【シノアリス】第5章ネタバレ!クロスストーリーの考察&解説

スポンサードリンク
Pocket

このページでは、ゲーム【シノアリス(SINOALICE)】の第5章のストーリーについて解説しています。第5章は、9人全ての主人公が合流するクロスストーリー(共通シナリオ)となります。各キャラのセリフをそれぞれ聞きながら、ストーリーを進めていきます。

このページを読む前に

クロスストーリー

【シノアリス攻略まとめ】総合値の上げ方からネタバレまでサクっと解説

※1・ネタバレ・考察・感想を含むのでご注意ください!

※2・このページを読む前に、上記のリンクから全キャラクターズのモノガタリ4章を読んでおくと、内容が理解しすくなります。

【第五章一節】全員が集うクロスストーリー

束縛・正義・暴力・卑劣・依存・悲哀・虚妄・睡眠・被虐・・・・・・それぞれの欲望に囚われた者達。

「ヨうコソ世界ノ深淵へ!!」「ココがオマエ達の生キル世界!」「アレが倒スべき敵!!」

人形たちの壊れた叫び声がこだまする。恐れる事はない。欲望が違えど願うはただひとつ。作者の復活なのだから・・・・・・

ーゲーム本編より引用ー

【第五章二~九節】

スポンサードリンク

【二節】ギシンとアンキ

モハヤ後戻りは出来ません。ソレニ気づくのは、いつも手遅れニナッテからデス。

【三節】アリスとスノウ

束縛のアリス。正義のスノウ。この現実から逃げはしない。選択したのは、自分自身だから。

【四節】シンデレラと赤ずきん

卑劣のシンデレラ。暴力の赤ずきん。私達の前に立つ愚か者は、誰?

【五節】ギシンとアンキ

スバラシイ!たまリマセン!そのまま踊り続けてクダサイ!

【六節】いばら姫とグレーテル

睡眠のいばら姫、虚妄のグレーテル。この世界に飽いたなら、全てを消してしまいましょう。

【七節】ギシンとアンキ

この世界に於イテ「タダ」という物はゴザイマせん。

【八節】ギシンとアンキ

ソノ欲望を見せてクダサイ。ソノ渇望を広げてクダサイ。その羨望を晒してクダさい。

【九節】かぐやとピノキオ

被虐に酔うかぐや姫。依存に溺れるピノキオ。この世界には、価値があるの?

ーゲーム本編より引用ー

【第五章十節】クロスストーリーの結末

スポンサードリンク

暗く淀んだ闇の中で腐臭が広がる。何かが動いている。何かを呟いている。

「アレはこの世界の呪いの子」「アレは貴方様が倒すベキ敵」

何も見ていない眼。血を吸って濁った刃。耳障りなギシントアンキの声が 溶け切らないうちに、その獣は悲しい声で笑い始めた。

そのナイトメアは叫びながら 灰のように消えていった。それは・・・

「もう、気づいてイルンダロウ?」「気づいてイルンデスよね?」

あれは私の服 それはアタシの声 これは僕の武器

「タダで欲望を満タス事ハ無理!」「代償!代償!代償なのデス!」

自らが支払うべき呪縛 その現実を、アリス達は静かに見つめていた。

ーゲーム本編より引用ー

▽次のステージ【憎悪篇】はこちらからご覧いただけます

「シノアリス:最悪のネタバレ解説」に戻る

考察&ネタバレ感想

第5章の最後で、この世界の真相が明らかになります。ナイトメアの正体は、主人公たちなのです。うすうす勘づいていた人も多いのではないでしょうか?

ここからは私の考察ですが、恐らく「シノアリス」の世界では、本の数だけ主人公が存在するのでしょう。例えば、「不思議の国のアリス」の本が100冊あれば、100人のアリスがいるという訳ですね。そして、その中には道を間違えてナイトメアになってしまったアリスもいるのだと思います。

因みに、五節でギシンとアンキが聞き捨てならないことを言っていましたが、気づきましたか?このセリフですね↓

「そのまま踊り続けてクダサイ!」

「踊り続けて」という部分がわかりやすいですよね。アリスやスノウを利用しているのが丸わかりなセリフでした。

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA