【シノアリス】ピノキオのストーリーネタバレ!第一章の考察まとめ

スポンサードリンク
Pocket

このページでは、【シノアリス(SINoALICE)】の登場キャラクター「ピノキオ」のストーリー第一章について解説しています。最悪の物語を、(頭が)最悪な管理人が紹介していきます。

※1・物語のネタバレありなのでご注意ください!

※2・この記事は「シノアリスってどんなゲーム?」を読んだ人向けに書かれています。世界観がわからない人は、先にそちらから読むことをおすすめします。

はじめにーピノキオの目的についてー

ピノキオの目的とは?

ピノキオ

シノアリスの主人公は、ピノキオを含めた童話の主人公たち。全員が「作者を蘇らせる」という共通の目的を持っていますが、そのためには全てのキャラを滅ぼさなければなりません。最終的には殺しあう運命にあるものの、現在は一時的に手を組んでいる状態です。

ピノキオが作者の復活を願う理由ですが、ざっくり言うと「自分一人では何をすべきか判断できないため」です。何をしたらよいのかわからない状態を恐れる性格のため、彼は作者に助けを求めました。

キーワードは依存

各キャラクターにはキーワードがあり、ピノキオには「依存」という言葉が充てられています。

▽依存の意味

名:互いに頼り合う間柄であること。また、その状態から抜け出せないこと。
①「ーできる相手がいるだけマシだ。一人ぼっちでは頼ることもできない。」
②「弱い人間にとっては益々その人を弱くし卑屈にし、ー的にさせる」

ピノキオのあらすじ

ゼペットによって作り出された。人形は社会不適合者だった。
人形は社会の荒波にもまれながらも必死にもがく、ピノキオ。果たして彼は、無事願いをかなえることができるのだろうか?

ーゲーム本編より引用ー

第一章一節【チュートリアル】

スポンサードリンク

ピノキオは恐れる  わけのわからない場所にいる自分を 何をしたらよいのかわからない状態を

ピノキオは恐れる 自らが手にした武器を 酷く醜い言葉を吐く杖を

恐れのあまり、ピノキオは作者に助けを求めた。しかし、作者を蘇らせるには 他人を殺す 必要があることをピノキオはまだ知らなかった

ーゲーム本編より引用ー

ピノキオの悲しげな独り言と共に、一章一節がスタート。一章では他のキャラクターズとの会話がないため、9節までピノキオの独白が続きます。流れとしては、独白→戦闘→独白→戦闘・・・となるので、ストーリー的にも進展はなし。敵の倒し方を覚えるだけです。

ピノキオをアバターに選んでプレイしたところ、ピノキオは攻撃するたびに「できるかなあ」と不安そうな声を出していました。「逃げたいけど、逃げられない」「操り人形の方が楽だよね」など、セリフから彼のネガティブさがわかります。キーワードが「依存」のキャラクターなだけあり、一人で何かをするのが心もとないようです。

最初は弱い敵をザクザク倒していくのですが、最後にドラゴンが登場。さすがにピノキオ一人では勝てないため、ナビキャラであるギシンとアンキが他のキャラクターに応援を頼んでくれました。結果、無事ドラゴンに勝利。

第一章二節~九節【ピノキオのセリフ】

一章でわかるのは「ピノキオはどんなキャラなのか」「なぜ作者を復活させたいのか」という内容のみ。上の項目でお話しした通り、ストーリーはほぼ進みません。それでは、2節~9節までのピノキオの独白を見ていきましょう。

とりあえず、作者を復活させよう。だって僕には何もできないから。

作者のいない物語。それは羅針盤を失った航海のようだ。差し詰め僕は、漂う小船。

ゲハハハハッ!殺レヨ犯セヨ引キ裂ケヨ!正々堂々殺セルナンテ、コンナ機会ハ滅多ニナイゼ!

ここで、ピノキオの相棒(?)である口の悪い杖が登場。

殺せ、殺せと杖が煽る。こんな武器、本当は手放してしまいたい。けれど、1人になるのが怖くて手放せない。

噓をつくと鼻が伸びる物語。作者がいない今ならば、多分嘘をついても大丈夫だろう。だから言おう。「君が必要」と。

臆病者ハ片隅デ ガタガタブルブル震エテナッ!敵ハ皆、尻カラ顔マデ串刺シテ鵙ノ早贄デキアガリ!

僕の邪魔をするのなら、残念だけど戦おう。だって今はそれしか道がない。

別に望みはない。強いて言えば、僕は誰かに 引っ張って貰いたいだけなんだ。

ーゲーム本編より引用ー

ピノキオの独白はここで終わります。自分1人では、何をすればいいのかわからない・・・そんな思考から、口の悪い杖を傍に置き、嘘をつき、どんどん死体の山を作っていきます。

一章十節のストーリーネタバレ

シノアリス特集

【シノアリス攻略】総合値の上げ方8選!効率良くストーリーを進める方法

乱暴な杖と共にピノキオは敵を倒す。本当は殺したくないのだと、悲しさに顔を歪めながら、罵詈雑言を放つ杖に身を委ね、ピノキオは死体の山を築く。

まるで、この戦いは自分の意志では無いのだと言うように。

ピノキオは望む。自分以外の誰かに道筋を決めてもらいたいのだと。ピノキオは望む。だから一刻も早く作者を復活させて、自分をどうにかしてもらおうと。

自分の意志を恐れ、他人の意志に身を委ねる事を 強く望むは人形ゆえか。

依存  それは、ピノキオを吊る操りの糸。

ーゲーム本編より引用ー

▽ピノキオのストーリー2章ネタバレはこちら

【シノアリス】ネタバレ!かぐや姫とピノキオ第2章を考察&解説  

ピノキオは、自分の意志で何かを決めることが恐ろしいようです。依存という言葉に支配されたキャラクターですね。しかしながら、戦うこと自体は嫌いな性格です。そして今さらですが、男の子です。

「シノアリス:最悪のネタバレ解説」に戻る

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA