【画像アリ】映画『打ち上げ花火』の聖地は千葉!灯台や駅はどんな所?

スポンサードリンク
Pocket

アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』には、緑が多い素敵な街並みが描かれていますよね。では、モデルになった町はどんな場所なのでしょうか?今回は、映画の「聖地」に関する情報をお届けしていきます!劇中に登場した灯台や駅の場所を、画像付きで見ていきましょう(^^♪

映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の舞台はどんな場所?

映画打ち上げ花火

【打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?】タイトルの意味とは

映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の舞台となるのは、とある海辺の町。

上の写真を見てわかるように、典道(主人公の男の子)やなずな(ヒロイン役)が住んでいる町は、緑が多く建物が少ない場所だとわかりますね。

都会のようにビルだらけではなく、かといって、ド田舎というほど寂れていない・・・映画ではそんな街並みが描かれています。

ここで気になるのは、「映画のモデルになった町はあるの?」という点でしょう。いわゆる『聖地』ですね。

結論から言うと、聖地は千葉県にある飯岡町(現在の旭市)という場所です。千葉は海沿いにある町なので、イメージ的にもピッタリですよね。

では、千葉県の飯岡町とはどんな場所なのでしょうか?

なぜ千葉県の飯岡町が選ばれたの?

スポンサードリンク

米津玄師『打上花火』の歌詞の意味は?ひらがなが無い理由を考察

そもそも、映画版『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』には原作があります。1993年に放送された、岩井俊二監督のテレビドラマシリーズです。

つまり、ネット上などで聖地と言われている場所は「ドラマのロケ地」という訳ですね。

飯岡町が舞台に選ばれた理由ですが、ドラマのプロデューサーがプロットを読み、ぜひ飯岡町で撮影したいと希望したそうです。

▽ドラマ版の撮影地について

この作品の撮影はプロデューサーの原田泉がこのドラマのプロットを読みこの町以外にないと断言した千葉県海上郡飯岡町(現在の旭市)で実際に行われた。また、ロケは飯岡町以外に千葉県海上郡海上町(現在の旭市)、旭市の隣の市である銚子市でも行われており、子供たちが通う小学校は銚子市立豊岡小学校で当地の生徒をエキストラに撮影された。

引用元:Wikipedia

聖地巡礼ならまずはココ!灯台について

まずは、映画に出てくる灯台の場所から見ていきましょう!聖地巡礼と言えば、やはり千葉にある「飯岡灯台」は欠かせませんよね!どんな場所なのか、さっそく調べてみました。

飯岡灯台

画像引用元:http://asahi.naviinfo.net/2007/03/meisyo2.html

上の写真に写った灯台が、聖地と言われる「飯岡灯台」ですね。この灯台は、屏風ヶ浦の西の端にある刑部岬(ぎょうぶみさき)に建っています。

【飯岡灯台の場所】

  • 施設名:飯岡灯台
  • 場所:千葉県 旭市 上永井1309-1

【追記】

先日、アニメ版で使われたロケ地は「飯岡灯台」ではなく「犬吠埼灯台」の方だとご指摘を受けました!恐らく、こちらが正解です。

 

犬吠埼灯台の方が、外見がアニメ版に近いので、恐らくこちらがアニメ版の聖地でしょう。情報提供して下さった方、本当にありがとうございますm(__)m

駅の現在は?画像で見てみよう!

次に、ドラマでもロケ地に使用された「飯岡駅」について見ていきましょう!

▽飯岡駅とは?

典道となずなが電車を待つシーンで使われた飯岡駅、典道の自宅として使われた家などは、放送後数年間に渡り、この作品のファンが訪れる姿が見られたという。この地はこの作品の大ファンである山崎貴が監督し2000年に公開された映画『ジュブナイル』の舞台にも使用された。

引用元:Wikipedia

飯岡駅には、かつてからドラマのファンが多数訪れているようです。そんな聖地がこちら↓

飯岡駅 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E5%B2%A1%E9%A7%85

「あれ?木造の駅じゃないの?」

・・・と思いましたよね?実は、飯岡駅は2009年に駅舎を改築しています。1897年に建てられてから、開設100周年に合わせて木造から現在の駅に作り変えられたのです。

「木造の駅も見てみたい」と思う人がいるかもしれませんが、改築されたものは 仕方がありません。街並みがキレイなので、観光を楽しみましょう。

【飯岡駅の場所】
場所:千葉県旭市後草2058-1

因みに、駅が市街地から離れているのは、開業当時の住民が「汽車の煙がイヤ!」と反対運動を起こしたためらしいです。なるほど・・・!

【追記】

コメントにて、実際のアニメ版ロケ地は「飯岡駅」ではなく「気仙沼線の歌津駅」というご指摘を受けました。ただ、こちらは情報源があいまいだったので、事実を確認してから再度記事を書き直したいと思っています。

せっかくこのページを見に来てくれた皆さんには、ご迷惑をおかけしていますm(__)m

まとめ

いかがでしたか?映画のファンになった人は、ぜひ聖地である千葉県にも足を運びたいところですよね。なんとなくですが、キャラクターを身近に感じられる気がします。特に灯台は絵になる場所なので、私も一度行ってみたいな・・・と思いました(^^♪

▽あなたにおススメの記事

【打ち上げ花火】声優の演技は上手い?下手?みんなの評価と感想を調査

スポンサードリンク









4 件のコメント

  • 匿名様
    ご指摘ありがとうございました!そしてバカ丸出しのミスですみません(>_<) そうですよね。1897年に建てられて、開設100周年で改装されたのですから、1997年じゃないとおかしいですよね・・・!

  • アニメ版のほうでは気仙沼線の歌津駅がモデルになっていますね。
    灯台も犬吠埼灯台です。

  • 通りすがりさんへ
    ご指摘ありがとうございます!そしてお見苦しい記事を見せてしまい、申し訳ありません・・・!
    「価値のある記事」を提供するのが私のお仕事なのに、リサーチの時に、正しい情報と誤情報を見抜けませんでした。つらい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA