【最新版】刀剣乱舞『連隊戦』攻略!”難”の部隊編成でおすすめってある?

スポンサードリンク
Pocket

ゲーム「刀剣乱舞」で第3回連隊戦(初夏の陣)が開催されましたね!今回は「難」の部隊編成について、編成のコツをお話ししていきます。

「難」の攻略は難しくない!

難

【刀剣乱舞】連隊戦 「乱」攻略のおすすめ部隊は?苦無が怖い審神者の編成

第3回連隊戦(初夏の陣)には、5つの難易度が用意されています。

「易・普・難・超難・乱」ですね。は新しく追加されたモードになります。

「難」は合戦場のレベルとしては、ちょうど真ん中に当たります。つまり、それほど難しいステージではないので編成さえ気を付ければ勝てるのです。

「難」と言いつつも、対して難しくない・・・ややこしいですね(笑)

編成のポイント:極短刀がいる本丸の場合

スポンサードリンク

今回の連帯戦も、極短刀がいると攻略がグッと楽になります。ぶっちゃけた話をすると、最難関の「乱」でさえ極短刀がいれば安定して周回できます。むしろ、極短刀が攻略のキモだと言ってもいいでしょう。

という訳で、極短刀をお持ちの審神者さんは、彼らにがんばってもらいましょう!

編成としては、極短刀×5と蛍丸でOKです。蛍丸がいると蛍の獲得数が増えるので、できればこの一部隊で10面まで突破したいところです。

極短刀が4振り以下の場合は、代わりに太刀を入れておけばサクサク攻略できます。

周回する場合も、極中心の編成をおすすめします。1部隊だけで攻略できるため、部隊交代する手間も省けます!

編成のポイント:極短刀がいない本丸の場合

刀らぶ攻略 

刀剣乱舞『連隊戦 初夏の陣』攻略!超難の部隊編成おすすめは?

極短刀がいない場合、下のように部隊を作ってみてください。

  1. 打刀中心の部隊
  2. 脇差中心の部隊
  3. 太刀・大太刀中心の部隊
  4. 短刀中心の部隊

初心者審神者さんの場合は、刀剣の数が揃っていないかと思いますが、育っていない刀剣でも十分勝てるのでご安心くださいね!

ステージは昼→夜→昼→昼→夜→夜→夜→昼→夕方→夜(室内)の順番で構成されているので、1~4戦目(昼→夜→昼→昼)は「1.打刀中心の部隊」で戦闘。

5~7戦目(夜→夜→夜)は「2.脇差中心の部隊」で戦闘。

8~9戦目(昼→夕方)は「3.太刀・大太刀中心の部隊」で戦闘。

10戦目は夜の室内戦なので「4.短刀中心の部隊」で戦闘。夜で室内となると、短刀は超強いです。

これで問題なくクリアできるはずなので、よろしければ試してみてくださいね♪因みに、「1.打刀中心の部隊」がある程度育っていれば、第一部隊だけで7戦目あたりまで勝ち進めます。

▽超難の攻略情報はこちら

 

「無課金による『連隊戦~初夏の陣~』攻略情報まとめ」にもどる

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA