【2017年】グーグルアドセンス審査で初心者が一発合格した時の話【前編】

スポンサードリンク
Pocket

ブログやアフィリエイトのことなど、全く知らなかった超初心者。そんな私が、2017年にグーグルアドセンス審査で一発合格しました。あんなチープなブログが合格するのなら、他の皆さんのブログも楽に合格できるはずです。そこで、今回の記事では私が審査に合格するまで流れについて、初心者にもわかりやすくお話ししていきます(ただし、今回は前編なので、登録前の準備を中心にお話しします)

そもそもグーグルアドセンス審査とは?

一発合格

アドセンス審査を受ける人は要注意!嘘ばっかりの情報に騙されないで!

グーグルアドセンスとは、簡単に説明すると「グーグルが提供している広告サービス」のことです。アフィリエイトの一種で、ブログに表示された広告がクリックされると、ブログの運営者(=私たち)に収入が入るという仕組みになっています。広告というのは、下にあるスポンサードリンクのことです。

因みに、この広告では毎回同じ内容が表示されるわけではありません。閲覧者にマッチした広告が表示されるのです。たとえばネット上で株についてよく調べている人なら、株に関係した広告が表示されるという訳ですね。とても賢いシステムです。

自分のブログに広告を貼るだけで、収益をゲットできる「Googleアドセンス広告」。自宅でお金を稼ぐなら、ぜひ利用したいシステムですが、アドセンスの登録・申請をするには審査をクリアしなければなりません。申請すれば誰でも使える・・・というものではないので、審査のポイントや合格するためのコツを、事前に知っておきましょう。

アドセンスの審査基準は厳しい?

しかも、アドセンスの審査には1次審査と2次審査があるため、実際に広告で収入を得るまでには、2つの審査をクリアしなければならないのです。2016年以降は審査基準が厳しくなっているため、「1次審査で落とされた!」という人が続出しています。

また、明確な基準が発表されていないため、ネット上には真偽のわからない噂が飛び交っている状態です。私もこの大嘘状況から生まれた被害者です。だからこそ、ぜひ皆さんには一発合格をしてほしいと考えています。私は2017年1月に2次審査をクリアしましたが、審査に関する噂の中にはとんだ「大嘘」もありました。

そこで、この記事では「2017年の最新情報」を私の経験に基づいてお話ししていきます。私自身がアフィリエイト初心者ということもあり、イチから順番に解説していきたいと思います。

登録~承認までの流れ

スポンサードリンク

アドセンスに登録申請するには、「審査用のブログ」が必要になります。審査用のブログをグーグルにチェックしてもらい、問題がなければ広告を設置できるようになるのです。流れとしては、次のようになります。

①公式ページでブログ(サイト)を登録をする
②ブログに広告コードを貼る
③グーグルが審査
④承認

登録&申請には有料ブログが必要

上の項目でお話ししたとおり、審査には自分自身のブログ(サイト)が必要になります。そして、ここからが重要な話になります。実は、2016年からは無料ブログが登録できなくなってしまいました。つまり、アメブロ・FC2・seesaaなどは全部アウトです。

よって、アドセンス登録をするためには「独自ドメイン」、「レンタルサーバー」、「自分のブログ」の3つが必要になるのです。無料で貰えるドメインではなく、有料の「独自ドメイン」を購入しましょう。

ところでこ、この記事を読んでいる人の中には、「そもそも独自ドメインって何?他のドメインと何が違うの?」という人もいるでしょう。(実際に、私がそうでした)というわけで、この点についても~く説明しておきますね。

ドメインとは?入門者向けに解説

スポンサードリンク

ドメインとは、サックリ説明すると「ホームページの住所」みたいなものです。インターネットをつないでブラウザを開いた時、アドレスバーにはページのURLが表示されます。「http://www.~~~」と書かれた部分ですね。大抵の場合、画面の左上に表示されているかと思います。

「http://www.~~~」の「~~~」と表示された部分がドメインにあたります。「www.」のちょうど後ろです。たとえばヤフーホームページの場合、トップページのURLは「http://www.yahoo.co.jp/」ですよね。この場合、ドメインは「yahoo.co.jp」になります。

それでは、基本がわかったところで本題に入りましょう。「独自ドメインとは何か?」という話ですね。独自ドメインは、先ほどお話ししたとおり「有料で得たドメイン」のことを指します。外見的な説明をすると、「www.」から「co.jp」(もしくは.comや.netなど)の間に「企業名」などが入っているものは、独自ドメインではありません。無料のドメインとなります。

—————————————————————————————————–

例)無料のドメイン https:// aaaaaaaa .wordpress .com/
↑企業名

独自ドメイン   https:// aaaaaaaa .com/

——————————————————————————————————-
正確に言うと、独自ドメインにはちゃんとした定義があります。ただし、それを説明すると話が長くなるので、大体こんなものだと覚えておいてください。

独自ドメインを取得するためには?

独自ドメインを取得するには、ドメインサイトで購入しなければなりません。残念ながら、無料で取得する方法は(恐らく)無いでしょう。私自身、「無料でブログを作れないだろうか?」と思い、いろいろなサイトを調査しましたが、費用をゼロにする方法は見つかりませんでした。

とはいえ、ドメインはそれほど高額なものではありません。安いものであれば、月々200円くらいで購入できます。私が利用しているドメイン(.link)も、月々199円です。ドメインを販売しているサイトには、次のような会社があります。

  1. さくらインターネット
  2. スタードメイン
  3. お名前.com
  4. ムームードメイン

費用を安く抑えるなら『ムームードメイン』がおすすめです。初期費用として2000円程度かかりますが、初回以降は月額のドメイン料が500円以下で済みます。最安値は99円と、かなりオトクです。ただし、「.com」などトップレベルのドメインであれば1,160円かかるので、事前に予算と相談しておいた方がいいでしょう(2017年4月現在)

レンタルサーバーを選びましょう

パソコン画像

アドセンス広告の配置やサイズを変更したらクリック率が2倍になった話

ドメインを購入したら、次はレンタルサーバーを選びましょう。レンタルサーバーがないと、作ったブログを公開できません。レンタルサーバーには以下の会社があり、それぞれ特徴も違います。老舗であれば「さくらのレンタルサーバー」、安さ重視であれば「ロリポップ」などがおすすめです。

  • さくらインターネット
  • ロリポップ
  • バリューサーバー
  • エイブルネット
  • @YMC
  • Quicca
  • ドメインキング

審査用ブログ作成には、独自ドメインとレンタルサーバーが必要となります。2016年には審査基準がグッときびしくなりましたが、基本的なことを守ればクリアできるので、ぜひ挑戦してみて下さい。実際に、私が作ったチープなブログでも大丈夫でした。優れたデザインや内容でなくとも、問題ないのです。

審査を突破するためには2000字以上の記事を20本以上(または1000字以上の記事を30本以上)と言われています。どちらが本当かわかりませんが、ある程度ブログの中身が充実してから審査に申し込んでみましょう。因みに、私は1500~2000字程度の記事を20本作成してから登録し、2017年の1月に2次審査を突破しました。

審査に落ちると次回の審査が厳しくなります!

一度審査に落ちてしまうと、次回以降の審査が厳しくなると言われています。登録する前に、ブログに問題点がないか確認してみましょう。審査に落ちる原因としては、規約違反・ページのリンク切れ・記事数・1ページあたりの文字数などが考えられます。

実際に、私が作成したショボいサイトよりも、ずっと素敵なサイトが審査落ちしているというケースも目の当たりにしました。正直な話、「ここまで作り込んであるのに落ちるの!?」という印象を持ちました。

そのサイトが審査に落ちた原因は「ページ内に画像が多く、文字が少ないこと」だと指摘されていたので、基本的なポイントをしっかり守れば、合格しやすくなるでしょう。

※アドセンス申請について疑問があれば、できる範囲でお答えします。よろしければ、コメント欄からご質問 下さいませ!

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA