【シノアリス】人魚姫のストーリーネタバレ!憎悪編1章を解説&考察

スポンサードリンク
Pocket

このページでは、【シノアリス(SINoALICE)】の登場キャラクター「人魚姫」のストーリー第一章についてネタバレ&考察をしています。人魚姫の物語は他のキャラと違い、憎悪篇からのスタートとなります。外見はすごく可愛いですが、どんなキャラクターなのでしょうか?

はじめにー人魚姫ってどんなキャラ?ー

人魚姫のストーリー

人魚姫

➡【シノアリス攻略】人魚姫の入手条件は?物語はいつ解放される?【画像アリ】

それは悲劇と愛のバランスが完成された物語。だが、彼女はそれを壊してまでも作者の復活を求める。「全てを殺す」戦いの果てに、彼女が求める願いとは・・・?

ーゲーム本編より引用ー

キーワードは悲哀

各キャラクターにはキーワードがあり、人魚姫には「悲哀」という言葉が充てられています。

悲哀:[名]悲しさと哀れさの入りまじった感情。悲しくあわれなこと。
①「僕はなんという幻滅の-を味わわねばならないんだ。」
②「死の-が極度に己れを苦しめる」

原作「人魚姫」のストーリーは、王子への恋心が報われないという内容です。そのため、このキーワードは相応しいと言えるでしょう。ただし、人魚姫の性格が「原作と同じであれば」の話ですが・・・

因みに、原作の人魚姫は泡になった後で、「風の精」へと姿を変えています。悲恋ですが、完全なバッドエンドではありません。

作者「アンデルセン」について

人魚姫、マッチ売りの少女。彼の代表作はヒロインの死によって完成される。障害未婚の作家「アンデルセン」。彼は何を想い、何を託し、人魚姫を書き上げたのだろうか・・・?

ーゲーム本編より引用ー

第一章一節のセリフネタバレ

スポンサードリンク

人魚姫は涙をこぼす。ぽろり一粒真珠の頬に。落ちて流れて哀しんで。王子様ではなく作者に会いたい。その為の一粒の涙。

ハンス・クリスチャン・アンデルセン。人魚姫の生みの親。彼を復活させるには 無数の犠牲が必要で。人魚姫は涙をこぼす。これから重ねる罪に怯えて。

ーゲーム本編より引用ー

第一章二節~五節までのセリフ

人魚姫の物語。それは悲しい物語。王子様に恋をして 泡となって消える物語・・・

人魚姫が、人間の王子様を助けて恋をした。それが最初の悲劇。

恋をした人魚姫は、魔女から声と引き換えに足を得た。それが第二の悲劇。

王子は人魚姫ではなく 別の娘を命の恩人と勘違いした。それが第三の悲劇。

第一章六節~九節までのセリフ

王子は人魚姫ではなく 勘違いした娘と恋に落ちた。それが第四の悲劇。

人魚姫の姉たちは短剣を渡した。それで王子の血を流せば 元の人魚に戻れると。それが第五の悲劇。

人魚姫は王子を殺せなかった。それが第六の悲劇。

王子の愛を得られない人魚姫は 泡となって消えてしまった。 それが第七の悲劇。

ーゲーム本編より引用ー

第一章十節のストーリーネタバレ

悲しみだらけの物語です。けれど無償の愛の物語です。それが人魚姫。アンデルセンの普及の名作。

「完璧な物語デス。ああ、なのにーーー」

「作者を復活サセて、あなたは何を 望むデス?」

自分の命を犠牲にした人魚姫。今度は他人の命を犠牲にして。「何ヲ望むのデスか?」

ぽろりと、涙零れて。それは朝露のような輝き。その涙が教えてくれた。私の望みを。願いを。

悲しい物語。けれど美しい物語。哀しいからこそ輝く愛の物語。だからーーー

「アンデルセン。どうかもっと 悲しい物語に書き換えて」

悲哀 それは 人魚姫を彩る 海の泡沫。

ーゲーム本編より引用ー

モノガタリの考察&感想

アリス同様に常識人かと思いきや、人魚姫は結構ぶっ飛んだ考え方をしていますね。より美しい物語にするために、より悲しく書き換えるという・・・一周回った発想の持ち主です。「悲劇=キレイ」の図式はわかりますけどね。そしてよく読むと、「悲しみ」と「哀しみ」が使い分けられています。

▽人魚姫のモノガタリ第二章ネタバレはこちら

【シノアリス】人魚姫のストーリーネタバレ!憎悪編2章を解説&考察

 

「シノアリス:最悪のネタバレ解説」に戻る

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA