【夏休みの工作】牛乳パックのランタン&ステンドグラスの作り方

スポンサードリンク
Pocket

夏休みの工作で、低学年の女の子はどんなものを作ればいいのでしょうか?せっかく作るのですから、夏休みが終わった後も大切に使える物を作りたいですよね。とはいえ「難しすぎるものや素材費用が高いものは避けたい」というのが本音でしょう。

そこで今回は、手軽で安く作れる「牛乳パックランタン」と「牛乳パックステンドグラス」の作り方を紹介します。小学1年生でも作れるので、安心して見ていってくださいね!

牛乳パックのランタン(ステンドグラス)とは?

牛乳パックランタン

引用元:http://www.meg-snow.com/fun/make/craft/craft98.html

牛乳パックを使った簡単な工作です

牛乳パックを使えば、ランタンやステンドグラスを簡単に作る事ができます。

牛乳パックを使った低学年向けの工作としては「貯金箱」が定番ですが、それだと他の子たちと似たりよったりな作品になってしまうでしょう。

女の子の場合、よくある「お家タイプの貯金箱」を作る子も多いです。ネットで「夏休み 工作 牛乳パック」と検索すると、貯金箱がトップに出てくるほどですから、よほど人気があるのでしょうね(汗)

そこで、今回はちょっぴり珍しい「ランタン」と「ステンドグラス」の作り方を取り上げてみました。上の写真は「牛乳パックランタン」ですが、かわいらしいですよね!

ただし、実際に使う時はローソクではなくライトを入れることをおすすめします(火を使うと危ないので)

基本的には「切る」「色を塗る」「貼る」などの簡単な動作だけで作れるので、1年生になったばかりのお子さんにもおすすめです。

牛乳パックステンドグラスの作り方

スポンサードリンク

本当にステンドグラスが作れるの?

まずはステンドグラスの作り方から見ていきましょう。ランタンよりもこちらの方が難易度が低めです。材料も「牛乳パック」「油性ペン」「ライト(キャンドル型)」の3つしか必要ないので、コストを抑えられるというメリットもあります。

気になる作り方ですが、牛乳パックの表面に、油性ペンで絵を描くだけでOKです。

牛乳パックの表面にある薄い紙を剥がして真っ白な状態にし、中にライトを入れると、灯りが外に漏れてきます。

この時、牛乳パックの表面に絵が描いてあると、ステンドグラス風になってすごく可愛い作品になるのです。

牛乳パックステンドグラスを作ろう!

①最初に牛乳パックの注ぎ口を切りましょう。長方形の箱ができればOKです

②牛乳パックの表面を剥がします。表面に印刷された薄い紙を剥がすと、中から白い紙が出てくるので、牛乳パックの表面を真っ白にしましょう。

※角からカリカリ剥がしていくと、簡単に剥がれます

③牛乳パックの表面が真っ白になりましたか?では、ここに絵を描きましょう!くろい油性ペンで絵を描き、赤や黄色の油性ペンで色を塗って行きます。この時、牛乳パックの底が上側になるようにしてください

④キャンドルタイプのライトに、③で作った牛乳パックをかぶせてみましょう。すると、中からライトの光がもれて、ステンドグラスのように見えます。これで完成です!

牛乳パックを使ったランタンの作り方

次はランタンの作り方を見ていきましょう。持ち歩きタイプのランタンは面倒なので、ここでは置くタイプのランタンの作り方を紹介します。

置くタイプのランタンなら超簡単!

  • 牛乳パック1こ
  • ライト(100円ショップに売っているキャンドルタイプがおススメ。)
  • セロファン、または紙ナプキン
  • はさみ、またはカッター
  • セロハンテープ

 

「置くタイプのランタン」の作り方をざっくり説明すると、実は2タイプあります。

一つ目が、牛乳パックの真ん中あたりをカッターで大きめにくり抜いて、そこに模様付きのセロハンを貼り付ける方法(市販のセロハンに、自分で模様を貼り付ける必要があります)

2つめが、牛乳パックに好きな形の穴をいくつも開ける方法です。こちらの場合は、上の方法と違って小さめの穴を複数作ります。

ページトップで紹介している写真は1つめの方なので、今回はそちらの作り方について紹介しますね。

5ステップでできる!ランタンの作り方

①牛乳パックの屋根と底を切り取る(四角い煙突のような状態にする)

②牛乳パックを好きな形(大き目)に切り抜きます。花の形など、好きな形にくり抜いてみてください。この穴から、中にいれたライトの光が見えます。

③内側からセロファンを貼り付ける(セロハンには、予め写真のように模様を付けておきましょう。)

④中にキャンドルタイプのライトを設置する

⑤完成

置いておくタイプのランタンなら、これだけで完成です。

ただし、ランタンの上に取っ手をつけて「持ち歩くタイプ」にするなると、製作過程が、ちょっと難しい(というかややこしい)くなります。持ち歩くタイプについては、下の図説付きのサイト(メグミルクホームページ)が参考になります。

➡ ランタンの作り方(メグミルク)

決して、説明するのが面倒なわけじゃないんですよ!?単純に「メグミルク」のホームページで詳しく説明しているので「こっちを見た方がわかりやすいよね?」と思った次第です。

※作り方でわからない部分があれば、コメント欄からご質問くださいませ(^^♪

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA