【神々の記】ラー様から学ぶ投資家のスキル!必要な時のみ行動しよう

スポンサードリンク
Pocket

アニメ「神々の記」に出てくる「とあるキャラクター」を例にあげ、投資家にとって大切なスキルについて解説します。

「神々の記」ってどんなストーリー?

皆さんは「神々の記」というアニメをご存知でしょうか?神々の記は、紀元前3000年くらいのエジプトを舞台にした神様と人間の物語です。

「メジェド」、 「ラー」、「アヌビス」、「バステト」など、かの有名なエジプト神がかわいらしいキャラクターとなって動き回る、まさに神アニメ。

そして、全キャラクターの声もOP(オープニングテーマ)も、全て声優の森川智之さんが担当するという豪華仕様。私が大好きなショートアニメです(毎回、スタッフに感想を贈りたいくらいです)

今回は、このアニメに出てくる「とあるキャラクター」を例にあげ、投資家に必要なスキルについて紹介していきます。

ラー様から学ぶ投資の極意

では、とあるキャラクターとは誰のことなのか・・・・・・

答えは「ラー様」です。超有名なエジプトの神様ですね。アニメでは、すずめの姿で描かれています。

ラー様は基本的に温厚(というか頻繁に寝てる)のですが、エジプトに危機が迫ると、めちゃめちゃ動きます。○○(ネタバレ防止のために伏字)を滅したり、〇〇をかち割ったり・・・とにかく、ものすごく働きます。普段は動かなくても、肝心な時はちゃんと行動するのです。

「必要な時にだけ動く能力」は素晴らしい

この「肝心な時にきちんと行動する」という姿勢は、投資家にも必要なスキルだと言えるでしょう。普段は相場を傍観しているだけでも、儲け時になると行動できる。そんなトレーダーは、やはり強いのです。

具体的な例で考えてみましょう。FX取引をせず、新規注文するのは年に数回・・・という人がいたとします。言い換えると、あまり動かないタイプのトレーダーですね。この人を「投資家」として評価するとしたら、皆さんはどのような判定を出すでしょうか?

「せっかく投資をしているなら、もっと取引した方が良い」「あまり利益を出せていないのでは?」そんな評価を出す人もいるのではないでしょうか?

しかし、投資家で大切なのは取引回数ではありません。年に1回の取引でも、そこで大きな利益を出せるなら、その人は成功者と言えるのです。大事な時期に状況を見極めて、相場に参戦できれば、十分に利益を狙えるでしょう。

稼げるときに稼ぐ!は投資の基本です

儲け時になったら動いて、時期が過ぎたら手を引く・・・これは、投資全般に当てはまる共通事項です。このスキルが手に入れば、かなり投資で稼ぐことができるでしょう。

取引スタイルは人それぞれですから、もちろんデイトレードやスキャルピングで稼いでいる人もたくさんいます。しかし、年に数回の取引で利益を狙う投資家も多いので、参考にしたいところですよね。

 

PS:因みに、神々の記はニコニコ動画で配信されています。第4話と第13話で、ラー様の活躍が見れますよ!

※FXや外貨預金に関してわからないことがあれば、お気軽にご質問ください!私で良ければ答えますよ!

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA