吉崎莉菜さんのアクリル作品がTシャツ化!スマホケースに続く商品

スポンサードリンク
Pocket

福井県に住む13歳の女の子、吉崎莉菜さん。彼女の描いた絵(アクリル画)は国内外から反響を呼び、6月22日には超大手ヤフーのトップページで「スマートフォンケースのデザインに選ばれた」という嬉しいニュースが掲載されていました。

そんな彼女がの絵が、スマホケースに引き続き、今度は「Tシャツ」のデザインにまで選ばれました!このページでは彼女のデザインしたTシャツと他のアクリル作品について紹介していきます。

吉崎莉菜さんのTシャツ画像

りなさんTシャツ

引用元:https://news.goo.ne.jp/article/fukui/region/fukui-20170713083821452.html

右側が、デザインを担当した「吉崎莉菜さん」ですね。白い生地のTシャツに、幻想的な鹿の絵が書かれています。

莉菜さんは、このような幻想的な動物を描くのが得意な女の子で、前回採用されたスマートフォンのデザインも、オオカミと鹿の幻想的なアクリル画でした。

彼女の絵は、個性の塊みたいなインパクトのある作品ばかりなので、アクリル画に興味のない人もぜひ一度ご覧くださいませ!

「この絵を13歳の子が描いたの!?」と、きっとびっくりするはずです!

▽吉崎莉菜さんのスマホケース作品画像はこちら

【画像あり】13歳のアクリル画が話題に!スマホケースのデザインにも

Tシャツ販売サイトは?どこで購入できる?

スポンサードリンク

【画像あり】RINA(吉崎莉菜さん)のスマホケース&他のアクリル画まとめ

▽福井新聞

 動物を題材にした幻想的作風が国内外から注目を集めている吉崎莉菜さん(13)=福井県鯖江市=のアクリル画が、新たにTシャツのデザインに採用されることになった。スマートフォンケースに続く商品化。12日は関係する都内の業者らが障がい者アート協会(埼玉)代表とともに莉菜さん宅を訪れ、打ち合わせを行った。

訪れたのは同協会の熊本豊敏代表理事と、連携してもの作りに取り組む障害者支援の通販サイト「BTOK」(東京)の高橋圭代表、ウェブデザインや家族向けの商品などを手掛ける「LINKIDS」(東京)の安達春祥社長。

引用元:https://news.goo.ne.jp/article/fukui/region/fukui-20170713083821452.html(7月13日発行)

Tシャツは同デザインのものを白やピンクなど、4色を7月中に販売スタートするそうです。実物を見るのが楽しみですね!

※7月半ば時点では、発売日が公表されていませんでした。発表され次第、こちらに追記していきますね。

そして気になる販売サイトですが、新聞を読んだところ、2か所で販売されるようです。

一つは、「障がい者アート協会」が運営する通販サイト「BTOK」。こちらのサイトは、元々、莉菜さんのスマートフォンケースを販売していたサイトですね。

▽販売サイトはこちら
商品の販売を通して、障がい者を支える通販サイト『BTOK』

一方、『LINKIDS』が運営している販売サイトでも里奈さんの作品を取り扱うらため、安達春祥社長直々に莉菜さんのもとに訪れたとのことでした。

販売が待ち遠しいですね!彼女は「いつか個展を開きたい」と言っていたので、その夢が叶ったら、私もぜひ見に行きたいと思っています♪応援していた女の子だったので、こうして活躍してくれるのがとてもうれしいです。

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA