『シルエットはかせ』はネタ切れ?評判や「つまらない派」の意見を調査

スポンサードリンク
Pocket

あなたは『シルエットはかせ』をご存知でしょうか?2017年4月5日(水)から『おかあさんといっしょ』で開始されているコーナーで、シルエットはかせ役を務めるのは、第12代うたのおにいさんとなった「花田ゆういちろうおにいさん」です。人気コーナー 『かぞえてんぐ』の後任となる訳ですが、はたして評判はいかがなものでしょうか?そして「ネタ切れ」の噂は本当でしょうか?(放送内容のネタバレを含みますのでご注意ください)

『シルエットはかせ』とは?内容をサクッと解説

大ジャンプ

【危険】ハンドスピナーで子供が窒息事故!?アメリカでついに警告

『シルエットはかせ』の役を務めるのは、第12代目のうたのおにいさんこと「花田ゆういちろう」さん。2017年4月3日から「おかあさんといっしょ」で活躍しはじめた男性です。因みに同コーナーには、ムームーと呼ばれる着ぐるみのキャラクターも登場しています。この2人が中心となってコーナーを進めていきます。

花田ゆういちろうさんは爽やかな印象の男性ですが、彼が扮する「シルエットはかせ」の恰好はというと、黒いハット帽・付け髭・マント・眼鏡・・・と、まるでマジシャン。彼が本来持っている爽やかさは、あまり感じられません。

気になる内容ですが、一言で表すと「シルエット当てゲーム」です。影が大好きなシルエット博士が、子どもたちに「とある物」の影を見せて、それが何の影か当ててもらうという内容です。

【評判】「ネタ切れ」とか「つまらない」って本当?

スポンサードリンク

コーナーの評判は?

前番組の『かぞえてんぐ』といえば、その独特な台詞から一部では「変態」「変質者」と言われていましたよね。人気のあるコーナーだったためか、新コーナーである『シルエットはかせ』も、話の構成が似ています。

そして、Twitterを見るとはかせに対して「変態キャラ」「なかなかの変態っぷり」との声が少なくありません。その理由は、かぞえてんぐと同様に、台詞から若干の変態くささを感じる・・・というものでした。因みに、コーナー1回目の放送時には、ツイッターに次のようなコメントが寄せられていました。

「変態っぽさにキュンとした」
「水曜日の新しい変態枠がきた!」
「ゆういちろうお兄さんの変わりっぷりがスゴイ!これからに期待」
「うさんくさいキャラクターが良い」

当初の評判は悪くありませんね。元々、視聴者の中には変態キャラを期待していた人が少なくなかったので(笑)放送から数カ月経った現在でも、視聴者の反応は悪くありません。

「難しすぎてつまらない」との声も

しかし、一部では「シルエットが子供にはわかりにくいのでは?」「ちょっと難しい」という意見もあります。大人からすれば簡単な問題でも、子どもにとっては「難しすぎてつまらない」と感じるのでは・・・という意見は、確かにわかりますね。

本当に「ネタ切れ」したのか?募集の真相は?

6月には、番組内で早くも「シルエットの募集」が行われていました。これはネタ切れということなのでしょうか・・・?もしくは、視聴者の意見を積極的に取り入れたいという、NHKの向上心の表れなのか・・・

個人的には、ネタ切れの可能性は少ないと思っています。だって、シルエットなんて探せばいくらでもありますよね?ということは、「ネタには困っていないけど、子どもが楽しめそうなネタがあれば提供して!」という話なのでしょう。

記念すべき1回目の放送内容

せっかくなので、記念すべき第1回の放送内容を載せておきますね♪

4月5日の初放送では、「第1の影」としてボードに丸い形をしたシルエットが表示されました。これは「とあるモノ」を上から見たシルエットです。はかせは「丸みが最高!」と喜んできましたが、子どもたちは何のシルエットか気づきません。

そこで、「第2の影」として、今度は後ろから見たシルエットが表示されます。この段階でも、子どもたちはまだ影の正体に気づいていません。はかせから「水の音がする」というヒントが出ましたが、やはりわからない様子。

最後に横から見た「第3の影」が表示され、ようやく皆が「とあるモノ」の正体に気づきます。丸みがあって、中に水が入っているモノ・・・答えは「やかん」でした。スタジオの子どもたちが元気よく答えている姿は、本当にかわいらしいです。ムームーも嬉しそうでした。

コーナーの最後には、「えっと、えっと、シルエット!」というセリフと共に、はかせと子どもたちによる決めポーズが披露されました。

はかせは影が大好きなので、とにかく影に執着します。ムームーに対しても、「君はいい影をしているな!形も濃さも、この揺らぎも!」と言いながら、ムームーの影をなでまわします・・・不思議な状況ですね。やはり、かぞえてんぐと同じ匂いを感じます。また、影を愛でるというキャラクター設定も、胡散臭さ・変態らしさの理由かもしれません

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA