【君の膵臓をたべたい】タイトルの意味は?実は「僕」の誉め言葉だった

スポンサードリンク
Pocket

実写映画化された話題の小説、『君の膵臓をたべたい(キミスイ)』。衝撃的なタイトルですが、いったいどのような意味が込められているのでしょうか?また、ストーリーはどんな内容なのでしょうか?視聴者が気になる疑問をまとめました。

映画『君の膵臓をたべたい』の内容とあらすじ

キミスイ

【キミスイ】ロケ地は京都の〇〇橋!福岡・滋賀での撮影裏話も

実は切ない青春ストーリー

「君の膵臓をたべたい」って、衝撃的なタイトルですよね(+_+)

人から言われたら確実にドン引きする言葉ですし、小説の表紙を見なければホラー小説だと間違える人も多いでしょう。

しかし、中を開けばタイトルとかけ離れた青春ストーリーであることがわかりますね。実は優しく切ない内容なのです。

ザックリ説明すると、死期が近い病気の女の子と、地味な男の子の青春ストーリーといった内容です。

あらすじ(導入部分)

高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数カ月間を思い出していくーーー。

引用元:http://kimisui.jp/introduction.html

現在から、過去の出来事を思い出していく・・・というストーリーになっています。

「ヒロインが病弱な女の子」ということを考えると、物語のパターンとしては『世界の中心で、愛をさけぶ』に近いのかな、と思います(大分昔の作品ですが『いちご同盟』にも近いです)

あ、誤解しないでくださいね!?あくまで物語の構成やパターンが近いというだけで、内容が同じという意味ではありませんよ!

因みに、映画を見た人からは「めっちゃ泣いた」という話をよく聞きます。私も見たので、改めて言われなくても知っているんですけどね(笑)

「僕」と「桜良」ってどんな子?

スポンサードリンク

タイトルの意味について説明する前に、メインキャラクターである「僕」と「桜良」について、どんなキャラクターかおさらいしておきましょう。

■過去の「僕」と「桜良」

「僕」
図書委員。他人に興味がなく、いつも本を読んでいる、クラスいち地味な少年。病院で偶然「共病文庫」を拾ったことをきっかけに桜良と急接近し、桜良の「仲良しくん」としてクラスの噂の的になる。

山内桜良(やまうちさくら)
膵臓の病を患う高校2年生。【僕】のクラスメイト。クラスの人気者で、病を【僕】に知られてから、図書委員に立候補する。病のことは、家族と【僕】以外は誰も知らない。

引用元:http://kimisui.jp/character.html

登場人物には他にもいろいろいますが、とりあえずこの2人だけは押さえておきましょう。

ちなみに、「共病文庫」というのは桜良がつけた闘病日記の事ですね。後の章で詳しくお話ししますが、「僕」はこれを拾ってしまったのです。

桜良の親友「恭子」も重要人物ですが、この子については後の章「ラストの『彼』って誰のこと?」で紹介しますね!

『君の膵臓をたべたい』の意味と解説

本

【君の膵臓をたべたい】『彼』は誰のこと?最後のセリフの意味を解説

では、なぜ青春小説がこんなにも物騒なタイトルなのでしょうか?タイトルとストーリーには、どのような関係があるのでしょうか?その意味について考えてみましょう。

なぜ膵臓なのか?

映画のヒロイン(桜良)は、明るくて可愛いみんなの中心にいるような女の子です。主人公である「僕」とのつながりと言えば、ただのクラスメイトというだけ。接点はほとんどありませんでした。

しかし、桜良には「膵臓の病気にかかっているため長生きできない」という秘密があります。そのため、タイトルに「膵臓」という言葉が使われているのです。

病気の事は桜良の秘密だったのですが、「僕」は偶然そのことを知ってしまいます。まあ、はっきり言うと彼女の日記を見ちゃったんですよね。

日記というのは、「僕」のキャラクター紹介で触れられている「共病文庫」のことです。これがきっかけで、桜良と僕の関係は変化していきます。

偶然日記を見てしまった時から、桜良にとっての「僕」は、『秘密を知っているクラスメイト』という特別なポジションになるのです。

なぜ「膵臓を食べたい」のか?

※ここから盛大なネタバレになるので、ご注意くださいね!

『君の膵臓をたべたい』というのは、「僕」が「桜良」に送ったメールの一文です。

もちろん、そのままの意味ではなく比喩(というかジョーク)です。本当の意味は「僕は君のようになりたい」という、誉め言葉なのです。

膵臓の病気を患っていた「桜良」と、その事実を知っていた「僕」の間でだけ通じるジョーク。それが、タイトルにもなった「君の膵臓をたべたい」という言葉でした。

最初にタイトルを聞いた時は「え、ホラー映画?」という感想でしたが、映画を見た今ではすごく深い言葉に聞こえます。「君のようになりたい」と直接言われるよりも、心に響く気がしますよね。同じ内容のセリフでも、言い方ひとつ変えるだけでここまで印象が変わるのですから、言葉って不思議ですよね。

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA