【悲報】スマホケースが革製だとバッテリーが劣化!?林先生も初耳の雑学

スポンサードリンク
Pocket

あなたはスマートフォンに、どんなケースを付けていますか?「林先生が驚く初耳学」によると、革製のケースを使うとバッテリー(電池)の劣化が早まるそうです!今回は、番組内で説明されていた「革製ケースの利用で電池が劣化する理由」についてまとめました。

スマホが革ケースだと電池が劣化する!?

スマホ

書で語彙力向上!ノンフィクションは〇〇が多いから効果が高いらしい

「林先生が驚く初耳学」によると、スマートフォンに革製のケースを付けていると、バッテリーが劣化しやすくなるそうです。その理由は、バッテリーの特徴にありました。

スマートフォンのバッテリーとして使われている「リチウムイオン蓄電池」は、熱に弱いという特徴を持っています。スマートフォンを何十分も使っていると、次第に熱がこもるため、バッテリーの劣化が進んでしまうのです。

また、リチウムイオン蓄電池には、外部からの熱にも弱いというデメリットがあります。外部の気温が30度より高くなると、劣化が進むそうです。

話をまとめると、スマートフォンのバッテリーはとにかく熱に弱いという事ですね。使用時にスマホの本体が熱くなってきたら、一度使用を止めた方が良いかもしれません。

余談ですが、テレビでこんな話をしたら皮製ケースの売り上げがガクっと落ちそうですよね。番組に苦情がこないのでしょうか・・・林先生は「初耳」のボタンを押していましたが、とばっちりを受けないか少し心配です(汗)

ケースの中でも革製は温度が上がりやすい

スポンサードリンク

「林先生が驚く初耳学」では、革製のスマホカバーを使った場合にどれだけ温度が上昇するのかという実験が行われていました。

実験の方法は、革製を含めた3タイプの手帳型ケースをそれぞれ15分間使い、それぞれスマートフォン本体の熱が何度まで上昇したのか調べるというものでした。この記事のタイトルからお察しかと思いますが、結果的に一番温度が高くなったのは革製のケースです。

温度は、なんと37度まで上昇していました。37度だと、ぬるめのお風呂と同じくらいですよ!

バッテリーの劣化を防止するには?

スマホアプリ

パプリカの栄養価や効果は色で変わる!黄・オレンジ・赤を比べると?

番組内の解説によると、そもそもスマートフォンにケースを装着しているだけで、本体に熱がこもるそうです。

「じゃあ、ケースを使わない方が良いの?」という話になりますが、それだと落としたりぶつけたりした時に本体が壊れそうですよね。あんなに本体が薄いのに、下手に衝撃を与えたらパキッと割れそうなので怖いです(冷汗)

バッテリーを劣化させないための防止法ですが、スマートフォン本体を手帳型ケースから外すだけでOKらしいです。温度上昇後にケースから出せば、それだけで劣化防止になるのだとか。

▽初耳学シリーズ

窓の隙間から蚊が入ってくる!?正しい網戸の開け方で虫対策をしよう

読書で語彙力向上!ノンフィクションは〇〇が多いから効果が高いらしい

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA