もみ消して冬(もみ冬)の小ネタと元ネタまとめ!面白い名セリフは?

スポンサードリンク
Pocket

土曜10時のギャグドラマ『もみ消して冬』が、1月13日からスタートしました!このドラマの見どころといえば、山田涼介さん(主人公:北沢秀作役)の顔芸や、長女&長男の華麗なツッコミですが・・・

1話を視聴したところ、ドラマ内にはちらほら「小ネタ」も入っています。いろいろな仕掛けがあって面白いので、今回は小ネタと元ネタについてまとめてみました!

また、後半には個人的に選んだ「面白いシーン」や「名セリフ」も載せているので、興味がある人はご覧くださいませ(^^♪

【~現在編集中~ 随時情報を追加していきます】

『もみ消して冬』の小ネタと元ネタ

トリビア

もみ消して冬(もみ冬)の母親役や子役は誰?北沢家の母の設定は?

【1話】

主人公の北沢秀作がトイレに入った時、壁の落書きに「おっぱいを知る者は おっぱいに泣く」という名言が書かれていました。

これは、ドラマ「金田一少年の事件簿N」が元ネタだと思われます。

「金田一少年の事件簿N」のオープニングには、暗号のような数字の羅列が出てくるのですが、これを解読すると「おっぱいを笑う者はおっぱいに泣く」になります(笑)

ちなみに、30代になった金田一青年の漫画があるそうですね。一度読んでみたい・・・!

【3話】

3話で気づいたのですが、オープニングで火曜サスペンス劇場の効果音が使われていました。

かの有名な「テレレレッ!テレレレッ!テーレー!!!」という、あの音楽です(笑)

そして、ラストで楠木に衝撃の事実が・・・嘘だろ、あんなにいい子なのに・・・!あと、小岩井が戻ってきてくれて良かったです(*´Д`)

【4話】

私が見たところ、新しい小ネタはなし。

そして今回の「もみ冬」のおかげで、ジャスティンビーバーの知識が増えました(笑)

くま・鷲・天使など、いろいろな入れ墨があるそうですね。また、楠木は若気の至りで入れ墨を入れてしまったとの事。

※小ネタについては、私がドラマ内で確認したものを掲載しています。また、元ネタの情報は公式が発表したものでは無いので、もし間違いなどありましたらご指摘いただけると嬉しいです・・・!

面白いシーンと名セリフは?

【現在編集中です】

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA