おみくじは財布の中に入れていいの?入れ方や折り方はどうするべき?

スポンサードリンク
Pocket

おみくじを引いた後、あなたはどのように保管していますか?財布の中に入れている人が多いですが、実はおみくじの入れ方には注意点があります。今回の記事では、ついやりがちなミスや保管方法についてまとめました。

おみくじの正しい保管場所は?

おみくじ

おみくじを何度も引くのはダメ?2回目を違う神社で引くのは?

一般的に、おみくじは「大吉を引いた時は持って帰る」「大凶が出た時は神社で結ぶ」と言われていますよね。しかし、神社によっては結果に関わらず持ち帰りを推奨するなど、扱い方が異なるケースもあるようです。

結局、どっちが本当なんだ・・・という話になりますが、実はおみくじに決まった保管方法はありません

神社の木に結びつけても、自分で持ち帰って保管してもいいそうです。因みに、私は毎年おみくじを持ち帰って、神棚で保存しています。

「おみくじ」は単に吉凶判断を目的として引くのではなく、その内容を今後の生活指針としていくことが何より大切なことといえます。また神社境内の木の枝に結んで帰る習わしもありますが、持ち帰っても問題はなく、引いた「おみくじ」を充分に読み返し、自分自身の行動に照らし合わせてみたいものです。

引用元:http://www.jinjahoncho.or.jp/iroha/omairiiroha/omikuji/

それと、去年のものなど「古いおみくじ」を処分する時は、基本的に神社にお返しします。下の記事で説明していますが、ゴミ箱にそのまま投げないでくださいね!

おみくじの処分の仕方は?去年のものや古いものはいつ捨てる?

 

財布の中に入れるのは大丈夫?

スポンサードリンク

おみくじは財布の中に入れて保管しても問題ありません。鞄などに入れるのもOKです。

おみくじに書かれている内容のようになって欲しいと思ったらお持ち帰りになり、そうでなければ良い方向に進展することを願いながら結んでください。お持ち帰りになる場合はお守り同様、財布や鞄に入れて大事にしてください

引用元:http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/trend/news/2032581/full/

ただし、おみくじ財布の中に入れるなら注意して欲しい点があります。縁起物なので、雑に扱うのはNGだと覚えておいてくださいね。

おみくじの保管方法については、各神社で説明が違いますが、「大切に補完する」というのは、どこの神社も共通のルールです。この点だけは、しっかり守りましょう!

▽冬の人気記事はこちら

冷え性が寝るときの服装や格好は?パジャマや足元グッズの選び方

 

入れ方の注意点は?NGなケース

こんな入れ方はNG!

初詣の女性

おみくじは違う神社で処分して大丈夫?結ぶ(捨てる)タイミングは?

最初にお話しした通り、おみくじを財布に入れた後は大切に保管するのがルールです。不敬な扱いはもちろんのこと、不浄にするのもアウトだと言われています。つまり、下のような取り扱い方はNGですね!。

  • おみくじをぐちゃぐちゃに折り曲げて財布に入れる
  • 整理せず汚い状態の財布に入れる

これ、意外とやっている人が多いのではないでしょうか?

財布の中に入れる時はキレイに折りたたんで入れたものの、1カ月・2カ月と経つにつれて、おみくじがボロボロになっている人っていますよね(汗)

あと、財布の中にレシートが貯まってごちゃごちゃという人も少なくありません。財布に限らずカバンやポーチにおみくじを入れる時も同じなので、ご留意くださいませ・・・!

▽ラインのお年玉も話題ですよ♪

LINE(ライン)のお年玉スタンプは自分にも当たる?友達が当たったら?

 

おみくじは縁起物

そもそも、おみくじは神様からのメッセージみたいなものです。

若い世代の人だと「新年一発目の運試し」という感覚で引いているようですが、おみくじは内容の善し悪しに関わらず丁重に扱うものだと覚えておきましょう。

私が去年、初詣に行った時の話ですが、若い子を見ていて「ゲームのガチャみたいな感覚で引いてるんだろうな・・・」と、悲しくなったことがありました(泣)

大切なのは、内容の善し悪しではなく「書かれている内容をどのように受け止めて実践していくか」だと思うのです。神意を聞いて、それを今後に活かすという事ですね。

また、本来おみくじは木に結び付けたり神棚に保管したりするものなので、財布に入れる時もそのつもりで保管することをおススメします。

財布に入る五角形の折り方

スポンサードリンク

おみくじの折り方はいろいろあるのですが、ここでは五角形の折り方について紹介します。

【五角形の折り方】

  1. おみくじを真横にする
  2. おみくじの左端を、右斜め上(45度くらい)に折る
  3. 右端を左斜め上に折る(この時、右端と左端はクロスした状態になっています)
  4. 裏返して、右端と左端のはみ出た部分を内側に折り曲げる
  5. 完成

写真付きの説明はこちら

他にも、六角形やハート型でも折れる(らしい)のですが、私はゴチャゴチャ折り曲げるのは嫌なので、シンプルな五角形にしています。

あと、あまり折り目が多いと財布の中でかさばるんですよね(;”∀”)

他の折り方を試したい人は、ネットで「長方形 折り方 ハート」とかで検索するといろいろ出てきますよ♪

「おみくじ 折り方」だと画像付きのサイトが表示されないので、検索するなら上記の方法をおすすめします。

我が家の保管方法

参考までに、我が家でのおみくじの保管方法も紹介しておきますね。

私の実家では、家族全員分のおみくじを神棚に乗せて保管しています。一定期間保存した後は、神社でお焚き上げをする時に持って行って、燃やしてもらっています。神社には「どんど焼き」という行事があり、うちのご近所さんもその際に処分していました。

因みに、おみくじに限らずお正月のしめ飾りを処分する時も同じ方法です。

処分の仕方を間違えると罰が当たりそうなので、捨てる時は毎回神主さんにお願いしています。ゴミ箱にそのまま投げたりしたら、間違いなくアウトだと思います(汗)

まとめ

おみくじに決まった保管方法はありません。財布の中に入れてもOKですが、その場合は財布の中をキレイにし、丁寧に折りたたんで入れましょう。雑に扱わなければ大丈夫です。おみくじめには神様からのメッセージが書かれているので、お守りのように大切に扱ってくださいね。

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA