【シノアリス】ネタバレ!スノウとシンデレラのストーリー第4章解説

スポンサードリンク
Pocket

このページでは、ゲーム【シノアリス(SINOALICE)】のストーリー解説をしています。今回は「スノウホワイト」と「シンデレラ」のストーリー第4章についてまとめました。第4章はクロスストーリー(共通シナリオ)となっているため、2人の独白を交互に聞きながらストーリーを進めていきます。

※1・ネタバレ・考察・感想を含むのでご注意ください!

※2・このページを読む前に、スノウホワイトとシンデレラのモノガタリ第3章をそれぞれ読んでおくと、内容が理解しすくなります。

【第四章一節】スノウとシンデレラのストーリー

クロスストーリー

【シノアリス】ストーリーネタバレ!アリスとスノウホワイト第3章

純白の正義と黒灰の卑劣。あまりにも相性は最悪で、笑えるほどに正反対。スノウの瞳は嫌悪を浮かべ、シンデレラの口元は嘲りに染まる。

許せない。殺したい。ぐちゃぐちゃにしたい。正したい。作者の復活のためにその欲望を真綿で包み、二人は視線を交わし合った。それは決して理解し合うことのない嫌悪の同盟

ーゲーム本編より引用ー

【第四章二節】2人の会話をネタバレ

スポンサードリンク

【二節】

己の事に終始して、主すら道具とするなど 私には考えられない。あの人は間違っている。

【三節】

独り善がりを押し付けて さぞかし気持ちがいいだろう?なぁ、偽善に塗れた白いお姫様。私はアンタを汚したい。

【四節】

あの歪んだ笑顔を正し、その嘲る目元を正し、この罵る舌を正したい。正しき道を示したい。

【五節】

あのまっすぐな瞳を潰し、そのきりっとした口元を歪め、この清廉な顔をぐちゃぐちゃにしたい。ああーーーなんて甘美な愉悦だろう!

【六節】

間違っている者を正すのも 正義の務めであるならば、私は彼女の導き手となろう。

【七節】

導き手?じゃあお願いしようかな。誠実に、律儀に、従順に応えるよ。裏切られた時のアンタの顔が見たいから!

【八節】

許し難き卑劣。度し難き歪み。正義の前にーーー斬り落としたい。

【九節】

アンタのは私怨。そこに正義はない。だから私を殺したら アンタの正義は死ぬんだよ?それでよければ、さあこの首をどうぞ?

ーゲーム本編より引用ー

【第四章十節】クロスストーリーの結末

スノウホワイト2

【シノアリス】通信がつながらない!物語が進まない!対処法はあるの?

ああ限界だ!そう言ったのはどちらが先?自分を正しいと信じるお姫様 この世を斜めに見ている灰かぶり どちらが先かなんて関係ない。殺し合えればそれでいい!

でもそこに運悪く。ナイトメアが現れた。ああ、何て可哀想。どうして?倒す理由が八つ当たりだからさ!

憐れドラゴン八つ当たり。八つ裂き、串刺し、滅多刺し!皮肉にも、スノウとシンデレラの攻撃は とっても息が合っていて。はたから見れば親友のよう。

だから、スノウは ますます嫌悪を募らせる。だから、シンデレラは ますます愉悦に歪んでいく。

正義と卑劣。それは決して交わることのない 写し鏡の二人の物語。

ーゲーム本編より引用ー

▽スノウ&シンデレラ5章のネタバレはこちら

【シノアリス】第5章ネタバレ!クロスストーリーの考察&解説

考察&ネタバレ感想

案の定というか、何というか・・・きましたね。スノウとシンデレラのクロスストーリー。そして仲がめちゃくちゃ悪い。むしろ、互いに嫌悪感を持っている感じですね。2人の間には、常時ピリピリした空気が流れていそうです。

明らかに相性が悪いので「出会った直後に戦闘開始!」みたいな流れになるかと思いましたが、セーフでしたね!(ナイトメアが犠牲になりましたが)

だって、スノウは「悪・即・斬!」とか言いそうじゃないですか・・・

スノウは一度、シンデレラを更生させるため「あなたの導き手となろう」と声をかけていますが、シンデレラが応じる訳ありません。最終的には、スノウも「斬り落としたい」と言い出す始末です(汗)

「シノアリス:最悪のネタバレ解説」に戻る

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA