【シノアリス】シンデレラとピノキオの物語ネタバレ!憎悪篇2章まとめ【考察】

スポンサードリンク
Pocket

ゲーム【シノアリス(SINOALICE)】のストーリー解説をしています。ピノキオとシンデレラの第2章(憎悪篇)はクロスストーリーになっているので、先に各キャラの1章を読んでおくと、内容がわかりやすくなります

※各キャラのモノガタリはこちらから読めます。

ネタバレ・感想・考察を含むので、閲覧の際にはご注意くださいませ!

第二章一節ネタバレ

嫌な相手に会ったと ピノキオは思った。面白い相手に会ったと シンデレラは思った。

さて、卑劣の灰かぶりと 依存の人形の相性は?1人は恐怖に、1人は愉悦に、顔を歪めた。

「最悪だ」「最高だ」

ーゲーム本編より引用ー

第二章二~五節

ピノキオ

【シノアリス】ピノキオの章ネタバレ!憎悪篇1章まとめ【考察】

二節:ピノキオのセリフ

苦手なひとに会った。僕は指示して欲しいだけで 虐めて欲しい訳じゃないのに。

三節:シンデレラのセリフ

虐めて欲しい顔をしている奴を 虐めても面白くない。虐めないで、という顔をしている奴を あげつらうのが面白い。

四節:ピノキオのセリフ

こういう時に限って杖は黙る。まるで僕が困るのを 楽しんでいるかのよう。

五節:シンデレラのセリフ

右を向けと言えば右を。左を向けと言えば左を。なんて面白い玩具だろう!

第二章六~九節

スポンサードリンク

六節:ピノキオのセリフ

シンデレラさんの言う事は 無茶苦茶で理不尽で。でも指示されると安心してしまう 自分もいて。

七節:シンデレラのセリフ

私の指示に嫌な顔をしながらも、忠実に付いてくるこの子にーーー物語の中の「私」が被った。

八節:ピノキオのセリフ

元は人形だから、人の意のままになりたい。今は人間だけど、誰かに指示されたい。僕が肉の体を持つ意味は何?

九節:シンデレラのセリフ

意志のない人形は  壊した く な る。

第二章十節のラスト

シンデレラ

【シノアリス】シンデレラの物語ネタバレ!憎悪篇1章まとめ【考察】

卑劣のシンデレラと依存のピノキオ。微妙な均衡を保つ2人の前に、不思議な存在が現れた。

「なんだ、アレ」「まさか・・・幽霊!?」 怖がりなピノキオはシンデレラの背中に隠れてしまう。

「まあ、何にせよーーー」 倒すだけだと舌なめずりして、シンデレラは怯えるピノキオを前に押し出した。

肉体を持たぬ思念体。それは果たしてナイトメア?ナイトメアとはいったい何?けれど、そんな疑問より。心だけの存在はーーー

「僕より」「アンタより」「人間らしい」

互いのつぶやきが重なり合って ライブラリの中に溶けていく。悲しげな顔をしたピノキオは、杖を手にして シンデレラの前から姿を消した。

▽第3章(憎悪篇)のネタバレはこちら

シンデレラ【シノアリス】シンデレラの物語ネタバレ!憎悪篇3章まとめ【考察】

ピノキオ➡【シノアリス】ピノキオの章ネタバレ!憎悪篇3章まとめ【考察】

考察&ネタバレ感想

ピノキオが10節の最後のつぶやいた「僕より人間らしい」というセリフが、すごく切なかったです。(´;ω;`)そしてシンデレラは、すごくゲスかったです・・・あんまりピノキオを虐めないであげて?

シンデレラは、ピノキオを見て「物語の中の自分と被る」と言っていましたが、反応を見る限りではよほど昔の自分が嫌いなようですね。

「シノアリス:最悪のネタバレ解説」に戻る

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA