【フラ恋】第6話ネタバレ感想!深志研がラジオでカミングアウト

スポンサードリンク
Pocket

ドラマ『フランケンシュタインの恋』第6話のネタバレ感想です!今回は深志研さんがラジオに出演しましたね。まさかラジオでカミングアウトするとは思っていませんでした・・・

第6話でまさかのラジオに出演

最終回ネタバレ

▽第6話あらすじ

深志研(綾野剛)が天草(新井浩文)のラジオ番組に「フランケンシュタイン」というラジオネームで出演した。津軽(二階堂ふみ)は心配しながら稲庭(柳楽優弥)や鶴丸(柄本明)と大学の研究室でラジオを聴く。すると本番中、深志研は自分が人間ではないと告白し始める。津軽らは焦るが、十勝(山内圭哉)らは相手にしない。さらに深志研は、もっと人間を知りたいと話し、天草も深志研にメッセージを送るようリスナーに呼び掛ける。

引用元:https://tv.yahoo.co.jp/tv_show/drama/spring/00001141archive.html

第6話は、ラジオを通して人間界の人たちに深志研の全てをさらけ出し、ひとつひとつの疑問を理解していくという話でした。

天草さんはいい人なのか、深志研さんを利用して自分の人気を上げようとしているのか、いまいち判断がつきませんが・・・深志研さんにとっては信頼できる存在であることは間違いないと思います。

フランケンシュタインの本性が世間にバレたら

スポンサードリンク

だんだん、フランケンシュタインとしての存在が本物であるという事で、深志研の人気が出てきましたが、私も津軽さんと同じでかなり心配しながら見てしまっています。

やはり世間の目に晒されるという事は、物珍しくて初めは皆んな注目するでしょうけど、その後はどうなるんだろうと考えてしまいます。

今回の最後も、結局それをよく思わない人から攻撃され、津軽さんを悪く言う姿を見て遂にフランケンシュタインは怒って本性が出てしまいます。

これが世間にバレてしまった後、周りの接し方はどう変わるのか、おそらく怖がったり気持ち悪がったり、そして最後には自分たちと別の世界へ追いやろう、若しくは殺そうと考えるのが普通なのではないかと想像を膨らませてしまいました。

命の問題で言えば、津軽さんにも不治の病があるため、どのように展開していくのか、今後も見所が多いドラマだと思っています。

綾野剛の顔芸がじわじわくるドラマ

次にドラマ全体の感想ですが、綾野剛がはまり役だと思って毎回楽しみに見ています♪人間を知りたい、人間の女性に恋をしている120歳のフランケンシュタインという何とも不思議な設定のドラマですが、安っぽさがなく見始めるといつもあっという間に1時間が過ぎてしまいます。

私が一番好きな所は、フランケンシュタインである深志研さんがとても可愛らしいところです。津軽さんがいつも丁寧に優しく人間の生活について教えているシーンを見ると、ほっこりしますよね?

それに一喜一憂して、どんどん人間のコミュニティに溶け込んでいく深志研さんを見るていると、さらにほっこりします(笑)

綾野剛のフランケンシュタインとしての役どころにおける表情の使い方(もはや顔芸?)が何とも言えず可愛らしくて微笑ましく見ています。日曜の夜にぴったりのドラマなのではないでしょうか。

『フラ恋』最終回は?稲庭先輩は身を引くと予想

最終回へ向けて、最後はハッピーエンドで終わる気がします。というか、このままバッドエンディングではあまりにもこのフランケンシュタインなる男がかわいそうです。

人と違って生きてきた怪物は、人間にはなれないかもしれません。でも、それに気づいても津軽さんの気持ちに寄り添って、気持ちを分かってあげる事は可能だと思います。

深志研さんは本来優しい人ですので、その想いは津軽さんに届くと思います。稲庭先輩も、津軽さんへの想いを抱きつつも2人の幸せを見届けると思っています。

▽「フランケンシュタインの恋」第一話の感想

【フラ恋】最終回予想!ハッピーエンドへの鍵は〇〇が持っている?

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA