記事では私の経験を踏まえ、情報の○×チェックを行なっていきます。嘘の情報なら×、正しい情報なら×、グレーゾーンは△・・・というように、怪しい情報に白黒つけていきましょう!

実は画像OK!若いドメインでも合格できる

ここからは、私が聞いたアドセンス審査にまつわる「嘘情報」についてお届けしていきます。

①ドメイン年齢が若くてもOK!

スポンサードリンク

審査にまつわる噂として、「ドメイン年齢が若すぎると審査に通らない」というものがありますよね。言い換えると「ドメイン取得から時間が経っていないと、審査に通りにくくなる」ということになります。人によっては、1~2か月待ってからアドセンス審査に申請した方が良いという場合もあるようですが・・・

しかし、これは嘘です。私が審査に合格した時、ドメイン取得から2週間しか経過していませんでした。因みに、アドセンスを申請したのはドメイン取得から5日後です。つまり、下のような流れで取得したのです。

ブログ開設 → 申請用の記事用意 → アドセンスに申請(ここでブログ解説から5日目) → 審査合格(どっメイン取得から、合格まで約2週間)

②画像はダメって本当?

審査用のブログに画像が入っていると、落ちやすくなるという話もよく聞きますね。しかし、あくまで「落ちやすくなる」というだけなので、画像を入れたままで合格することができます。ただし、画像を入れる場合はサイトと関係のあるモノに絞った方がいいようです。

これはグレーゾーンでしょう。画像を入れると完全にNGというワケではありません。というのも、私のブログは、自分で作成した画像を掲載していましたが、審査に合格したからです。

因みにその時の画像ですが、私が作成した投資のブログとは、あまり関係のない画像でした。一応、投資らしく通貨の絵を描いたのですが、ごちゃごちゃしてしまい・・・結局のところ、出来上がったのは、チョコレートの塊みたいな絵。おまけに、私はそれをアップロードし、ブログに掲載してしまったのです。

こんな絵でもセーフだったので、ブログと関係性のある絵なら、審査する上で問題はないでしょう。ただし、私が掲載していた絵は2枚程度だったので、画像を大量にアップする人はご留意くださいませ!

※誤情報を見つけ次第、随時追加していきます!よろしければ、あなたのご意見もお聞かせください。

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA