高齢者は熱中症になりやすい!原因は?室内での予防方法ってあるの?

スポンサードリンク
Pocket

「高齢者は熱中症になりやすい」という話を聞いたことがありますか?野外はもちろんのこと、室内でも油断はできません。むしろ、室内で熱中症になる高齢者はとても多いのです。小まめに水分を補給して熱中症対策をしたいところですが、具体的に言はどんな予防方法があるのでしょうか?

高齢者は熱中症になりやすい!その原因は?

熱中症

パプリカの栄養価や効果は色で変わる!黄・オレンジ・赤を比べると?

高齢者は熱中症になりやすいと言われていますが、その理由はなぜでしょうか?実は、人は年を重ねることで体に次のような変化がでるのです。

  • 体に水分を蓄えにくくなる
  • 汗をかきにくくなる
  • 暑さを自覚しにくくなる
  • 喉の渇きを感じにくくなる

体の水分が不足していれば、熱中症になりやすくなります。しかし、高齢者はそもそも「体に水分を溜めにくい」などの特徴があるため、こまめに水分補給をする必要があるのです。

室内で熱中症になる高齢者が続出!

熱中症は野外だけでなく、室内でも発症しやすいです。そもそも、65歳以上の人が熱中症になるケースは屋外よりも室内の方が発生率が高いって知っていましたか?

つまり、「部屋の中にいる=安全」という図式は成り立たないのです。室内にいるから対策を取らなくていい・・・なんて考えはNGですよ!上の章で説明したように、高齢者はそもそも脱水症状になりやすいのです。

しかし、おじいちゃん・おばあちゃんの中には「部屋の中で過ごせば大丈夫」なんて言っている人もいます。そのため、高齢者がいる家庭では「いつも家族が気を配っている」というケースも多いですよね。とはいえ、高齢者が一人きりになる可能性もありますから、できるだけ本人に自己管理をするよう説明することをおススメします。

その対策グッズ、本当に必要ですか?

スポンサードリンク

熱中症予防グッズは、ネット通販などで数多く販売されていますよね。しかし、グッズを買うよりも優先するべきことがあります。

ずばり、室温調節・衣服の調節・小まめな水分補給の3です。

その理由ですが、前述した通り、高齢者には暑さやのどの渇きを感じにくいという特徴があるためですね。熱中症予防グッズの中には体を冷やしてくれるものなどがありますが、先に上記の3つを徹底しましょう。

高齢者に役立つ予防グッズ

熱中症対策に役立つグッズとして、まず室温計があげられますよね。室温計がないと、室温は調節しにくいでしょう。また、外に出る場合は帽子をかぶっておきましょう。

個人的な感想ですが、妙な予防グッズを買うよりもこちらの方が重要に思えます。次に風通しの良い服ですが、これらはユニクロなどで大量に販売されています。価格も高くないので、用意しておくと便利でしょう。3つ目の水分補給については、スポーツドリンクなどを用意しておくと良いでしょう。

超わかりやすいパンフレットを発見

夏場を健康に乗り切るためにも、高齢者本人が熱中症に対して正しい知識を持つ必要があるでしょう。

という訳で、熱中症の症状や予防法について「わかりやすく」「イラスト付きで」解説してパンフレットを探してみました!

いろいろ見て回ったのですが、高齢者向けであれば「東久留米市役所」で発行しているパンフレットがわかりやすいかと思います。下記のリンクからご覧になってください。

 熱中症予防「高齢者向けパンフレット」(PDF 1.1MB)

自宅の目につきやすい箇所(リビングなど)に貼っておけば、高齢者本人の意識改善にもつながるでしょう。

高齢者施設での熱中症対策

高齢者おじいちゃん・おばあちゃんが老人ホームなどの高齢者施設にいる場合、ご家族の立場からすると「熱中症にならないだろうか・・・」と心配になることでしょう。では、高齢者施設ではどのような熱中症対策をしているのでしょうか?

結論から言うと、高齢者施設では常に介護職員が見守りをしているため、よほど質の悪い施設でない限り熱中症の予防や対策については問題ないでしょう。利用者(高齢者)が水分を摂取していなければ、介護職員の方から声かけをします。私が以前勤めていた老人ホームでは、利用者の水分量などを記録するなどの対策も取っていました。

高齢者の中には「トイレが近くなるから水を飲みたくない」という人もいましたが、介護職員はあの手この手を使って、利用者に水分補給をしてもらっていました。

 

まとめ

ネット上では「熱中症予防グッズ」などの特集が組まれていますが、その中には「これは役に立たないでしょう・・・」というものが少なくありません。というのも、結局のところ一時しのぎにしかならないからです。

もちろん、役に立つグッズもたくさん販売されていますが、購入する前に「室温調節」「衣服の調節」「水分補給」の3点についてよく考えてみて下さい。

 

 

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA