【シノアリス】グレーテルのストーリーネタバレ!憎悪編3章を解説&考察

スポンサードリンク
Pocket

【シノアリス(SINoALICE)】のネタバレ&考察ページです。今回は、グレーテル(ヘンゼル)の憎悪編3章について紹介していきます。2章で半狂乱になったグレーテルですが、

第三章一節のストーリーネタバレ

ヘンゼルグレーテルの物語

【シノアリス】グレーテルと赤ずきんの物語ネタバレ!憎悪編2章を解説&考察

ーーあれを御覧。狂いし者だ。ナイトメア達がひそひそと話し合う。

ーー目を合わせないで。殺されるから。

ふらふら歩く少女を見て、小さなゴーレム達が身を寄せ合う。

それらをぐるりと見渡して 少女はにたりと笑みを浮かべた。

ーゲーム本編より引用ー

 

第三章二節~五節までのセリフ

スポンサードリンク

・・・思い出す。暗い森。月夜の道。お菓子の家。魔女の竈。

魔女が兄様を。太らせて、食べようと。

私は 竈に魔女を 押し込めて。

・・・それを 私は竈から見ていた。

第三章六節~九節までのセリフ

私は 私を助けた。私は 私に助けられた。

そして私は 私を殺した。私は 私に殺された。

殺されて 殺したから。私は 私を求めて。

私は 私。私じゃ ない

ーゲーム本編より引用ー

第三章十節のモノガタリ

「ボクハボク」「ワタシハワタシ」

小さなゴーレム達は 自分を指さし、確認する。それは自我を持ち始めた証。

「アナタハダレ?」

小さなゴーレムの問いかけに、少女はとうとうその名を口にした。

「私はーーヘンゼル」

「アナタはダレ?」

小ゴーレムが問いかけながら消えていく。

私はヘンゼル。そう、兄のヘンゼルです。では、この首は?殺されたのはダレ?

「グレーテルだ」

一夜だけ咲く花のように 正気に戻ったヘンゼルの瞳から、透明な涙が一粒、零れ落ちた。

ーゲーム本編より引用ー

▽グレーテル憎悪篇の4章ネタバレはこちら

【シノアリス】グレーテルといばら姫の物語ネタバレ!憎悪編4章を解説&考察

考察:グレーテルの性別はやっぱり男だった!

この章で、はっきり理解できましたね。グレーテルの正体は「ヘンゼル」だったのです。衝動編4章あたりの考察で書きましたが、ヘンゼルが自分のことをグレーテルだと思い込んでいる・・・という解釈で合っているはずです。多分。

グレーテル(=ヘンゼル)は4節で「私は魔女を竈(かまど)に押し込めた」と言いながら、5節では「私は竈からそれを見ていた」と言っているので、つじつまが合いません。グレーテルは何人いるんだという話になります。

つまり、今まで「兄様」と呼ばれていたのは、実はグレーテルだった訳ですね。若干、ややこしい( ;∀;)

あんなに可愛いのに、グレーテル(というかヘンゼル)は男の子だったんですよ・・・だから、胸がぺちゃんこだったんですよ・・・

なんというか、この子は正気に戻らなければ幸せでいられたのかもしれませんね。

「シノアリス:最悪のネタバレ解説」に戻る

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA