【シノアリス】ネタバレ!スノウホワイトのストーリー第2章を解説&考察

スポンサードリンク
Pocket

このページでは、【シノアリス(SINoALICE)】の登場キャラクター「スノウホワイト」のストーリー第2章について解説しています。最悪の物語を、(頭が)最悪な管理人が紹介していきます。

※1・物語のネタバレ・考察・感想を含んでいるので、苦手な方はご注意ください!

※2・この記事は【シノアリス】スノウホワイトのストーリーネタバレ!第一章を解説を読んだ人向けに書かれています。

【第二章一節】ストーリー解説

スノウホワイト

【シノアリス】ネタバレ!いばら姫のストーリー第1章の考察&解説

正しき者を阻む事は出来ない。正しき者を罰する事は出来ない。正善なる刃は光となり、正善なる鉄槌は秩序となる。

だから正義の名の下に。数多の命を捧げよう。我が主を復活させる事、それこそが私の正義。

ーゲーム本編より引用ー

【第二章二節~五節】ストーリーネタバレ

【二節】

道は雪に埋もれている。けれど何も迷わない。正義の光が行き先を照らすから。

【三節】

ああ、なんて醜いのだろう。ああ、なんて憐れなのだろう。だからその命を狩り取ろう。一瞬の痛みと永遠の安らぎを。

【四節】

思い切り武器を振り下ろす。飛び散る赤に目を細める。心は動かない。それは正しさの証。

【五節】

誰からの理解も得られず、皆からの非難を受けても、歩みを止めることはない。ただ一つの願いがあるから。

【第二章六節~九節】ストーリーネタバレ

スポンサードリンク

【六節】

暗闇で汗にまみれて目を覚ます。今響いたのは誰の悲鳴?私じゃない。私のはずがない。だって私は正しいのだから。

【七節】

倒す度に、奪う度に、抑えつけた感情が悲鳴を上げる。けれど無理矢理蓋をして。重しを乗せて沈めましょう。

【八節】

夢を見た。それは優しく芳しく。甘やかに腐り落ちるほど美しく。目を覚まさなければ捕らわれる。

【九節】

悪夢が来る。逃げて、走って、走って、逃げて。汚されないように、犯されないように。あなたの為に綺麗なままで。

ーゲーム本編より引用ー

【第二章十節】もう1人のスノウ

あれは何?これは私。あなたは誰?私はあなた。想いを歪め 願いを違えた 私(あなた)の姿。

さあ、一口食べましょう。林檎という名の毒を。正義という名の独善を。これは もう1人の スノウの話。

闇に落ちた自分の血に 手足は塗れ、頬を濡らす。あなたは何を歪めた?あなたは何を違えた?問う声に返る言葉はなく、嘲笑だけが木霊する。

スノウは認識する。正義に照らされた己の足元。しかしそれは、常に崖の淵にあるのだと。

ーゲーム本編より引用ー

▽スノウ第3章ネタバレはこちら

【シノアリス】ネタバレ!アリスとスノウホワイト第3章の考察&解説

考察&ネタバレ感想

スノウの眼前に、自分そっくりのナイトメアが登場。ドッペルゲンガー・・・ではありませんが、ちょっと怖いですよね。各キャラ共通で、モノガタリの節目には自分と同じ姿のナイトメアが現れるようです。

そしてスノウ本人は否定していますが、彼女は眠る度に悪夢にうなされています。そして悲鳴をあげて、毎回自分の声で目を覚ましているという状態ですね。美容には大変よろしくない・・・

「シノアリス:最悪のネタバレ解説」に戻る

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA