【悲報】横浜港にもヒアリ!何匹いたの?どれだけ繁殖するの?

スポンサードリンク
Pocket

強い毒を持つ「ヒアリ」が、7月14日に横浜港でも発見されました。もう日本のどこで見つかってもおかしくないですね。ヒアリ増えすぎ!

ヒアリは横浜港で何匹見つかった?

分析

【恐怖】ヒアリの『女王アリ』を発見!何匹いたの?場所や大きさは?

同省によると、確認されたのは繁殖能力のないメスの働きアリ500匹以上とオス5~10匹、幼虫とさなぎがそれぞれ100匹以上。国土交通省や専門家などと進めていた主要7港の確認調査の結果、縦20センチ横40センチ、深さ10センチの地面の割れ目から同日見つかった

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000164-jij-pol

ヒアリが見つかったのは、横浜市中区の本牧ふ頭D5ターミナル内。コンテナ近くの溝(アスファルトの割れ目)にいたそうですが、環境省が調べたところ・・・

なんと、その数は約500匹!!

昼間のニュースでは100匹と言われていたのですが、夜に確認したらここまで増えていました。誤差が大きすぎませんかね!?

繁殖の可能性は?

スポンサードリンク

例のコンテナは香港から運ばれてきたものらしく、ターミナルの外では発見されていないそうです。今のところは。

ただ、横浜港についても7月6日の時点では「発見されていない」と報道されていたのに、8日後には発見された訳ですから、そのうちターミナルの外でも見つかりそうですよね。

因みに、横浜港で女王アリが見つかったというニュースはまだ出ていません。ということは、500匹全てが働きアリだったということでしょう。

横浜港で取った対策としては、殺虫剤によるヒアリの駆除。そして現在は、舗装の「すき間」を埋めるなどの対策をとる予定(というか国から要請されている状態)です。

今までヒアリが見つかった場所

今までヒアリが見つかった場所をまとめると、兵庫県・尼崎市・名古屋港・東京港・大阪港の5都府県ですね。これだけ繁殖力が強く、溝のような見つかりにくい場所に潜んでいるとなると・・・

もうどこから出没するか見当がつきませんね(汗)

これを機に、通販サイトやホームセンターでヒアリ対策のグッズを買っておくのも手段の1つです。スプレーだけでなく超音波タイプなどいろいろなアイテム販売されています。

 

➡ヒアリ&害虫駆除グッズ詳細

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA